明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

カテゴリ: ゼミ

2日目のツアー終了後、午後4時からホテルで勉強会を開きました。

会議室が取れなかったので、男子部屋に集まり、4つの班がそれぞれ「グアムの歴史と文化」「太平洋戦争とグアム」「グアムの自治制度」「グアムの産業」というテーマについて報告し、議論しました。
11_IMG_1198

さて、勉強も終わりました。水曜日の夜は、チャモロ・ビレッジ(Chamorro Village)でナイト・マーケットが開催されるというので、全員で出かけて、突然のスコールも気にせずに南国の夜を楽しみました。
12_IMG_1223



3日目(9月12日)

この日は、それぞれ自由に現地調査(?)をすることにしました。

私は前述のドュエナス神父ゆかりの地を訪れたいと思い、南部のイナラハン(Inarajan)の聖ヨセフ教会(St. Joseph's Catholic Church)に車で向かいました。
13_IMG_1283

日本軍による拷問を受け斬首されたドュエナス神父の遺体は、聖ヨセフ教会の祭壇の下に安置されています。
14_IMG_1277

また、神父が処刑された場所には、現在、ドュエナス神父記念学校(Father Duenas Memorial School)が建てられています。
15_IMG_1302

その前庭では、自分の愛する人々を守るため命を捧げた神父が、ベンチに腰掛け、静かに天を見上げています。
16_IMG_1296

最後に、北部のジーゴ(Yigo)に移動して、南太平洋戦没者慰霊公苑(South Pacific Memorial Park)を訪れました。
17_IMG_1331

公苑横の階段を森の中へと降りていくと、司令部壕跡があります。そこの説明板には、ここで「司令官小畑英良中将は・・・60名の将兵とともに自決した」と記されていますが、自決ではなく米軍との戦闘による戦死とする異説(小西誠『グアム戦跡完全ガイド』)もあるようです。
18_IMG_1332


4日目(9月13日)

時間が経つのは早いもので、もう帰国日となりました。午前中は各自ショッピングをしたり、ビーチで日光浴をしたり。午後の遅い便で全員無事帰国しました。

19_IMG_1122

今回の海外研修旅行は、ゼミ長の正田君の献身的な努力で実現しました。ゼミ担当教員としては、ゼミ生全員がこの海外研修旅行から多くのことを学んだと信じています。



高橋文彦ゼミは、台風一過の9月10日(火)から13日まで、アメリカ合衆国グアム島へ海外研修旅行にでかけました。

もちろん、これは単なる観光旅行ではなく、日本の占領下に「大宮島」と呼ばれたこの島に残る戦跡や博物館を訪れることによって、「われわれが忘れつつある記憶を取り戻し、過去と現在のあいだの回路を修復しようとする、小さな試み」(山口誠『グアムと日本人』)でもありました。

1日目(9月10日)

夕方、ホテル到着後に勉強会を予定していましたが、入国審査になんと2時間以上(!)かかってしまい、この日は断念。一緒に近くにコーヒーショップで夕食を取りました。
01_IMG_1024

宿泊先は、オンワード・ビーチ・リゾートという大きなホテル。
翌朝、そのプールサイドを歩いて驚きました。そこには旧日本海軍の短20センチ砲が2門あったからです。
02_IMG_1238

2日目(9月11日)

この日は、グアム観光の要所を巡る半日バスツアーに全員参加。

フィッシュアイ海中展望塔→太平洋戦争国立歴史記念館→ガーンポイント(太平洋戦争国立歴史公園)→スペイン古橋・マゼラン上陸記念碑(車窓から)→ソレダット砦→アサン展望台(ニミッツ・ヒル)というコースです。

太平洋戦争国立歴史記念館(T. Stell Newman Visitor Center)
日米の激戦地だったアサン海岸にある記念館。
03_IMG_1060

日本軍に対して不服従を貫き斬首されたドュエナス神父(Father Jesus Baza Duenas)や、神父や島民に助けられて潜伏を続けた米軍の通信兵トウィード(George Ray Tweed)に関する展示もありました。
04_IMG_1071

ガーンポイント(Ga'an Point)
やはり激戦地のひとつで、太平洋戦争国立歴史公園に指定されています。
05_IMG_1088

ここにも旧日本軍の短20センチ砲が海に向かって据え付けられていました。
06_IMG_1100

また、近くには96式25ミリ高角機銃が海に向かって設置されていました。
07_IMG_1095

ガイドさんの説明によれば、ここの日本軍守備隊(第38連隊第1大隊)には20代の若い兵隊が多く、全員が戦死したとのことです。

アサン展望台(Asan Overlook)
アサン湾を一望するニミッツ・ヒル(Nimiz Hill)にある展望台。
08_IMG_1142

この一帯も太平洋戦争国立歴史公園に指定されていて、建造物の壁にはめこまれた銅板には、戦時中に亡くなったアメリカ人と先住民チャモロ人、そして日本軍によって強制収容所に入れられたチャモロ人の名前が、びっしりと刻まれています。
09_IMG_1161

また、日本による占領前後のチャモロ人を描いたレリーフが3枚あり、1枚目が日本軍による「攻撃(attack)」、2枚目が日本軍による「占領(occupation)」、3枚目がアメリカ軍による「解放(liberation)」と題されています。

10_IMG_1165

(つづく)

今、法学部はゼミ合宿のシーズンです。
今年もワイン法ゼミでは、北海道で夏合宿を行いました。

↓ 1日目は、新千歳空港近くのサッポロビール庭園に現地集合。
ゼミ生たちは、集合時間前から園内でパーク・ゴルフをやっていたそうです。
P8203410

↓ まず工場内を見学
P8203420

↓ 見学と試飲の後で記念撮影
P8203445

↓ 札幌のホテルにチェックインし、晩御飯は羊肉のバーベキュー
P8203458

↓ 二次会は厚岸の牡蠣。その後、学生たちはパフェのお店へ。
P8203468

↓ 2日目は札幌から余市町に移動し、ニッカウヰスキーを視察。
P8213502

↓ コンビニで簡単に昼食を済ませ、小樽市内の北海道ワインの本社へ。
P8213554

↓ ラベルの解説を聴きながら、ワイン法の勉強です。
P8213579

↓ 北海道ワインの嶌村社長(ゼミ生の嶌村くんのお父さん)とのディスカッション
P8213584

↓ 父・息子で一緒にゼミ合宿の集合写真が撮れるのは今年だけ?
P8213588

↓ その後は、小樽散策。お茶したり、お土産を買ったり。
P8213600

↓ 晩御飯はもちろん小樽のお寿司屋さんで。
P8213610

↓ 3日目は朝からゼミ論文の中間報告会。エアコンがないので暑い、暑い。
IMG_4683

↓ 千歳鶴の酒ミュージアムで解散式。この後、ゼミ生たちは「白い恋人パーク」に向かいました。
IMG_4696

あっという間の3日間でした。
ご協力いただきました関係者のみなさまには心から感謝いたします。


先日、大阪で開催されたG20では日本ワインが各国首脳にふるまわれました。また、フランスのマクロン大統領は、マンズワインの小諸ワイナリーで造られたワインが気に入り、おかわりをしたのだそうです(朝日新聞)。ちなみに、明治学院大学の「MGワイン」もマンズワインの小諸ワイナリー(赤・白)と勝沼ワイナリー(スパークリング)で造られています。

さて、ワイン法ゼミでは、昨年に引き続き、今年も山梨のワイナリーを訪問し、研修を行いました。

↓ 午前中は、甲府のサドヤワイナリーを訪問。大正6年創業の老舗です。
スクリーンショット 2019-07-01 19.19.06

↓ サドヤワイナリーの地下セラー
スクリーンショット 2019-07-01 19.19.32

↓ 見学後は、こちらでテイスティング
スクリーンショット 2019-07-01 19.36.53

↓ ランチは、甲府駅のサイゼリア。この1500ミリリットルのイタリアワインが1080円で飲めてしまえるのですから、コスパは最強です。
スクリーンショット 2019-07-01 19.20.07

↓ 午後の研修は、マンズワインの勝沼ワイナリーで。同社顧問の松本さんによる、とてもハイレベルなセミナーです。
スクリーンショット 2019-07-01 19.21.22

↓ テイスティングしたワインの中には、トップブランド「ソラリス」シリーズも。
スクリーンショット 2019-07-01 19.21.41

松本さんは、私が所属する「日本ブドウ・ワイン学会」の元会長。ワイン醸造についても詳しく説明していただきました。
スクリーンショット 2019-07-01 19.32.31

この場を借りて、ご協力いただいた各ワイナリーの皆様には心より御礼申し上げます。
スクリーンショット 2019-07-01 19.58.37


恒例の明治学院大学法学部スポーツ大会が、11月21日白金校舎パレットゾーン地下アリーナで開かれました。
今年はバレーボールでした。
PB210147
PB210163
PB210196
PB210178
PB210160
PB210207
PB210237
優勝は伊室ゼミでした。
PB210156
先生の写真入りTシャツを作って気合いを入れた成果でしょうか。

参加されたみなさん,楽しみましたか。
運営に当たったみなさん,ありがとうございました。
 

↑このページのトップヘ