明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

2019年11月

本日11月29日特別入試(自己推薦AO入試、指定校推薦入試、系列校入試)の合格発表でした。
合格されたみなさんおめでとうございます。共に学ぶ仲間としてみなさんを歓迎します。

キャンパスの冬のライトアップ実施中です。今日は白金キャンパスをご紹介。
H4nDQOiiQgi4s4owM%umFA
032313CD-68B6-4EBD-BCA9-1C9E5D9B8677
jwGl5ya0QhKRhL5qSX8mXg
 正門前 桜田通り沿いのツリー 妖精がツリーの周りで踊っているイメージだそうです。
668C3C15-C7C7-43B2-AFAE-81B871D5F72F
インブリー館の屋内ツリー ライトアップ期間限定でカーテンが開いています。
IMG_3594
IMG_3595
パレットゾーン北側 こちらは季節限定ではありませんが、折々に趣があります。

来週から12月。東京・神奈川でも冷え込む日が多くなってきました。
暖かくしてお過ごし下さい。 


 

11月27日(水)夕刻、2019年度の合格者座談会が開催されました。公務員試験合格者が1406教室で17:30から、司法試験,法科大学院,法律系資格試験合格者が本館8階の法律科学研究所会議室で18:00からと二つの会場に分かれて行われました。

公務員試験の合格者座談会
公務員セミナーに参加して各種公務員試験に合格した7名が参加しました。100人定員の1406教室でほとんど空き席がないほどの学生が出席し盛況でした。
IMG_3604
法学部長の今尾先生からのご挨拶の後、法律学科主任の黒田先生の
IMG_3600
特別区,県庁、市役所などの行政職だけでなく、心理,社会福祉の専門職、警察官などの合格者がそれぞれの受験勉強や学生生活についてお話ししました。
IMG_3612

司法試験、法科大学院、司法書士・行政書士等資格試験合格者座談会
司会は、国家試験対策室委員長の大木先生で、司法試験2名、法科大学院、司法書士、行政書士、宅建士各1名の合格者が参加しました。
IMG_3615
IMG_3624
司法試験合格者の宮澤さん。法律学科を3年で卒業し,早稲田大学法科大学院修了後ファースト・トライで司法試験に合格しました。

各座談会修了後、本館10階会議室で合格者を囲む懇親会が開かれました。

 

本日11月27日水曜日、恒例のゼミ対抗法学部スポーツ大会が白金キャンパス・パレットゾーン地下3階(?)にあるアリーナで開かれました。今年の競技は、バレーボールでした。全24チーム(2つのゼミの連合チームも含む)がトーナメント戦で優勝を争いました。
IMG_3507
IMG_3534
準決勝から観戦しました。
IMG_3523
お揃いのシャツのチームも(リサイクル・マークのオマージュでしょうか)
IMG_3559
見たところ、6人制、サーブはローテーションするが、男子はアンダーサーブのみ、女子はいずれでも可かつコート内から打って良い、ポジションはローテーションしない、審判なしでネットタッチやオーバーネットなどの細かいことはノーカウント,制限時間制でラリーポイント方式で得点の多かった方の勝ちというルールのようでした。
IMG_3550
IMG_3538
IMG_3579
IMG_3583
優勝は、波多江ゼミでした。運営委員の学生から表彰状、トロフィー、賞品(図書券)が授与されました。

参加したみなさん、楽しかったでしょうか(そのように見えました)。
運営にあたったみなさん、ありがとうございました。



 

政治学科の池本大輔教授(政治学科主任教授)がNHK News Webの取材を受け、その内容に基づく記事が公開されました。

ikemoto3-854x1024
池本教授は、国際政治学、イギリス政治がご専門で、BREXITなどEUとイギリスの政治関係、イギリスの選挙などで最近注目の事象と研究対象の関連が深く、マスコミの取材を多数うけています。

是非ご一読下さい。

 

明治学院大学法学部は、2020年度、法律学科に法曹コースを開設予定です。
本日11月21日(木)午後、明治学院大学白金校舎において、明治学院大学法学部は、中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結しました。この協定に基づき、中央大学を通じて文部科学省に法曹コース設置の申請を行う予定です。
★DSC05054 (1)
★DSC05054 (9)
★DSC05054 (7)
【写真】前列左から中央大学法科大学院長の小林明彦先生、今尾真法学部長

後列左・中央大学法科大学院事務課中村知広課長、同右・黒田美亜紀法律学科主任


11月12日の早稲田大学法科大学院との協定に続き、明治学院大学法学部にとって2件目の法曹コース設置を目的とする協定となります。弁護士、裁判官、検察官など法曹を目指す学生にとっては、一貫した法曹教育の下で法学部入学から最短5年目に司法試験を受験できることになります。 

↑このページのトップヘ