明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

毎年、本学では港区の区民大学を開講しています。今年は、法学部の先生方が担当されます。
対象は港区在住・在勤・在学者。本学の学生・教職員は「在勤・在学者」ですので、申し込むことができます。就職活動が終わって、ちょっと時間に余裕ができた4年生のみなさんも是非! 詳細はキスポートのサイトをご覧下さい。

秋季区民大学
「暮らしの中の法律―対談:法律は私たちの生活を守ってくれるか?―」


10/7(火)18:30〜20:15
第1回「対談! 消費税―税率10%時代の軽減税率―」
 渡辺 充(明治学院大学法学部長)
 中里 実(東京大学教授、政府税制調査会会長)

10/10(金)18:45〜20:15
第2回「政治参加と公職選挙法―知らなかった、で済まされない選挙違反―」
 川上 和久(明治学院大学法学部教授)
 三浦 博史(一般社団法人日本選挙キャンペーン協会専務理事、アスク(株)社長)

10/14(火)18:45〜20:15
第3回「ワインと法律のおいしい関係―消費者のためのワイン法とは?―」
 蛯原 健介(明治学院大学法学部教授)
 村上 安生(サントリーワインインターナショナル(株)生産研究本部シニアスペシャリスト)

10/17(金)18:45〜20:15
第4回「高齢社会化と消費者法―深刻化する高齢者の消費者被害とその支援―」
 角田 真理子(明治学院大学法学部准教授)
 穴沢 大輔(明治学院大学法学部准教授)
 古屋 博子(内閣府犯罪被害者等施策推進室)

10/21(火)18:45〜20:15
第5回「電子マネーとビットコイン―お金はどう進化していくのか―」
 加賀山 茂(明治学院大学法学部教授)
 岩村 充(早稲田大学大学院商学研究科教授)

10/24(金)18:30〜20:15
第6回「事業承継の法律問題―会社法と税法の観点から―」
 来住野 究(明治学院大学法学部教授)
 西山 由美(明治学院大学経済学部教授)

※第1回と第6回は開講式および閉講式を行うため、15分繰り上げて開始いたします。

会場 明治学院大学 白金キャンパス
対象 港区在住・在勤・在学者
定員 50人(抽せん)
受講料 2500円(全6回分)

DSCN1340

春学期の定期試験が終わり、夏期休暇に入りました。
これから各ゼミの合宿が行われます。以下は法律学科の「ワイン法ゼミ」の合宿です。

今年の会場は、明治学院大学が提携している「ラフォーレ修善寺」。前日は消費情報環境法学科の菅野ゼミがここで合宿していたようです。

↓ 初日は「ゼミ論文」の中間報告会。全員が1人15〜20分程度でゼミ論文の構想を発表します。他のゼミ生から、容赦なく厳しい指摘が飛び交います。
IMGP0536 のコピー

↓ 全員の発表が終わると、お待ちかねのバーベキュー。夜になると随分涼しくなります。
IMGP0544 のコピー

↓ 2日目は、ワイナリー班とスポーツ班に分かれて行動。
ワイナリー班は、修善寺の「中伊豆ワイナリー」で研修を行いました。見事なブドウ畑です。
IMGP0604 のコピー

↓ 栽培責任者の佐々木さんのレクチャー。
学生たちはシャルドネ(白ワイン用品種)の栽培上の注意点を学びます。
IMGP0613 のコピー

↓ 次は醸造担当の方と一緒にボトリングの工程やワインセラーを見学し、ワインのテイスティング。フランスでも、ここまで立派な設備を導入しているところは多くありません。
DSCN1322 のコピー

(K・E)

横浜でのオープンキャンパスが終わり、大学は夏休みモードですね。
IMG_0508

オープンキャンパス初日、遠望橋から富士山方向を撮ってみました。
このちょっと前まで雲の間に稜線がきれいに見えていたのですが、チャンスを逃してしまいました。やろうと思ったら、まずすぐやってみることが大切ですね。

個人的には明日から副業モード。

よい夏休みを。      (M.A.)
              

↑このページのトップヘ