明治学院大学法学部法律学科 公式ブログ

明治学院大学法学部法律学科の最新情報を発信中!

春のオープンキャンパスが3月25日土曜日に行われます。
大学サイトに特設ページがオープンしました。
OPEN CAMPUS 2017(リンク)
46

法学部では学部説明会の他にイベントを2つ行います。

①「公務員のすすめ―法学部が公務員への近道なワケ―」

本学の公務員セミナーは、他大学や予備校を圧倒する高い合格実績を誇ります。本イベントでは、公務員セミナーについて、最小限の費用と時間で合格できるヒミツ、卒業生(公務員セミナー出身の公務員)と現役受講生(法学部生)の本音などが聞けます。 

②「新学科グローバル法学科(設置構想中)説明会・相談会」

2018年4月開設予定の法学部の新学科・グローバル法学科の教育目標、留学(必須)を中心に、ユニークな教育内容と方法などについてわかりやすく解説します。

法学部グローバル法学科(設置構想中)について初めて高校生に直接ご説明することになります。

皆様のお越しをお待ちしております。
 

この一週間は、合宿や調査で国内外に出張されている先生方が多いようです。

私も調査のため八重山諸島に出張してきました。
石垣島周辺はサンゴ礁で有名。しかし、石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖」では、大規模な白化現象が生じていて、97%のサンゴが白化し、半分以上が死滅しているとのこと。水温の高い状態が続いていることが原因といわれています。
IMG_0495 のコピー

今回は、竹富町が進めている「自然環境保護条例」の改正について情報を入手するのが目的。
竹富町役場は、竹富島ではなく、西表島でもなく、町外の石垣市に置かれています。
DSC05654

竹富町、とくに西表島には、たくさんの希少な野生動植物が生息しています。そこで、町では、希少動植物のリストを作成し、捕獲・採取の規制に乗り出すことになりました。また、外来生物についても野外への放出規制を行う方向です。その詳細については、法律科学研究所年報に書きたいと思っています。
IMG_0473

帰りのフライトでは、突然「蛯原先生ですか?」と話しかけてきたCAさんがいました。
昨年3月に法律学科を卒業(12JU生)し、ANAに入社されたとのこと。私の授業を履修していたそうです。
IMG_0499 のコピー

羽田発着の国内線では石垣便は最長距離の路線。機内で教え子に声をかけてもらえると、何だかとても嬉しいです。
DSC05676 のコピー

法学部の卒業生には、キャビンアテンダントなど航空業界で活躍している人がたくさんいます。昨年は、蛯原ゼミOGの渡辺CA(日本航空)に機内でお会いしました(ブログ記事「JAL機内で」)。
来年春に新設される「グローバル法学科」では、英語を中心とするコミュニケーション能力、異文化理解力、そして法的な解決能力を身につけた人材を育成していくことをめざしています。将来、エアラインスタッフをめざしている方には、ぜひおすすめしたい学科です。

(K・E)




本学の全学部日程,A日程の合格発表も先週までに終わり、首都圏の主要私立大学も週明けにかけて合格発表があるかと思います。明治学院大学は、センター利用ではない3月入試を行っています(他学部ではセンター利用型の入試を行っている学科もあります)。
1405160654

明治学院大学法学部の3月入試、B日程入試は2月21日火曜日まで出願受付中です(Web出願サイトリンク)。実施日は,3月2日木曜日。

大学入試センター試験の結果に関係なく,これから勝負できる入試です。
法学部のB日程入試は、法律学科・消費情報環境法学科の英語・論述重点テストと、政治学科の英語・講義理解力テストの2種類です。


この時期なると高校の先生方から、「法学部3学科、どこに出願するよう指導すればよいか」という率直なご質問をいただくことがあります。

基本は、受験生本人がどのようなことを学びたいか、学部パンフレットやWebサイトを見て判断するのがベストです。ただ、このことは分かった上で、受験生が合格するために判断材料を求めていると思うので、入試に関する3学科の違いを書いてみます。
1405161799

①第二志望制度の有無
 法律学科・消費情報環境法学科は全く同一の試験で、第二志望が可能です。第二志望制度とは、第一志望学科の基準点に達していなくとも第二志望学科の基準点に達していれば、第二志望学科合格になる仕組みです。一つの試験で、法律学科と消費情報環境法学科の合否判定を同時に受けられるので、どちらを第一志望にするかは、自分がより興味のある学科で判断すればよいです(つまり、第一志望にしてもその学科が受かりやすくなるわけではありません)。
 例えば、第一志望消費、第二志望法律で出願し、仮に本人の点数が70点、消費の基準点が73点、法律の基準点が68点だった場合、消費は不合格、法律は合格となり、この結果は第一志望を法律、第二志望を消費にしても変わらない、ということです。
 政治学科は別試験・別配点で審査し、第二志望制度はありません。

②論述重点テストと講義理解力テスト
法律・消費の論述重点テストは、120分間長文を読んで読解問題、論述問題をじっくり解く問題です。
政治の講義理解力テストは、60分講義を聴いて内容をメモし、そのメモを持って講義内容の理解を問う問題に60分で答える形式です。
どちらも現代文の解答力があれば十分対応可能です。

③英語の配点
3学科とも英語は同一問題ですが、審査の際の配点が異なります。
法律・消費情報環境法学科は、英語 150点 論述重点 200点
政治学科は、英語100点 講義理解力 200点
になります。
 政治学科は大学での実践的な能力である講義理解力を英語よりも重視しているのに対し、法律学科・消費情報環境法学科は、総合的なバランスを考慮しているといえるかもしれません。
1405161941
みなさんのご出願をお待ちしております。

              (M.A.) 

↑このページのトップヘ