明治学院大学法学部は、2020年度、法律学科に法曹コースを開設予定です。
本日11月21日(木)午後、明治学院大学白金校舎において、明治学院大学法学部は、中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結しました。この協定に基づき、中央大学を通じて文部科学省に法曹コース設置の申請を行う予定です。
★DSC05054 (1)
★DSC05054 (9)
★DSC05054 (7)
【写真】前列左から中央大学法科大学院長の小林明彦先生、今尾真法学部長

後列左・中央大学法科大学院事務課中村知広課長、同右・黒田美亜紀法律学科主任


11月12日の早稲田大学法科大学院との協定に続き、明治学院大学法学部にとって2件目の法曹コース設置を目的とする協定となります。弁護士、裁判官、検察官など法曹を目指す学生にとっては、一貫した法曹教育の下で法学部入学から最短5年目に司法試験を受験できることになります。