明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

7月に入り、春学期の試験が近づいてきました。
この時期、明治学院大学図書館は日曜日も開館中。日曜日は教員研究室のエアコンが止まってしまうので、日曜開館はとてもありがたいことです。

↓ 開館時間は12:30から18:00まで。
DSCF2228 のコピー

↓ 蔵書数は約120万冊。そのうち42万冊が洋書です。
DSCF2229 のコピー

↓ ワイン関係図書の充実ぶりは国内トップクラスでしょう。
DSCF2233 のコピー

(K・E)


西高からタクシーで15分ちょっと。約2000円の料金で甲府東高校につきました。この領収書をなくすとかなり痛いです。タクシーの運転手さんが市街地の説明をしながら運んでくれました。「この奥が善光寺です」?善光寺って長野じゃないの?→甲府善光寺

さて、甲府東高校につきました。甲府駅の東にあり、最寄り駅は中央線の酒折駅だそうです。山梨学院大学さんがそばにあるはずです。

IMG_0284

甲府東高校は昭和50年代に設立された比較的新しい学校です。甲府の公立高校はかつて総合選抜という入試方法をとっていて、市内の普通科高校は特定の高校を志願するのではなく、選抜区の高校全体で合否を判定し、各校に生徒を割り振る仕組みをとっていたそうです。今は、もうなくなり、全県が一学区になったそうですが、甲府市内の公立高校はいまでも各校に同じような学力の生徒が集まり、お互いに競争しているようです。


IMG_0285

 甲府東高校では数学の授業を2クラス分の生徒を3つの教室にわけ、二十数規模のクラスで学ぶそうです。誰が解けていて、誰がつまずいているのかがすぐわかるので、個別指導可能だとのことでした。東京神奈川の私立校では聞いたことあるシステムですが、公立校では珍しいのではないでしょうか。うらやましいシステムですね。
またどの学年も女子の比率が高いそうです。男女別定員があるわけではなく、自然にそうなっているとのことでした。
ご対応いただいた井川先生、いろいろと教えていただきありがとうございました。

面談終了後、玄関でタクシーを待っていたところ、先生と思われる女性から「せんせい、会場はこちらです、どうぞ!」と声をかけていただきました(笑顔で「大丈夫です」とお返事しました)。 ちょうど当日、中学教員向けの高校説明会があったようです。写真で門の向こうに人が写ってしまっていますが、車での来場者を交通整理、会場に誘導するため、かなりの数の教職員、生徒が対応していました。明るい声がこだましていて、まるで私立校の説明会のようでした。

去年、今年とお会いした甲府の高校の先生方は、皆さん教育熱心な方ばかりで、それぞれの高校がいろいろな工夫をされているのが印象的でした。今後ともよろしくお願いいたします。

訪問したすべての高校に、オープンキャンパスでの学生イベントのフライヤー5部、オープンキャンパスのポスター、法学部レシピをお届けしました。
甲府の高校生の皆さん、明治学院大学オープンキャンパスでおまちしています。
(終わり)


 

甲府盆地には信玄堤で有名な笛吹川以外にも河川がたくさん流れています。水はけのよい扇状地と適度な降水量が、ぶどうや桃などの果実生産を可能にしていると小学校で習ったのを思い出しました。

駿台甲府高校から南へ大きな一本道を進み「荒川」を渡った、河岸段丘の上に次の訪問校、甲府西高校があります。旧制の女学校を前身とする伝統校です。
IMG_0282
 IMG_0283
下の写真の建物は同窓会館のようで、到着したときに車で乗り付けた何人もの女性が中に消えていきました。何か会合でもあるのでしょうか。授業中だったので生徒さんは見かけませんでしたが、落ち着いた雰囲気の校内で先生の声だけが響いていました。

三井先生にご対応いただきました。身勝手なペースで話す当方に合わせていろいろと教えていただき、ありがとうございました。

次は、最後の訪問校、甲府東高校です。甲府市街地を東西に横断します。
(つづく) 

↑このページのトップヘ