5月19日土曜3,4,5限に、グローバル法学科「留学準備講座1」が行われました。正規の必修科目でこの科目の単位取得が2年次秋学期のカリキュラム留学の参加要件の一つになっています。

第一部は、法学部の卒業生で、JICAの青年海外協力隊としてモルジブの小中高校で2年間音楽指導のボランティアに従事した,石田一成さん(2012年消費情報環境法学科卒)にお話しをいただきました。
IMG_9685
現地でのお仕事の内容を写真と動画を使いながらご紹介いただくと共に、生活経験とそこから感じたこと考えたことをいくつかの理論枠組みも使ってご説明いただく、興味深い内容でした。異文化の中での仕事、生活する経験に基づく文化理解とコミュニケーションの現実などを伺うことができました。
IMG_9688
続いて質疑応答。多くの学生にとっては、ほとんど知らない国での想像していなかった活動だったようで、さまざまな観点からの沢山の質問がでました。

第二部は、留学先の一つAustralian Catholic UniversityからLouise Howie氏がいらっしゃり,オーストラリアとACUについてご説明いただきました。ゆっくり、明確な英語で、多くの学生は内容を理解できたようです。
IMG_9708
IMG_9716
質問したのは数人だけでした。英語圏では、質問しないのは,興味がないと理解する文化の国が多く、例え話が理解できて疑問点がなくとも,お礼として感想でもいいので話しましょう。次回も留学先大学からの説明が予定されています。

第3部は、「留学先で出会う人に伝えたい、わたしのこと・自国のこと」というテーマでグループ・ディスカッションとグループ代表の発表を行いました。
IMG_9765

IMG_9784

IMG_9755

IMG_9752
長年グローバル企業で上司も部下の外国人という環境でお仕事をされてきた高田先生(国際ビジネス法)から、ご経験に基づく面白いお話しと含蓄あるメッセージがありました。
IMG_9731
司会は、高橋先生でした。
IMG_9843
終了後、遠望橋から。昼間の暑さとは打って変わって,爽やかな風がとても心地よく、写真以上にきれいな夕景でした。

JG生のみなさん、2回目の留学準備講座、どうでしたか。
新しい週が始まります。今週も頑張りましょう。