昨日9日日曜日、上智大学で行われた環境法政策学会に行ってきました。
今回のシンポジウムのテーマは、「環境条約の国内実施」で、グローバル法学科の鶴田先生が企画趣旨説明やパネルディスカッションなど中心的な役割を果たされました(当日の写真はありません)。
img_message-jun-l
鶴田先生の母校でもある上智大学のキャンパス
NZUYwDz+Rb+Kvo9%3Kn0Wg
 個人的には10年以上前に訪れたきりで、当時は趣ある建造物が並ぶ落ちついた印象を受けましたが、現在では四ツ谷駅側はきれいな新しい高層ビルディングが建ち並び、とても現代的なキャンパスに生まれ変わっていてビックリしました。

当日は、信託法学会も行われていました。また、隣接するイグナチオ教会が献堂記念のミサを屋外で開いていたようで、すごい人出でした。