20日からはじまった授業第1週が終わりました。

法学部の消費情報環境法学科がスタートしたのは2000年4月。
新入生のみなさんの大半が、まだ生まれる前の話ですね。
「消費者法」「企業活動法」「環境法」を中心に、PCを活用しながら学び、情報化時代にふさわしい判断力と情報活用能力を身に付けることを教育目標に掲げたユニークな学科です。

それからちょうど20年になり、すべての授業がオンラインで行われる日がやってきました。
今回のような状況に直面し、法学部に消費情報環境法学科があることをとても心強く思っています。

消費情報環境法学科の先生方のサポートに心から感謝します。

JC


今日、4月25日は、当初の予定では、グローバル法学科2年生の留学準備講座が行われることになっていました。
その講座は中止になりましたが、午前中のEU法1の授業は、予定通り行いました。欠席者ゼロで全員が出席。授業の最後には小部屋に分かれて、近況や他のオンライン授業の様子などを話してもらいました。元気そうな2年生の顔を見ることができて嬉しかったです。
222

金曜日の1年生の大講義は、履修者が確定していないので、はじめてYouTubeライブに挑戦しました(数時間のみの限定公開)。110人くらいの学生が視聴していたようです。
ライブ配信にはエンコーダーを使ったりするので、事前の準備が大変でしたが、よい勉強になりました。
来週のオンライン授業では、法学部の卒業生にゲスト参加してもらい、新入生向けの卒業生講演を行う予定です。
111

さて、1年前の4月25日はどうしていたのかな、と思って過去の写真を探したところ、ワイン法ゼミで学外研修をしていたようです。
333

天王洲アイルで開催されていた「ジョージアワイン展」にみんなで行ったのが昨年の4月25日でした。
444

555

海外では感染のピークをすぎて、徐々に平常にもどりつつあるところもあるようです。
この状況がいつまでもつづくわけではありません。オンラインでコミュニケーションをとりながら、みんなのために、しばらく我慢しましょう。