明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:アデレード大学

アデレード大学ロースクールのニュース及びツイッターで、グローバル法学科の2年生10名の模擬裁判、法律事務所訪問,裁判所訪問の様子が取り上げられました。

宇宙法についての模擬裁判
 
法律事務所訪問

ニュースへのリンク:JAPANESE LAW STUDENTS VISIT MINTERELLISON LEGAL AND CONSULTING

 
裁判所訪問
 ニュースへのリンク:A DAY AT THE SOUTH AUSTRALIAN COURTS FOR OUR JAPANESE LAW STUDENTS

法律図書館での講義
 ニュースへのリンク:LAW LIBRARY LECTURE AND TOUR FOR VISITING JAPANESE LAW STUDENTS
 
アデレード大学に留学しているグローバル法学科の学生は9月下旬から主に英語の授業を受けてきましたが、 並行して法律英語のクラスが始まり、最後の3週間ロースクールで学んできました。
留学ブログでもその様子を学生が伝えています。

 

本日、大学とロースクールが彼らのためのFarewell Partyを開いてくれたようです。
アデレード組は今週末に帰国します。 

グローバル法学科2年の学生たち10名が留学しているアデレード大学の英語学習センターとロー・スクールを訪問してきました。
全員、とても元気でイキイキしていました。アデレードでの勉強と生活を満喫しているようです。英語学習センターの先生方とスタッフのみなさんには、学生たちの学習意欲・態度・成果を高く評価していただきました。「彼らのためにベストをつくす」とおっしゃっていただきました。​
①英語学習センターでの集合写真

再来週からはロー・スクールでの授業が始まります。いま英語学習センターで受講している授業「法学学習のための英語」は、ロー・スクールでの勉強内容をふまえた内容になっています。​
②授業風景

ロー・スクールでの授業のご担当の先生(公法・比較憲法がご専門の Conelia Koch 先生)は、授業で勉強したことをさっそく使ってみる、そのことで何をどのように勉強すべきかをつかんで欲しい、というねらいで授業内容を組んでくれています。国際法のセッションでは、模擬裁判(Moot Court, 架空の事案を与えられて原告・被告の立場にたって弁論する)でロー・スクールの現役学生チームとの対戦も予定しているとのことです。専門的な内容の問題で、しかも英語での弁論の準備はとても大変だと思いますが、Koch 先生や有志のロースクールの学生たち(20名)のサポートもありますので、元気に乗り切って欲しいです。応援しています!​
③アデレード大学ロー・スクール?????

グローバル法学科 国際法担当  鶴田 順

12月7日土曜日、本年度最後の留学準備講座が横浜キャンパス523教室で行われました。
今回は、IELTSについての説明会、海外リスクについての専門家の講演、留学協定校の一つカナダカルガリー大学のプレゼンテーションとレクチャー3本の構成でした。
スクリーンショット 2019-12-10 7.58.33
冒頭、ACUに留学中の学生からのメッセージ動画を流しました。

IMG_3648
1年生が3月に受験するIELTSについて、IELTSの日本での実施団体である英検協会から講師をお招きし、受験する意義、受験の登録手続、目標、試験で何が見られるのか、そのための対策・英語学習ツールなどについてお話しいただきました。
IMG_3650
「渡航リスクの予防と対策」というタイトルで、実践的な内容のお話しを伺いました。知識(情報収集)や意識でリスクに備える方法を事例と問題を使いながら勉強しました。いろいろと質問がでて、海外経験とリスク対策の知識が豊富な講師が分かりやすく具体的に答えて下さり、大変楽しく学ぶことができました。
スクリーンショット 2019-12-10 8.01.49
休憩時間に学生が作成したアデレード大学の紹介動画も流しました。
IMG_3659
カナダのカルガリー大学から、English Language Programの所長であるYassin Boga氏から、カナダ、カルガリーとその周辺の自然と環境、カルガリー大学、その施設などの紹介、グローバル法学科生が現在受けているプログラムの内容、ホームスティの説明をいただきました。プレゼンテーションのあと、質疑応答が行われ、終了後も個別に相談に応じて下さりました。

昨日から1年生対象の留学先アンケートを始めました。1月の留学希望先提出前最後のアンケートで第3希望まで書く形式のものです。1年生のみなさんは、期日までに回答してください。
 

いよいよ11月になりました。
特別入試を皮切りに、入学試験シーズンを迎えます。

ところで、リクルートのムック本『スタディサプリ 大学の約束 2019-2020』にグローバル法学科の教員と学生のインタビューが掲載されました。

↓ グローバル法学科で国際人権法・国際人道法などを担当する東澤先生
スクリーンショット 2019-11-02 22.25.22

↓ 現在、イギリス・リバプール大学に留学中のTさんのインタビュー
スクリーンショット 2019-11-02 22.25.52

↓ 現在、オーストラリア・アデレード大学に留学中のEさんのインタビュー
スクリーンショット 2019-11-02 22.26.12

↓ 掲載記事はこちらのページで読むことができます。
スクリーンショット 2019-11-02 22.24.20


東澤靖教授(国際人権法)の論稿がオーストラリア、南オーストラリア州弁護士会の雑誌Bulltenに掲載されました。南オーストラリア州の州都はアデレード。法学部グローバル法学科の2年生が10名が現在留学中のアデレード大学がある都市です。
スクリーンショット 2019-10-20 21.38.41
東澤先生は、LAWASIAの人権部門の責任者の一人で、今回の記事は、弁護士活動を行ったことを理由に、国家に拘束,刑罰を受けたり、国家やその他の団体から弾圧や迫害、命の危険にさらされている世界の弁護士の状況を報告し、国際的な保護の必要性を訴え、その戦略を検討されています。

記事のトップの上記の写真は、イランで国教への反対運動家や、戒律に反して髪を頭巾でおおわなかった女性の刑事弁護を担当した弁護士で、刑事弁護をしたことから、懲役38年とむち打ち刑の判決を受けたそうです。

記事は、南オーストラリア州の弁護士にこのような状況を知ってもらうために書かれたものですが、留学中の学生にとっては、自分の学部の(しかも教わったあるいはよく知っている)教員がアデレードの弁護士が読む雑誌に名前と記事が載ったことは名誉なだけでなく,一つのチャンスとも言えます。


このブログでは、PDFファイルを掲載できないので、記事全文は法学部ニュースに上げておきます。

こちらのニュースの最下段に記事へのリンクを張りました。是非ご一読ください。


 

↑このページのトップヘ