明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2018年02月

2月20日(火)、アレセイア湘南高等学校(神奈川県茅ケ崎市)の1年生約180人が、本学横浜キャンパスを訪問しました。国際系の学科に所属する教員の模擬授業の受講、グループ・ディスカッションへの参加、ディスカッションの成果のプレゼンテーション、図書館見学、学食でのランチなど、「一日大学生体験」を行いました。
IMG_0270

法学部からは来年度からグローバル法学科に所属する鶴田順准教授(上の写真一番左)が、「国際紛争の平和的解決について考える」と題して、アジアの海で起きているさまざまな問題とその法的評価、国際社会における国際法の意義と限界、国際社会における「法」と「力」の関係について授業を行いました。
IMG_0287
その後、「国際紛争にいかに対応すべきか、法の尊重?力には力を?」をテーマに、グループ・ディスカッションを行いました。本学国際学部の学生たちのサポートを得ながら、答えの無い抽象的な問題に熱心に取り組み、ディスカッションの結果をていねいにまとめ、大教室でのプレゼンテーションを行ってくれました。
IMG_0265
 天気がよく、富士山が見えました。
IMG_0290
横浜キャンパスも陽射しが暖かかったのではないでしょうか。

 

来る3月14日,明治学院大学法律科学研究所では、外国人招聘スタッフセミナーを開催します。

講師:ダニエル・ファーバー教授(カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
テーマ:トランプ政権下の気候変動対策
日時:2018年3月14日水 16:00〜18:00
場所:明治学院大学白金校舎 本館8階
   法律科学研究所会議室
14


ファーバー先生は,アメリカの環境法・憲法の主導的研究者です。
これまで明治学院大学で何度か講演をいただいています。今回は、気候変動対策の世界的枠組みであるパリ協定からの離脱を主張しているトランプ政権下での、アメリカの様々な次元での気候変動問題についてお話しいただきます。

世界トップレベルの研究者から直接学べる貴重な機会です。是非参加してください。
通訳がありますので、英語がちょっと、という学生さんでもOKです。明治学院大学の学生・教職員であれば、予約不要です。

4月に開設するグローバル法学科の入学予定者も参加できます。特別入試合格者には追って案内します。




 

現在,明治学院大学では、一般入試B日程,大学入試センター試験利用入試(後期)の出願受付中(Web出願)です。学部学科によって実施の有無・どちらの入試形態かが違います。詳しくは、大学の入試情報サイトのニュースをご参照下さい。
IMG_7593

法学部では、一般入試B日程(3月2日金曜日)を実施します。B日程の出願は1月20日火曜日までです。 

法学部のB日程入試は、2種類に分かれています。
・法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科
「英語」(70分:150点)+「論述重点」(120分:200点)
・政治学科 
「英語」(70分:100点)+「講義理解力」(講義60分理解テスト60分:200点) 
IMG_759kai
「英語」は、この日おこなわれる他学部他学科を含め同一問題です。形式は、一般入試全学部日程・A日程と全く同じで、長文理解、会話文、英文要約(字数指定)、英文エッセーの4問構成です。これまで明治学院大学の 英語の問題を見たことがない方は、入試情報サイトの過去問ダウンロードページ(リンク)から入手可能です(正答は公開していません)。いわゆる赤本や各種商業受験情報サイトで公開されている全学部日程・A日程の問題を利用するのも一考でしょう。

長文理解と会話文は内容が理解できれば、正答可能な素直な英文レベル・出題形式です。満点を目指しましょう。

英文要約と英文エッセーは、事前に練習し、どのような手順で解答するか検討して下さい。ぶっつけ本番では、実力がある人も力を出し切れない可能性があります。これまでこのような解答形式の経験がなく不安のある方は、高校の先生や塾予備校などの先生に添削いただける環境であれば利用することをお勧めします。
IMG_5691

「論述重点」も「講義理解力」も、記述式解答で、現代文の基本的な力があれば十分対応できる問題です。 
「論述重点」は、社会科学に関するまとまった長さの文章を読んで、文章の理解を訊く問題が中心です。基本長目の現代文のテストと考えてよいと思います。最後に論拠を示して自分の考えをまとめる問題が例年出題されています。
「講義理解力」は、 地歴公民に関連する60分間の講義をまず聴きます。講義中に渡された用紙にメモをとることができます(講義内容について構成や論点を落とさないようにメモをとることが次の理解力テストのために必須です)。その後、講義内容についての問題が配付され、メモを見ながら解答することになります(60分)。

大学での学びは、自分でまとまった長さの文章を読む,人の話を的確に理解することが中心になります。その基礎力をみたいという試験です。

「そんな試験やったことがないから…」と不安に思う方もいらっしゃると思います。しかし、冷静に考えてみれば、その点は、どの受験生も一緒です。明学のB日程に備えて半年以上前から備えている受験生など多分おらず、われわれも想定していません。

この時期に実施する入試だからこそ、知識の蓄積の結果を見る通常の大学一般入試とは異なる観点から、潜在能力のある人を迎えたいと思っています。
1405160654
最後に,2種類の入試の違いを簡単にまとめます。
1.第二志望制度の有無
 法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科のB日程入試は全く同じ問題で、第一志望とした学科以外の2学科いずれかを第二志望として出願できます。政治学科は他学科と併願できません。
 なお、第一志望学科の基準点に足りず、第二志望学科の基準点を超えていた場合は、第二志望学科の合格になります。原則、同じ2学科を選んだ場合,どちらを第一志望にするかで合否の結果に影響はありません。例えば、法律学科の合格基準点が60点で、消費情報環境法学科が65点であった場合、受験生Aさんの点数が63点であれば、法律学科のみの合格になります。受験生Bさんの点数が70点であれば、第一志望とした学科の合格になります。ですから、自分がより入りたい学科を第一志望として下さい。
 なお、グローバル法学科は「全員留学」のカリキュラムで、2年次秋学期に英語圏の協定大学に留学し,英語と法学を学ぶことが卒業のために必須となります。

2.英語の配点
 法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科の英語は150点満点ですが、政治学科では、150点満点の同じテストを100点に圧縮して審査します。
 政治学科は、講義理解力を重視しているのに対し、他の3学科は、英語も含めたバランスを考えているといえます。
IMG_2063
以上,ご参考になれば幸いです。
みなさんの出願をお待ちしております。
 

 

昨日2月7日で一般入試A日程が終了しました。
受験生のみなさん、ありがとうございました
IMG_2470
静まりかえった試験終了後のキャンパス
IMG_2471
チャペルの隅に融け残った雪が。
それでもかなり日が長くなってきました。

これからも受験が続く方もおおいとおもいます。
体調に気をつけて頑張って下さい。

本日8日9:00〜大学入試センター試験利用入試の合格発表があります。
出願時に利用したUCAROにログインして確認する形になります。





 

本日5日は、2月3日から7日までの明治学院大学一般入試A日程の中日で試験実施はおやすみ。

全学日程,3日、4日のA日程を受験されたみなさん、体調の方は大丈夫でしょうか。欠席者は少なかったものの、本調子ではないのかなと思える受験生を結構見かけました。
IMG_2457
入試当日朝の受付付近の様子。

首都圏の私立大学入試はこれから佳境に入るところですね。明日6日は政治学科、7日はグローバル法学科の入試日となります。

今のところ天気は安定している予報ですが、交通機関の情報を確かめて早めにお出かけ下さい。

さて、上の写真とほぼ変わらない位置からの写真ですが、季節以外に違っているところを見つけて下さい。
image
これは3年半前の写真です。画面右上の建物、礼拝堂(チャペル)の屋根の色が随分違っていることに気づかれたでしょうか。
銅葺きの屋根は、年数が経つと緑青(銅の錆)が発達して緑色を帯びてきます。現在の屋根は2006年から始まった耐震改修工事の際に葺き替えられたものです。まぶしい銅色から黒ずんできてやっと緑味が出てきました。改修以前は、画面左下のインブリー館の屋根のようにとても明るい薄緑色でした。
IMG_6435
毎年入学式は学部毎にこの礼拝堂(チャペル)でおこなわれます。
みなさん、頑張って下さい。

 

↑このページのトップヘ