明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2019年02月

こんにちは、バル法一期生の礒元メリッサ瑠奈です!

先日、アレセイア湘南高校の大学訪問で私を含むグローバル法学生3人が学生スタッフとして参加してきました!

開始前から不安と楽しみを持ちながらもいつもの調子で高校生を引っ張っていけたと思います。

[1]
thumbnail_IMG_4153 

普段も仲良しなバル法スタッフの桃花さんと射月くん


[2,3]

thumbnail_IMG_4163
thumbnail_IMG_4161
模擬授業では高校生に紛れて鶴田先生の授業に参加。学期中の授業と同じようにプリントに書き込みをしながら学びました!


[4]

thumbnail_IMG_4154
お昼の時間は、天気が良かったのでテラス席で鶴田先生と仲良くランチをしました!途中でアレセイア高校の先生もいらして、高校時代の話をしながら楽しい時間を過ごしました。



[5]

thumbnail_IMG_4162
模擬授業後は私たち学生がリードしながらグループディスカッションを進めました。授業内では温暖化に関する計算の宿題が出ていたので、文系の私たちは苦労しながらも高校生にわかりやすく説明をすることに必死でした(笑)


[6] 

thumbnail_IMG_4170
学生サポートを通して生徒から意見を引き出すことや、大人数をまとめながらキャンパスツアーをする難しさを実感しました。でもそれ以上に大学生活の魅力を伝えられたと思うので、とても良い経験になりました!

昨日222日白金キャンパスで、「早稲田大学大学院法務研究科と明治学院大学法学部との教育連携に関する協定」の調印式が行われました。

P2220378

今回の協定は、早稲田大学大学院法務研究科と明治学院大学法学部が、文部科学省中央教育審議会大学分科会法科大学院等特別委員会における議論を踏まえ、「法曹コース」が制度化されることを見据えた大学間の協議を開始することにより、教育連携を推進することを目的としたものです。


その内容の骨子は、

①明治学院大学は、早稲田大学大学院法務研究科と連携して法科大学院既修者コースの教育課程と一貫的に接続する体系的な教育課程(「法曹コース」)を編成し、法曹志望者や法律の学修に関心を有する学生に対して、学部段階からより効果的な教育を行う。

②早稲田大学大学院法務研究科は、質の高い法曹養成と地域法曹教育支援の理念に基づき、明治学院大学法学部の法曹コース修了予定の入学志願者を対象とする特別選抜を行い、当該選抜に合格した者を早稲田大学大学院法務研究科の既修者コースに入学させる。

点にあります。

DSC_0058

明学法学部生にとってのメリット 

これまで早稲田大学大学院法務研究科には、本学法学部から優秀で有為な人材を送り出しており、一定数の司法試験最終合格者を輩出してきました。今回の協定を経て、今後本協定を締結することにより、本学法学部の優秀な学生を確実に早稲田大学大学院法務研究科に入学させることができる仕組みが整うことになります。

この仕組みができれば、本学法学部生で法曹を志望する優秀な学生にとっては、有力な法科大学院での勉学が保障されることになり、より夢の実現に近づくことができます。

IMG_0218
あわせて、本学法律学科においても、学生の卒業後の進路について、明確に法曹養成を行うということをカリキュラムポリシーとし打ち出すことによって、法曹を志望する学生達のニーズにこれまで以上に対応します。


具体的には、

法律学科に、法曹(裁判官・検察官・弁護士等)をめざす人のための教育を行う「法曹コース」が2020年度の法律学科2年次生(この春に入学する1年生以降)から設置される予定です。法曹コースでは、他大学法科大学院と連携して一貫教育が行われ、コース在籍者は、学部での成績が重視される特別選抜枠で法科大学院を受験することが可能になります。協定先の法科大学院へは大学入試の指定校推薦類似の方法で進学できることが想定されています。
P2220380
法律学科に進学予定の新入生、弁護士や裁判官になってみたいと考えている高校生のみなさんにとっては進路の可能性を拡げるニュースです。今後の法律学科からの続報にご注目下さい。 

少し前になりますが、2月20日水曜日、アレセイア湘南高校1年生のみなさんが横浜キャンパスで大学の授業・キャンパスを体験する企画がありました。アレセイア湘南高校では英語教育や国際教育に力を入れているとのことで、国際・グローバル系の学科の教員・学生が中心に模擬授業やグループディスカッションのサポートをしました。
IMG_0755
まずは7号館の超大教室720に集合。渡辺副学長(法学部租税法)の挨拶。
IMG_0761
学科ごとの教室に移動。
IMG_0766
 グローバル法学科では、鶴田先生と一期生の3名(内1名はアレセイア湘南高校出身者)が参加。
IMG_0764
 鶴田先生から気候変動を中心にした環境法の問題をレクチャー。
 計算レク
午後のセッション 学生が、「今のペースで温室効果ガス濃度が上昇すると、いつごろ地球の平均気温が1.5度上昇に到達するか」を計算して、生徒さんに説明しているときの写真です。
メリッサさんチーム
石田君チーム
少人数のグループに分かれて、学生のサポートでグループディスカッションをおこないました。

参加したみなさん、いかがでしたか?

(写真は高橋先生及び鶴田先生撮影) 

今日は暖かかったです。陽射しも明るくなってきました。
oHrgw%3KQwCnPpaP93IC+w
記念館の煉瓦の色も春らしくなってきました。考えてみれば冬至から約2か月、太陽の南中高度、日出から日の入りまでの時間などは10月に相当するはず。明るいわけです。

2月入試が終わり、明後日20日にA日程後半の合格発表があります。
その前日、明日19日がB日程(3/2(土)実施)の出願締切になっています。Web出願です。
出願受付サイト(UCARO)リンク

調査書、写真などが必要書類があれば、23時までネットで出願登録、19日中にクレジットカードあるいはコンビニ決済、19日消印で必要書類郵送で出願できます。
 

現在、明治学院大学では、一般入試B日程、大学入試センター試験利用入試(後期)の出願受付中です。

法学部は、4つすべての学科で、一般入試B日程(3月2日土曜日)を実施します。
B日程の出願は2月19日火曜日までです。 

16.36

法学部のB日程入試は、学科により、2種類に分かれています。
①法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科
「英語」(150点)+「論述重点」(200点)
②政治学科 
「英語」(100点)+「講義理解力」(200点)

法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科のB日程入試は全く同じ問題で、第一志望とした学科以外の2学科のどちらかひとつを第二志望として出願できます。政治学科は他学科と併願できません。
詳しくは入学試験要項をご覧ください。

なお、グローバル法学科は「全員留学」のカリキュラムで、2年次秋学期に英語圏の協定大学に留学し、英語と法学を学ぶことが卒業のために必須となります。学納金とは別に、カリキュラム留学の費用として留学先大学での授業料、滞在費(学生寮・ホームステイ費用)を明治学院大学に収めていただくことになります。留学費用については、グローバル法学科FAQをご確認ください。

16.47




DSC07437改






 

 

↑このページのトップヘ