明治学院大学法学部グローバル法学科開設を記念して、来る12月8日土曜日に世界的な環境法研究者として著名なダニエル・ファーバー教授(米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)をお招きし、「グローバルな法的課題としての気候変動」と題する講演会を開催いたします。
スクリーンショット 2018-11-20 16.32.32

全世界での人間・産業活動により排出される温室効果ガスの結果、地球上の様々な場所で異常気象現象が発生し、人類の生命や生活及び生態系にこれまでにない被害を及ぼしています。この気候変動問題は人類共通の課題であり、この度の講演は、法という社会のルールを通じて人類がこの課題にどのように取り組むべきかを、分かりやすい英語でお話しいただく予定です。

      記
明治学院大学法学部グローバル法学科開設記念講演会
テーマ:Climate Change as Global Legal Issue
    グローバルな法的課題としての気候変動
講演者:Professor Daniel A. Farber
              University of California, Berkeley, School of Law
              ダニエル・ファーバー教授
    (カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
日時:2018年12月8日土曜日 15:00〜16:30
場所:明治学院大学白金キャンパス 2号館 2301教室
   東京都港区白金台1−2−37
https://www.meijigakuin.ac.jp/access/
一般公開致します。英語での講演(通訳はありません)になります。

問合せ先:明治学院大学法学部グローバル法学科留学オフィス
     phone:045-863-2290

スクリーンショット 2018-11-20 16.33.49
なお、上記チラシの裏面は、グローバル法学科の紹介になっています。