明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

カテゴリ: 法律学科

オープンキャンパス情報です。
法律学科では、オープンキャンパスで2つのイベントを行います。

1.「法曹コース説明会」(8月3日・4日横浜キャンパス640教室、8月23日・24日白金キャンパス1402教室 各日11:00〜12:30)
2.法廷教室イベント「 法廷へGO!」(8月24日白金キャンパス 11:00〜14:00)

本日は、1.「法曹コース説明会」についてご案内します。
スクリーンショット 2019-07-26 21.34.47
明治学院大学法学部法律学科に来年2020年4月から設置される「法曹コース」。国の司法試験制度及び法科大学院制度の変更に対応するため、法律学科では、早稲田大学中央大学慶應義塾大学などの法科大学院と連携し、学部3年+法科大学院2年の法曹一貫教育をおこなう教育システムを準備しています。
スクリーンショット 2019-07-26 21.35.05
新制度と「法曹コース」について、弁護士や裁判官ってどんな仕事なのか、仕事に就くにはどのようなステップが必要なのか、といった基本的なことから担当教員が分かりやすく丁寧に説明いたします。ご質問にもお答えします。

皆様のお越しをお待ちしております。

なお、写真は法曹コースのリーフレットになります。こちらからご覧下さい。



 

 明治学院大学法学部は、国が導入を検討している制度を前提に、他大学法科大学院と連携して法曹を目指す学生に対する一貫教育を行うための「法曹コース」を2020年度に法律学科に開設する予定です。

 この度、本学法学部は、慶應義塾大学大学院法務研究科と、「法曹コース」制度化を見据え、大学間の協議を開始するとともに、両者の教育連携を推進することを目的とした協定を締結しました。今回の協定により、両校は、体系的な教育課程の編成や法曹志望者ガイダンス等の進路支援における連携・協力について協議を進めていくことになります。また、「法曹コース」が制度化して両校の間で法曹養成連携協定が締結されることとなった際には、本学法学部法律学科「法曹コース」修了予定者は、指定科目を履修して一定の成績を修めることにより、学部成績を重視した特別選抜枠で慶應義塾大学大学院法務研究科の入学者選抜を受験できるようになる見込みです。
 参加者写真0005

 2019年6月18日(火)午前11時より、明治学院大学白金キャンパスで行われた調印式には、北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長、今尾真 明治学院大学法学部長、黒田美亜紀 明治学院大学法学部法律学科主任(法曹コース設置委員会委員長)等が出席しました。

参加者写真0004
▲調印式の様子

 ■北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長からのコメント
 「このたび、明治学院大学法学部と慶應義塾大学大学院法務研究科が、学部と大学院を通じた法曹養成一貫教育の実現を目指して提携するための準備協定を締結できたことは、大変に有意義なことです。関係各位のご尽力に深謝致します。この新たな法曹養成一貫教育を開始・発展させることで、両学が日本の法曹養成に大きな役割を果たすべく邁進できることを切に願っています。」

 ■今尾真 明治学院大学法学部長からのコメント
 「わが国における法科大学院のトップスクールの1つである慶應義塾大学大学院法務研究科と、法曹養成に向けた教育連携協定を締結できたことは、法曹を志望する明治学院大学法学部生にとり、とても有益なことです。本学出身の学生が、法研究・法実務における最高水準の教授陣を擁する慶應義塾大学大学院法務研究科で教育・薫陶を受け、法曹界で活躍することを大いに期待しております。そのために、学部教育をよりいっそう充実させ、彼らの夢の実現を学部一丸となって支援してまいります。」

参加者写真0006
▲左から畑宏樹 明治学院大学法学部法律学科教授、北居功 慶應義塾大学大学院法務研究科委員長、今尾真 明治学院大学法学部長、黒田美亜紀 明治学院大学法学部法律学科主任

法学部ニュースより転載

なお、記事の冒頭にある 「国が導入しようと検討している制度」ですが、調停式の翌日6月19日に国会でこれに関連法の改正案が可決されました。

 

 明治学院大学法学部は、国が導入を検討している制度を前提に、他大学法科大学院と連携して法曹を目指す学生に対する一貫教育を行うための「法曹コース」を2020年度に法律学科に開設する予定です。

 この度、本学法学部は、中央大学大学院法務研究科と、「法曹コース」制度化を見据え、大学間の協議を開始するとともに、両者の教育連携を推進することを目的とした協定を締結しました。今回の協定により、両校は、体系的な教育課程の編成や法曹志望者ガイダンス等の進路支援における連携・協力について協議を進めていくことになります。また、「法曹コース」が制度化して両校の間で法曹養成連携協定が締結されることとなった際には、本学法学部法律学科「法曹コース」修了予定者は、指定科目を履修して一定の成績を修めることにより、学部成績を重視した特別選抜枠で中央大学大学院法務研究科の入学者選抜を受験できるようになる見込みです。

 2019年5月30日(木)午後5時より、明治学院大学白金キャンパスで行われた調印式には、小木曽綾中央大学大学院法務研究科長、小林明彦中央大学大学院法務研究科長補佐、今尾真明治学院大学法学部長、黒田美亜紀明治学院大学法学部法律学科主任(法曹コース設置委員会委員長)等が出席しました。

▲小木曽綾 中央大学大学院法務研究科長 ▲今尾真 明治学院大学法学部長 


■小木曽綾中央大学大学院法務研究科長からのコメント
「これまで多くの熱心な学生さんを送り出してくださった明治学院大学法学部と、将来の日本と世界を支えるインフラである法曹の養成について連携できることは、喜ばしいことです。『面倒見の良い』ことで知られる中央大学法科大学院は、引き続き、法学教育に邁進してまいります。」
■今尾真明治学院大学法学部長からのコメント
「数多くの有為な法曹を輩出してこられた、名門の中央大学大学院法務研究科と、法曹養成に向けた教育連携協定を締結できたことは、法曹を志望する明治学院大学法学部生にとり、とても有益です。学部教育をよりいっそう充実させ、彼らの夢の実現を学部一丸となって支援してまいります。」

昨日222日白金キャンパスで、「早稲田大学大学院法務研究科と明治学院大学法学部との教育連携に関する協定」の調印式が行われました。

P2220378

今回の協定は、早稲田大学大学院法務研究科と明治学院大学法学部が、文部科学省中央教育審議会大学分科会法科大学院等特別委員会における議論を踏まえ、「法曹コース」が制度化されることを見据えた大学間の協議を開始することにより、教育連携を推進することを目的としたものです。


その内容の骨子は、

①明治学院大学は、早稲田大学大学院法務研究科と連携して法科大学院既修者コースの教育課程と一貫的に接続する体系的な教育課程(「法曹コース」)を編成し、法曹志望者や法律の学修に関心を有する学生に対して、学部段階からより効果的な教育を行う。

②早稲田大学大学院法務研究科は、質の高い法曹養成と地域法曹教育支援の理念に基づき、明治学院大学法学部の法曹コース修了予定の入学志願者を対象とする特別選抜を行い、当該選抜に合格した者を早稲田大学大学院法務研究科の既修者コースに入学させる。

点にあります。

DSC_0058

明学法学部生にとってのメリット 

これまで早稲田大学大学院法務研究科には、本学法学部から優秀で有為な人材を送り出しており、一定数の司法試験最終合格者を輩出してきました。今回の協定を経て、今後本協定を締結することにより、本学法学部の優秀な学生を確実に早稲田大学大学院法務研究科に入学させることができる仕組みが整うことになります。

この仕組みができれば、本学法学部生で法曹を志望する優秀な学生にとっては、有力な法科大学院での勉学が保障されることになり、より夢の実現に近づくことができます。

IMG_0218
あわせて、本学法律学科においても、学生の卒業後の進路について、明確に法曹養成を行うということをカリキュラムポリシーとし打ち出すことによって、法曹を志望する学生達のニーズにこれまで以上に対応します。


具体的には、

法律学科に、法曹(裁判官・検察官・弁護士等)をめざす人のための教育を行う「法曹コース」が2020年度の法律学科2年次生(この春に入学する1年生以降)から設置される予定です。法曹コースでは、他大学法科大学院と連携して一貫教育が行われ、コース在籍者は、学部での成績が重視される特別選抜枠で法科大学院を受験することが可能になります。協定先の法科大学院へは大学入試の指定校推薦類似の方法で進学できることが想定されています。
P2220380
法律学科に進学予定の新入生、弁護士や裁判官になってみたいと考えている高校生のみなさんにとっては進路の可能性を拡げるニュースです。今後の法律学科からの続報にご注目下さい。 

箱根駅伝予選会の結果,関東学生連合のメンバーに選出された法律学科4年鈴木陸さんが、本線出走者選考の基準の一つとされた1万メートル記録会で自己ベストを記録し、上位10名に入りました。このことにより、順調にいけば鈴木さんは来年1月2日・3日に行われる箱根駅伝のいずれかの区間に出走することが決まりました。本学初の箱根ランナーになります。
IMG_0387
今尾法学部長(左)、鈴木陸さん(中央)、黒田法律学科主任・陸上部長距離ブロック部長(右)

出場決定を受けて、鈴木さんが法律科学研究所を訪れ、学部長に報告をしました。
写真後ろのポスターは法科研のスタッフが作成したものです。

IMG_0394
その場に居合わせた教員,法科研スタッフも一緒に激励の言葉を。

さて、告知です!
大学としての壮行会があります。
明日12月6日(木)横浜キャンパス 620教室
12月10日(月)白金キャンパス パレットゾーン2階インナー広場さんさん
と、各キャンパスで行われます。

時間は,いずれも12:40〜13:10です。
応援団からのエール、応援歌などもあるそうです。

鈴木さんは、陸上部長距離部門の主将として昨年大学のインタビューを受けています。
明学を強くしたい!揺るがぬ信念でチームを引っ張る陸上競技部長距離部門主将(リンク)

同じ教室で授業を受けてきた法学部生が箱根を走ります。
応援しましょう。 



 

↑このページのトップヘ