明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

カテゴリ: 法律学科

3月26日、明治学院大学法学部が協定を結んでいる6つの法科大学院(早稲田,慶應義塾、中央,明治、千葉、首都大学東京)から申請されていた法曹養成連携協定が文部科学省により認定を受けました。

これにより、本日4月1日より正式に法律学科に「法曹コース」が開設されました。
スクリーンショット 2020-04-02 0.27.20
法曹コースとは、法学部法律学科の3年+法科大学院2年→在学中司法試験合格+司法修習1年の大学入学から最短6年で弁護士、裁判官,検察官となる「法曹資格」を取得できる、新しい法曹養成制度に位置づけられるもので、協定を結んだ法科大学院との一貫教育をおこなう仕組みです。

2年次からの選択コース制で、法律学科生のみが対象となります。
興味のある高校生のみなさんは、法律学科の各入試(入試区分は問いません)の受験を検討ください。

詳しくは「法曹コース特設サイト」をご覧下さい。
明治学院大学法曹コース(リンク)

JL%IMZR%QNi+YzGlfMTvsQ



 

1月22日、明治学院大学法学部は、明治大学法科大学院、千葉大学法科大学院、及び首都大学東京法科大学院と法曹コース設置に関する教育連携協定を本学白金キャンパスで締結しました。

 
これは、全国初の法学部と法科大学院の教育連携協定であった、2019年11月12日の早稲田大学との協定、

11月21日の中央大学法科大学院との協定、  
に続くものです。

今回の協定で、明治学院大学法学部は、現在のところ5つの法科大学院と法曹コース設置に関する教育連携協定を結んだことになります。

調印式の写真が入手できました。

明治大学法科大学院との調印式 
★_DSC6480
★_DSC6481
☆_DSC6488
★_DSC6483

千葉大学法科大学院との調印式
◆_DSC6521

◆_DSC6509

◆_DSC6525

首都大学東京法科大学院との調停式
■_DSC6532
■_DSC6533

明治学院大学法学部は、法律学科に「法曹コース」を設置(予定)し、連携する法科大学院との法曹養成についての一貫教育を行うことになります。「法曹コース」は、法律学科生を対象とした2年次からの選択コース制ですが、法律学科の1年生から配当されている通常の法律科目を一定の成績で単位取得することも修了要件となる予定です。

詳しくは、下記特設サイトに情報を集めてあります。


 

2020年4月から現在の法律学科1年生を対象に、明治学院大学法学部では「法曹コース」を開設する予定です。
スクリーンショット 2019-07-26 21.34.47

今年2019年6月に法科大学院改革の関連法案が国会で可決され、新しい法曹養成の仕組みができることとなりました。その柱は、法学部3年+法科大学院2年で修了し、法科大学院2年次に司法試験に合格することにより、大学入学から最短6年(司法修習1年)で法曹(弁護士、裁判官,検察官)となる資格を取得可能な「法曹コース」 の新設です。
スクリーンショット 2019-07-26 21.35.05

現在,弁護士等になれる法曹資格を得るには、学部+法科大学院合計6年から7年を修了してから司法試験に合格し、さらに司法修習1年で最短約8年かかることと比べると約2年間短縮されます。
詳しくは、文部科学省がわかりやすいパンフレットを公開していますので、こちらを参照してください。
 

明治学院大学法学部では、法律学科に「法曹コース」の導入について、これまで卒業生が進学し司法試験に合格してきた、早稲田大学、中央大学、慶應義塾大学などの各法科大学院と協議を進めて来ました。



11月12日には,全国で最も早く法曹養成について連携協定を早稲田大学法科大学院と締結し、新聞でも報道されました。



翌週11月21日に中央大学法科大学院とも法曹養成についての連携協定を締結しました。


連携協定を結んだ法科大学院とは法曹養成の一貫教育を行います。この2大学及び慶應義塾大学を含む6つの法科大学院と連携協定を結ぶ予定です。

裁判官、弁護士、検察官になることを考えている受験生にとっては、法曹コースが用意されている学科に入学するのが早道になるかと思います。

明治学院大学では、法学部法律学科に法曹コースを設置(予定)します。法曹コースは2年生からの選択コース制です。1年生で法律を学んでみながらから考えることも可能です。

法学部には、消費情報環境法学科、グローバル法学科と法学系の学科があり、これらの学科でも体系的に法律学を学ぶことになりますが、上記の法曹コースを考えてみたい受験生は、「法律学科」を受験してください(入学時に特別の選考を行う入試はありません)。

今年度これから実施される法律学科の入試は以下の通りです。

・大学入試センター試験利用入試
 出願期間:2020年1月6日(月)から1月17日(金)(Web出願)
 本学独自の試験は行いません。大学入試センター試験を受験してください。

・一般入試全学部日程
 出願期間:2020年1月6日(月)から1月20日(月)(Web出願)
 試験日:2月1日(日)
 試験会場:本学(白金・横浜)、札幌、仙台、静岡、福岡

・一般入試A日程
 出願期間:2020年1月6日(月)から1月20日(月)(Web出願)
 試験日:2月3日(火)
 試験会場:本学(白金・横浜)

・一般入試B日程
 出願期間:2020年2月7日(金)から2月20日(木)(Web出願)
 試験日:3月2日(月)
 試験会場:本学(白金)

試験科目、募集定員などの詳細は、下記入試情報のページをご参照ください。


今年度入試及びWeb出願については特設サイト(期間限定)もご確認ください。






 

2019年12月14日(土)14:00から、指定校推薦入試、明治学院系列校入試、AO入試の合格者を対象とした、「特別入試合格者説明会」が開催されました。

今尾学部長よりご挨拶いただきました。

法律学科は3101教室で行われ、黒田学科主任から法律学科での学びの目的と内容、学習支援制度、進路と主な就職先などの説明がありました。

現役法律学科生からのお話しや合同ゼミの説明会もありました。

 

 

消費情報環境法学科は3102教室で行われ、太田学科主任から消費情報環境法学科の内容の説明がありました。

卒業生による講演と、酒井先生によるプレ講義が行われました。



 

ガイダンス終了後はグループに分かれてキャンパスツアーを行いました。

参加した皆さん、4月にまたここでお会いしましょう。

〜法学部ニュースから転載 

明治学院大学法学部は、2020年度、法律学科に法曹コースを開設予定です。
本日11月21日(木)午後、明治学院大学白金校舎において、明治学院大学法学部は、中央大学法科大学院と法曹養成連携協定を締結しました。この協定に基づき、中央大学を通じて文部科学省に法曹コース設置の申請を行う予定です。
★DSC05054 (1)
★DSC05054 (9)
★DSC05054 (7)
【写真】前列左から中央大学法科大学院長の小林明彦先生、今尾真法学部長

後列左・中央大学法科大学院事務課中村知広課長、同右・黒田美亜紀法律学科主任


11月12日の早稲田大学法科大学院との協定に続き、明治学院大学法学部にとって2件目の法曹コース設置を目的とする協定となります。弁護士、裁判官、検察官など法曹を目指す学生にとっては、一貫した法曹教育の下で法学部入学から最短5年目に司法試験を受験できることになります。 

↑このページのトップヘ