2日目のツアー終了後、午後4時からホテルで勉強会を開きました。

会議室が取れなかったので、男子部屋に集まり、4つの班がそれぞれ「グアムの歴史と文化」「太平洋戦争とグアム」「グアムの自治制度」「グアムの産業」というテーマについて報告し、議論しました。
11_IMG_1198

さて、勉強も終わりました。水曜日の夜は、チャモロ・ビレッジ(Chamorro Village)でナイト・マーケットが開催されるというので、全員で出かけて、突然のスコールも気にせずに南国の夜を楽しみました。
12_IMG_1223



3日目(9月12日)

この日は、それぞれ自由に現地調査(?)をすることにしました。

私は前述のドュエナス神父ゆかりの地を訪れたいと思い、南部のイナラハン(Inarajan)の聖ヨセフ教会(St. Joseph's Catholic Church)に車で向かいました。
13_IMG_1283

日本軍による拷問を受け斬首されたドュエナス神父の遺体は、聖ヨセフ教会の祭壇の下に安置されています。
14_IMG_1277

また、神父が処刑された場所には、現在、ドュエナス神父記念学校(Father Duenas Memorial School)が建てられています。
15_IMG_1302

その前庭では、自分の愛する人々を守るため命を捧げた神父が、ベンチに腰掛け、静かに天を見上げています。
16_IMG_1296

最後に、北部のジーゴ(Yigo)に移動して、南太平洋戦没者慰霊公苑(South Pacific Memorial Park)を訪れました。
17_IMG_1331

公苑横の階段を森の中へと降りていくと、司令部壕跡があります。そこの説明板には、ここで「司令官小畑英良中将は・・・60名の将兵とともに自決した」と記されていますが、自決ではなく米軍との戦闘による戦死とする異説(小西誠『グアム戦跡完全ガイド』)もあるようです。
18_IMG_1332


4日目(9月13日)

時間が経つのは早いもので、もう帰国日となりました。午前中は各自ショッピングをしたり、ビーチで日光浴をしたり。午後の遅い便で全員無事帰国しました。

19_IMG_1122

今回の海外研修旅行は、ゼミ長の正田君の献身的な努力で実現しました。ゼミ担当教員としては、ゼミ生全員がこの海外研修旅行から多くのことを学んだと信じています。