明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

カテゴリ: 法律学科

本日、白金校舎のアートホールで、第35回目となる法学部主催の法律討論会が開催されました。
スクリーンショット 2019-10-23 17.59.49

今年のテーマは「SNS上の情報発信の現状とその問題点・解決策~ 若者のSNS利用をめぐって ~」
スクリーンショット 2019-10-23 17.59.01

各チームの発表の後、討論が行われました。
スクリーンショット 2019-10-23 17.58.44

今、法学部はゼミ合宿のシーズンです。
今年もワイン法ゼミでは、北海道で夏合宿を行いました。

↓ 1日目は、新千歳空港近くのサッポロビール庭園に現地集合。
ゼミ生たちは、集合時間前から園内でパーク・ゴルフをやっていたそうです。
P8203410

↓ まず工場内を見学
P8203420

↓ 見学と試飲の後で記念撮影
P8203445

↓ 札幌のホテルにチェックインし、晩御飯は羊肉のバーベキュー
P8203458

↓ 二次会は厚岸の牡蠣。その後、学生たちはパフェのお店へ。
P8203468

↓ 2日目は札幌から余市町に移動し、ニッカウヰスキーを視察。
P8213502

↓ コンビニで簡単に昼食を済ませ、小樽市内の北海道ワインの本社へ。
P8213554

↓ ラベルの解説を聴きながら、ワイン法の勉強です。
P8213579

↓ 北海道ワインの嶌村社長(ゼミ生の嶌村くんのお父さん)とのディスカッション
P8213584

↓ 父・息子で一緒にゼミ合宿の集合写真が撮れるのは今年だけ?
P8213588

↓ その後は、小樽散策。お茶したり、お土産を買ったり。
P8213600

↓ 晩御飯はもちろん小樽のお寿司屋さんで。
P8213610

↓ 3日目は朝からゼミ論文の中間報告会。エアコンがないので暑い、暑い。
IMG_4683

↓ 千歳鶴の酒ミュージアムで解散式。この後、ゼミ生たちは「白い恋人パーク」に向かいました。
IMG_4696

あっという間の3日間でした。
ご協力いただきました関係者のみなさまには心から感謝いたします。


オープンキャンパス情報です。
法律学科では、オープンキャンパスで2つのイベントを行います。

1.「法曹コース説明会」(8月3日・4日横浜キャンパス640教室、8月23日・24日白金キャンパス1402教室 各日11:00〜12:30)
2.法廷教室イベント「 法廷へGO!」(8月24日白金キャンパス 11:00〜14:00)

本日は、1.「法曹コース説明会」についてご案内します。
スクリーンショット 2019-07-26 21.34.47
明治学院大学法学部法律学科に来年2020年4月から設置される「法曹コース」。国の司法試験制度及び法科大学院制度の変更に対応するため、法律学科では、早稲田大学中央大学慶應義塾大学などの法科大学院と連携し、学部3年+法科大学院2年の法曹一貫教育をおこなう教育システムを準備しています。
スクリーンショット 2019-07-26 21.35.05
新制度と「法曹コース」について、弁護士や裁判官ってどんな仕事なのか、仕事に就くにはどのようなステップが必要なのか、といった基本的なことから担当教員が分かりやすく丁寧に説明いたします。ご質問にもお答えします。

皆様のお越しをお待ちしております。

なお、写真は法曹コースのリーフレットになります。こちらからご覧下さい。



 

 明治学院大学法学部は、国が導入を検討している制度を前提に、他大学法科大学院と連携して法曹を目指す学生に対する一貫教育を行うための「法曹コース」を2020年度に法律学科に開設する予定です。

 この度、本学法学部は、慶應義塾大学大学院法務研究科と、「法曹コース」制度化を見据え、大学間の協議を開始するとともに、両者の教育連携を推進することを目的とした協定を締結しました。今回の協定により、両校は、体系的な教育課程の編成や法曹志望者ガイダンス等の進路支援における連携・協力について協議を進めていくことになります。また、「法曹コース」が制度化して両校の間で法曹養成連携協定が締結されることとなった際には、本学法学部法律学科「法曹コース」修了予定者は、指定科目を履修して一定の成績を修めることにより、学部成績を重視した特別選抜枠で慶應義塾大学大学院法務研究科の入学者選抜を受験できるようになる見込みです。
 参加者写真0005

 2019年6月18日(火)午前11時より、明治学院大学白金キャンパスで行われた調印式には、北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長、今尾真 明治学院大学法学部長、黒田美亜紀 明治学院大学法学部法律学科主任(法曹コース設置委員会委員長)等が出席しました。

参加者写真0004
▲調印式の様子

 ■北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長からのコメント
 「このたび、明治学院大学法学部と慶應義塾大学大学院法務研究科が、学部と大学院を通じた法曹養成一貫教育の実現を目指して提携するための準備協定を締結できたことは、大変に有意義なことです。関係各位のご尽力に深謝致します。この新たな法曹養成一貫教育を開始・発展させることで、両学が日本の法曹養成に大きな役割を果たすべく邁進できることを切に願っています。」

 ■今尾真 明治学院大学法学部長からのコメント
 「わが国における法科大学院のトップスクールの1つである慶應義塾大学大学院法務研究科と、法曹養成に向けた教育連携協定を締結できたことは、法曹を志望する明治学院大学法学部生にとり、とても有益なことです。本学出身の学生が、法研究・法実務における最高水準の教授陣を擁する慶應義塾大学大学院法務研究科で教育・薫陶を受け、法曹界で活躍することを大いに期待しております。そのために、学部教育をよりいっそう充実させ、彼らの夢の実現を学部一丸となって支援してまいります。」

参加者写真0006
▲左から畑宏樹 明治学院大学法学部法律学科教授、北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長、今尾真 明治学院大学法学部長、黒田美亜紀 明治学院大学法学部法律学科主任

法学部ニュースより転載

なお、記事の冒頭にある 「国が導入しようと検討している制度」ですが、調停式の翌日6月19日に国会でこれに関連法の改正案が可決されました。

 

 明治学院大学法学部は、国が導入を検討している制度を前提に、他大学法科大学院と連携して法曹を目指す学生に対する一貫教育を行うための「法曹コース」を2020年度に法律学科に開設する予定です。

 この度、本学法学部は、中央大学大学院法務研究科と、「法曹コース」制度化を見据え、大学間の協議を開始するとともに、両者の教育連携を推進することを目的とした協定を締結しました。今回の協定により、両校は、体系的な教育課程の編成や法曹志望者ガイダンス等の進路支援における連携・協力について協議を進めていくことになります。また、「法曹コース」が制度化して両校の間で法曹養成連携協定が締結されることとなった際には、本学法学部法律学科「法曹コース」修了予定者は、指定科目を履修して一定の成績を修めることにより、学部成績を重視した特別選抜枠で中央大学大学院法務研究科の入学者選抜を受験できるようになる見込みです。

 2019年5月30日(木)午後5時より、明治学院大学白金キャンパスで行われた調印式には、小木曽綾中央大学大学院法務研究科長、小林明彦中央大学大学院法務研究科長補佐、今尾真明治学院大学法学部長、黒田美亜紀明治学院大学法学部法律学科主任(法曹コース設置委員会委員長)等が出席しました。

▲小木曽綾 中央大学大学院法務研究科長 ▲今尾真 明治学院大学法学部長 


■小木曽綾中央大学大学院法務研究科長からのコメント
「これまで多くの熱心な学生さんを送り出してくださった明治学院大学法学部と、将来の日本と世界を支えるインフラである法曹の養成について連携できることは、喜ばしいことです。『面倒見の良い』ことで知られる中央大学法科大学院は、引き続き、法学教育に邁進してまいります。」
■今尾真明治学院大学法学部長からのコメント
「数多くの有為な法曹を輩出してこられた、名門の中央大学大学院法務研究科と、法曹養成に向けた教育連携協定を締結できたことは、法曹を志望する明治学院大学法学部生にとり、とても有益です。学部教育をよりいっそう充実させ、彼らの夢の実現を学部一丸となって支援してまいります。」

↑このページのトップヘ