明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2016年05月

去る5月28日土曜日、白金キャンパス・パレットゾーン2階インナー広場で、法学部卒業生による公務員就職相談会が開催されました。
IMG_0907 のコピー
様々な職種の公務員として勤務されている法学部卒業生が20名以上来校され、各テーブルで現在のお仕事や公務員試験のことなど在学生にお話しいただきました。多数の学生さんが参加し、盛況でした。
IMG_0900 のコピー
IMG_0912 のコピー
IMG_0903 のコピー
IMG_0899 のコピー
写真は蛯原先生のご提供です。
 

今週は、春学期の折り返しです。当方の担当授業も次の月・火が15回中8回目の授業になります。
この2ヶ月、お勉強の方はどうでしたか。
IMG_4311
といいながら申し訳ないですが、30日月曜日2限の民法総則2(阿部)のみ、やむを得ない学内業務のため休講になります。 3,4限(2年次演習、民事法入門)は横浜に戻って予定通り授業をします。
正式には教務課サイトの休講掲示で確認してください。 
IMG_4300
明学には授業を大切にする雰囲気が合って、少なくとも法学部の専任教員はほとんど休講しないですね。大学業務を理由に休講するのは着任以来初めてです。20年に一回の大事ということでご理解いただければと思います。
IMG_4286
 学生時代、出身校では結構休講があって(当時は時間ができて正直嬉しかったですが)、中には掲示もなく教員が現れない「自然休講」もありました。この自然休講については、明確なルールがあって「授業開始時から30分経過して講義が始まらなければ休講」で、履修要項のわかりやすい場所に明記されていました。ある先生が原稿を書いていて授業があることをすっかり忘れていて、事務室に「今すぐ行くから学生を待たせておいて」とお願いしたそうですが、上記ルールを理由に事務員さんは断ったそうです。前任校にも同じ内容の自然休講のルールがあったのですが、着任時、明学にはそのようなルールはないと聞き、新鮮に感じたことを覚えています。自然休講にするような専任教員はいないから必要なかったのですね。

勉強に限らず、残りの半分が皆さんにとって充実したものとなることをお祈りいたします。

                        (M.A.) 

法律学科、消費情報環境法学科の1,2年生のみなさん、フレッシャーズ研修のSCとして新入生歓迎行事を盛り上げてみませんか。現在、来年度のスタッフを募集しています。
IMG_3717
IMG_0625
IMG_0806
IMG_3833IMG_3868
IMG_0872
IMG_4131
IMG_3737
IMG_3719
IMG_3777
当日の仕事は皆さんが新入生だったときに見ていたと思うのですが、目立つ仕事だけでなく見えないところでも学生のスタッフだけで行事を進行しています。
IMG_4229
法律劇の作成や討議に向けた議論、パーティーの構成・準備など事前の協同作業をする中でいろんな経験が出来るのだと思います。行事が終わり、新入生を見送った後の学生さん達の顔は表情に違いはあれ、みな幸せそうでした。達成感が最大の報酬だと思います(学部行事ですので、些少ですが当日のアルバイト代もでます)。

詳しくは横浜の授業で配られているチラシをご覧ください(当方見ていないのですが)。
今年はツイッター(リンク)でも来年度のSCを募集しています。ちなみに、募集活動をしているのもSCの学生です。

いろんなことをやっても大丈夫だし、一見回り道に見えることから多くのことが学べて成長できるのが学生時代の特権だと思います。ちょっとでも興味が湧いたなら、上記リンクのアカウントに連絡を取ってみてみてください。

                        (M.A.)






 

法学部パンフレット「法学部レシピ2017」がデジタルパンフレットになりました。
明治学院大学法学部レシピ・デジタルパンフレット(リンク)
19
 こんな感じで各ページを読むことができます。
IMG_1229

スマホでは、画面下の左から2番目のアイコンを押すと、上記のように片面1ページずつ表示することもできます。

ちなみに明治学院大学の「大学案内」もデジタルパンフレットで読むことができます。
今年度2017年度入試から一般入試(全学部・A・B日程)、センター利用入試もすべてWeb出願になり、紙の募集要項はなくなります。秋冬の書店の風物詩、大学入試要項コーナーももう数年するとなくなるかもしれませんね。

デジタルの時代ですね。最近は、キーボード入力よりスマホのフリック入力の方が楽で早いからスライドやレポートをスマホで書きたいという学生さんが増えてきたと教員の間で話題になりました。PC世代(大学に入った頃PCが普及し始め、卒論や修士論文をワードプロセッサ(すでに見ないですね)やPCで書き始めた世代)にとっては、スマホで検索用語やちょっとしたメールを書くのにも抵抗感とストレスを感じるのでビックリです。

やはり紙のほうがいい、という方は、同じく画面したの赤色の「資料請求」アイコンを押すとテレメールの資料請求のページに移動します。送料とも無料です。

                (M.A.)

 

以前、このブログでも紹介した蛯原ゼミ第5期のゼミ長、成田希さん(法律学科卒)がご主人と一緒に出版した本『横濱市民酒場グルリと―はま太郎の横濱下町散策バイブル』が人気を集めています。
本日の朝日新聞神奈川版でも大きく取りあげられました。

web版の記事(一部抜粋)はこちら


DSCN3030 のコピー

↓ たまたま先週、ご夫妻にお会いする機会がありました。教え子にサインをもらうのは嬉しいものです。
33_o

(K・E)

↑このページのトップヘ