明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2016年09月

まもなく履修登録の締め切りです。みなさんが履修する授業は決まりましたでしょうか。

履修相談を兼ねて、ワイン法ゼミでは、半年ぶりのランチゼミを行いました。

春学期は品川でランチゼミをしましたが、秋学期は少し遠出して、ディズニーランド隣のイクスピアリに集合。もうハロウィン一色ですね。
IMG_2523 のコピー

みんなでレストランへ。平日なので人は疎らです。
IMG_2506 のコピー

今回もビュッフェ料理。とても美味しくいただきました。
IMG_2510 のコピー

ゼミ生同士でスマホを見ながら履修科目の決定。私が学生の頃は、紙に記入して提出・・・というアナログな時代でした(^^;;
IMG_2519 のコピー

くれぐれも単位不足で卒業不可にならないよう、多めに履修するよう心がけてください。

(K・E)




久しぶりの青空でした。
IMG_5085

月曜日は本日が第1週目。
昼休みに横浜キャンパスの空の様子を撮ってみました。
IMG_5081
IMG_5084
IMG_5088
晴れるとまだ暑いですね。

ブログの更新滞っていました。申しわけございません。
個人的な事情ですが、風邪をひいてしまったことと、普段愛用しているPCが起動しなくなったことが重なり、余裕があったはずの様々なペーパー・ワークが滞り、気力と時間がありませんでした。

まだまともに授業できない喉の状態ですが、PC環境も大体復旧しました。
また、元のペースで法学部の出来事、入試情報、キャンパス写真など上げていきたいと思います。
 

今年度明治学院大学法学部は創立50周年を迎えました。これを記念して講演会・シンポジウムを開催いたします。一般公開となっております。
みなさまのご来場をお待ちしております。

50%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

明治学院大学法学部設立50周年記念行事

2016115日(土) 白金校舎2号館32301教室

 Ⅰ 記念式典  13001310

 Ⅱ 50 周年記念基調講演   13101405

  一.「多様性の時代に向かって」          弁護士、元最高裁判所判事    須藤正彦

    (13:10~13:40)

  二.「フランス担保法改正とグローバル化」 パリ第2大学教授  ピエール クロック

    (13:45~14:05)

 記念シンポジウム  14:05~16:15

   テーマ「世界市民と世界正義」  司会/高橋文彦(明治学院大学法学部教授)

    パネリスト ○ 東澤靖(弁護士、明治学院大学法科大学院教授、国際人権法)

           「世界を断片化するもの、繋ごうとするもの」

          ○ 井上達夫(東京大学大学院法学政治学研究科教授、法哲学専攻)

           「正義なき世界と世界正義」

          ○ 寺田俊郎(上智大学文学部哲学科教授)

           「世界市民の領分-国民国家と世界国家の間-」

 

本日20日火曜日より秋学期が始まりました。
早速2限から授業。
東京は午後から台風の接近により時折激しい雨の降る天気でした。
IMG_5034
あまりに雨が激しくてキャンパスの撮影ができなかったので、写真だけは晴れにしておきましょう。
秋学期頑張りましょう。 

イタリア・トスカーナでの国際ワイン法学会の続編です。

フランスの参加者のプレゼンテーション。いよいよ憲法判例の話が出てきました。あまりにも厳しいアルコール広告規制と表現の自由の問題です。
DSC09491 のコピー

スペインの最高裁判例に関するプレゼンテーション。原産地呼称の保護よりも商標を優先させた判例を発表者は厳しく批判していました。
DSC09476 のコピー

会場のシエナ大学法学部の近くには、美しいドーモがあります。
観光で来ているわけではないので、内部には入りませんでした。
DSC09497 のコピー

学会3日目の夜には、教会の中庭で、地元のキャンティ・クラシコのテイスティングセミナーが行われました。フランス人参加者のみなさんと一緒にたくさんのワインを試飲しましたが、イタリアワインはなかなか奥が深いです。
DSC09511 のコピー

セミナーの後は、ディナーが延々と続きます。さすがに疲れてきたので、先に失礼しました。イタリアで観る中秋の名月も趣があります。
DSC09532 のコピー

学会4日目はワイナリーでの研修プログラムです。14世紀創業のアンティノーリ社を訪問。
DSC09611 のコピー

DSC09556 のコピー

さらに、サン・ジミニャーノでは、市長主催の歓迎会が開催され、地元の白ワインが学会参加者に振る舞われました。
IMG_2402 のコピー

かつてダンテが演説したポポロ宮殿の「ダンテの間」が歓迎会の会場です。
IMG_2411 のコピー

無事、学会の全日程が終了し、帰国するためフィレンツェに戻りました。晴れたり、突然雨が降ったりの変な天気でしたが、フィレンツェのシンボルである「ポンテ・ヴェッキオ」には虹がかかっていました。
DSC09814 のコピー

この1週間は、まったく日本語を喋る機会がなく、主にフランス語、ときどき英語、そしていい加減なイタリア語を使ってきました。1年に1度の学会ですが、毎回、多くの有益な情報を得ることができます。
今回の出張については、秋学期の授業でお話ししたいと思います。

(K・E)





↑このページのトップヘ