5月は、春の学会シーズン。久しぶりにフランス・ブルゴーニュで学会発表をする機会に恵まれました。

European Association of Wine Economists(EUAWE:ヨーロッパワイン経済学会)の開催地となったBurgundy School of Businessディジョン校。同校では、英語でワインビジネスの教育が行われています。
IMG_0296

2015年のドイツでの発表と同じく、今回も経済学科主任の大村先生との共同発表。
スライドは大村先生と二人で作成し、プレゼンテーションは私が担当しました。
05-26 3

ちなみに、発表テーマは「Evolution of Japanese Wine Market and Wine Law」。
英語での学会発表ははじめての経験でした。
59

経済学の学会なので、法律系の発表は少ないのですが、興味深かったのは、イタリアの発表者によるEU競争法とワイン法の関係に関する発表。ワイン産業については、多くの例外が認められていることがよく理解できました。
IMG_3870

ワインビジネスの教育を行っているだけあって、校舎内には立派なワインセラーが完備されていました。
IMG_0267

ディジョン市によるレセプション
DSC07635

もちろん、ぶどう畑での研修もプログラムに含まれていました。
IMGP0147

グローバル法学科では、全教員が英語で授業を行う「Global Legal Studies」が開講されることになっています。今回の研究の成果は、学生のみなさんにも還元していきたいと思います。

(K・E)