明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

カテゴリ: お知らせ

2018年度の白金法学会論文賞の募集要項が発表されました。
 IMG_9883

白金法学会では、2005年度より、明治学院大学の法学部生、法学研究科院生、および法科大学院生の勉学・研究活動を奨励する目的から、「白金法学会論文賞」を設け、優秀な論文に対して賞金を授与することになりました。

白金法学会から最優秀賞には賞金3万円、優秀賞には賞金1万円が贈られ、表彰されます。奨励賞、参加賞もあります。

自分の実力試しに、学生生活の記念に、是非積極的に挑戦して下さい。

詳しくは下記白金法学会サイトの「白金法学会論文賞のページ」をご覧下さい。
 IMG_9895

今年の論文テーマ

次のテーマから一つを取り上げ、具体的な問題点を踏まえつつ、原因ならびに解決策等について論じて下さい。
<テーマ>
  ① 正社員と非正規社員の待遇格差について
  ② グローバル化が日本の法や政治に与える影響について
  ③ 憲法改正論議とその行方
  ④ フェイクニュースについてーメディア・リテラシーの観点から
  ⑤ 日本は北朝鮮に対してどのように向き合うべきか
  ⑥ 自分が最も関心ある法的または政治的な問題について(自由論題―1,2年生限定)※
  ※⑥に関しては、1,2年生のみ選択可能なテーマです。
   すなわち、1,2年生は①から⑤の中から選択をすることができますが、3年生以上については、①から⑤の中からテーマ選択をしてください。(3年生以上の方で、⑥を選択して出された論文については、審査の対象外となりますのでご注意ください。)

応募資格

2018年度現在、明治学院大学の法学部、大学院法学研究科のいずれかに在籍中の学生。

応募締切

2018年9月14日(金)16時必着

 

☆応募規約など詳細はこちらをご覧ください☆

法学部サイトニュースから転載 

IMG_9896
 明治学院大学法学部の同窓組織、白金法学会からの懸賞論文募集のお知らせです。
白金法学会では、この「白金法学会論文賞」のほか、6月5日の記事で紹介した「TOEICスコアアップ奨励金制度 」、優秀卒業論文賞などの各種学生支援事業を行っています。

法学部生であれば、誰でも応募できます。是非挑戦してみてください。 

梅雨に入りました。予報では晴れの日と雨の日が2,3日ごとに切り替わるようで気温差に気をつけた方が良さそうです。
IMG_9875
さて、明治学院大学法学部の同窓組織白金法学会から、「TOEICスコアアップ奨学金制度」の今年度の案内が発表されました。以下,白金法学会のサイトから引用します。
  ☆☆☆
近年、企業の採用時に英語力が重視されており、また、国内企業でも英語の公用化を実施している企業も増えています。このような今日の状況に鑑み、白金法学会では、法学部生のTOEICスコア向上を図っていただくことを目的として、成績に応じた奨励金制度を導入します。
皆さんが積極的にTOEICにチャレンジし、自己の英語力を高めてもらうことを期待していますので、そのための一つのきっかけとして、ぜひこの制度をご活用ください。

1.申請について
 申請締切:2019年3月15日(金)
 申 請 先:白金法学会事務局(ヘボン館8F消費情報環境法学科共同研究室内)
      (開室時間:月~金 10時10分~17時10分)
      TEL&FAX03-3473-2288 hogakkai@law.meijigakuin.ac.jp
 申請様式:下記申請書に必要事項を記入し、TOEICスコア証明書の写しを添付の上、
      上記事務所にご持参下さい
      申込書をダウンロードする →→ここをクリック

2.奨励金の支給率について
 ・奨励金は、以下のように、達成した得点に応じて給付されます。

650点

5千円

700点

1万円

750点

1万5千円

800点

2万円

850点以上

3万円

 ・過去に本奨励金を受給したことがある者は、前回申請の得点+50点以上で1万円を給付します。

3.応募にあたっての注意点
・本制度は法学部生を対象としています。
・奨学金の対象となるTOEICスコアは、TOEIC公開テストの対象年度内(2018年3月~2019年2月)のものに限ります(TOEIC IP テストは除きます)。
・奨励金の給付は対象年度内につき一回に限ります。
・その他、ご不明な点につきましては、白金法学会事務局までお問い合わせください。
  ☆☆☆

年1回の申請ですが、1年次に650点以上得点し、その後毎年50点以上点数をあげていけば毎年奨学金がもらえる仕組みです。頑張っただけもらえるのは励みになります。

グローバル法学科では、学期終了毎に3年次秋学期までTOEFL ITPを必修授業の効果測定として受け続けますが、就活等意識してTOEICの受験を考えている人も多いと思います。ぜひ、早いうちから準備して年内に1度は受験することをお勧めします。

みなさん、英語の勉強を頑張って、まずはTOEIC650点以上を目指しましょう。




 

今年も、5月26日(土曜)の白金法学会総会にあわせて、法学部卒業生による「公務員就職相談会」が開催されます。

時間は11時から12時まで。白金校舎パレットゾーンの2階が会場です。

今回も、公務員として活躍している多くの先輩方を相談会にお招きしています。
スクリーンショット 2018-05-13 20.43.01

過去の相談会の写真が法学部パンフレットに掲載されています。
スクリーンショット 2018-05-13 20.47.08

学部・学科にかかわらず、学生のみなさんの参加をお待ちしております。

法学部生のみなさん、お元気ですか。1月,2月中は、受験生向けの記事がほとんどでしたが、久しぶりの在学生向け情報提供です。
IMG_4857

秋学期定期試験の解説・講評が公開されています。明治学院大学法学部サイト(トップへリンク)
教員によって方法が異なり、
1.法学部サイトでの公開、
2.eラーニングでの公開
のいずれかです。

公開は専任教員だけとなっています(非常勤の先生が任意にあげている可能性もあります)。 チェックしてみてください。

公開期間は27日までとしていますが、eラーニングの方は、それより前の時期に新年度切り替えのメンテナンスが入って読めなくなる可能性が否定できません。早めのダウンロードをお勧めします。


 

来る3月14日,明治学院大学法律科学研究所では、外国人招聘スタッフセミナーを開催します。

講師:ダニエル・ファーバー教授(カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
テーマ:トランプ政権下の気候変動対策
日時:2018年3月14日水 16:00〜18:00
場所:明治学院大学白金校舎 本館8階
   法律科学研究所会議室
14


ファーバー先生は,アメリカの環境法・憲法の主導的研究者です。
これまで明治学院大学で何度か講演をいただいています。今回は、気候変動対策の世界的枠組みであるパリ協定からの離脱を主張しているトランプ政権下での、アメリカの様々な次元での気候変動問題についてお話しいただきます。

世界トップレベルの研究者から直接学べる貴重な機会です。是非参加してください。
通訳がありますので、英語がちょっと、という学生さんでもOKです。明治学院大学の学生・教職員であれば、予約不要です。

4月に開設するグローバル法学科の入学予定者も参加できます。特別入試合格者には追って案内します。




 

↑このページのトップヘ