明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2016年06月

白金法学会の会報表紙を募集しております!
IMG_4388
  
明治学院大学をテーマにしたアート作品を、写真に撮って応募してみませんか??

最優秀に選ばれた方には、賞金2万円を差し上げます!

※募集作品は、会報の表紙としてふさわしく、イラスト・写真・絵画、またはこれらをパソコンで加工したものも可能な平面作品で、未発表の作品に限ります。
審査は白金法学会の役員会により採用者を選出します。

★申込資格者★
本学法学部・大学院(法学、法務)の在学生、卒業生、教職員
(一人一作品に限ります。)

★締切★
9月9日(金曜日)午後18時

★提出先★白金法学会(ヘボン館8階消費情報環境法学科内)
hogakkai@law.meijigakuin.ac.jp
03-3473-2288

過去の作品はこちら

P1050006

ご応募お待ちしております!

(法学部サイトから転載) 

明治学院大学「入学案内」サイトの「One Day Campus」のページに、札幌、仙台、静岡、福岡の各会場に参加する学生が公開されました。
2048153151
法学部からは、写真の5人が参加します。札幌、仙台、福岡は1名、静岡は2名です。原則各会場各学部学生1名×6学部+1=7名になります。静岡は、+1が法学部生でした。

明学のOne Day Campusは、地元出身の学生が全6学部から参加し、各イベントで中心的な役割を果たす点が特色です。
DSCN0002

午前中の「学部説明」では、各学部毎に教員とセットでお話しします。
DSCN0007改

お昼のランチタイムは、立食形式で高校生と食事をしながらお話をします。
DSCN0117
午後のトークイベントで、受験勉強、一人暮らし、サークル活動などの学生生活について自分の経験をお話しします。
DSCN0556
個別相談の時間に高校生、保護者、高校の先生など来場者からのの質問に対応します。個別相談は、午前中の他学部説明中やランチタイムなどにも受けつけています。
DSCN9348
そして、来場者からは見えないところなのですが、会場の設営、資料の搬入、片付けなども学生さんのお仕事です。来場者の受付を担当する学生もいます。
DSCN9911

DSCN0311
同郷の明学生と一緒に仕事をして、知り合いになれるのもこのイベントのメリットだ思います。

高校生の皆さんのお越しをお待ちしています。
詳細は、追ってこのブログでも取り上げる予定です。 

租税法担当の渡辺充教授が6月29日に発売となる『租税法判例百選第6版』(別冊ジュリスト判例百選 228(有斐閣)に判例解説を執筆しました。
watanabe_2
法人税法における役員給与の損金算入をめぐる「58 事前確定届出給与」(東京地裁平成24109日判決)を担当しました(114頁)。

渡辺教授は、前法学部長で現在副学長です。

このブログでは、今後も普段授業を担当している教員が研究者としてどのような仕事をしているのか、把握出来たものから紹介していこうと思います。 
 
                (M.A.) 

今のところ梅雨の晴れ間ですが、火曜からまた雨の予想。現在春学期11週目。月火授業の場合あと4回授業で定期試験になります。
IMG_4481
 今週から1年生の民事法入門の知識確認問題が公開されます。クラスによって公開方法が異なるので各教員の指示に従ってください。当方の担当クラスはe-Learningで公開しています(授業中の紙媒体配布はありません)。
 IMG_4483
白金パレットゾーンの学食。
窓の外にある、アジサイを撮ってみたいのですが、この日は一歩外に出る時間がありませんでした。

今週金曜からいよいよ7月。学期末です。先週系列校説明会がありましたが、高校訪問やOne Day Campusなど入試関係の行事も本格化します。

学生の皆さんも暑い中の試験が待っています。風邪が流行っているようなので体調に気をつけて試験準備頑張ってください。

 

オープンキャンパス学生イベントのお知らせです。
8月6日土曜日、横浜キャンパスで行われる明治学院大学オープンキャンパスで、法学部生が高校生向けの参加型イベントを行います。
53
チラシが出来上がりました。
36
学生が作成したドラマを見たあと、法律問題を参加者に考えてもらう体験型イベントです。
法律学科、消費情報環境法学科の新入生歓迎行事「フレッシャーズ研修」のスタッフが皆さんのお越しを
お待ちしています。
34
47
1日5回、同じ内容です。因みに左の学生、「小学生」。右は「お母さん」…(法的)主役です。

去年のイベントの様子はこちらから。


 

↑このページのトップヘ