明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:カナダ

カナダ・カルガリー大学に出張した話をこのブログでご紹介しました(カルガリー大学に行ってきました1同2)。今日は、カルガリーから成田に帰って来るまでのお話しです。
byP4UHcIQ62dQO2WW3BKtg
何それ、と思う方も多いと思いますが、現在カナダ留学中の11人は来年2月に私と同じ便・経由で帰国するため、その道案内(誤導になるかもかもしれませんが)を兼ねて載せます。 ↑カルガリー国際空港出発階の入口です。カルガリー大学内のホテルから7:30に出発し、タクシーで30分程度で着きました。朝の出勤時の渋滞にもちょっと影響を受けました。2月は雪の影響もあると思うの早めの行動をお勧めします。
0iQ0aTSDT7i8uwcht+wXEA
この10番ドアをくぐったところが、エアカナダの国内線カウンターです。
bUmOmh+sS9itpInwxSAfHA
みなさんの 成田出発時と同じようにパスポートを使った電子チェックインです。日本語表示も可能なので迷うことはないと思います。機械から出てくる搭乗券2枚(バンクーバーまでの国内便とバンクーバー・成田間のチケット)と預け入れ荷物のタグが出てきます。タグを荷物に付けて写真後方にある、係員のいるカウンター預けます。同じエアカナダで荷物は成田までそのまま運ばれます(バンクーバーでのピックアップは不要です)。
%3a86LUVSZ2frDLi9U2jlw
保安検査に向かいます。今回は、C56ゲートからの出発で先ほどのカウンターの向こうに見えている廊下を進み、左手に保安所の入口がありました。
BSRA31xcSnarBhMmA%PqFg
この写真は保安検査の入口をくぐって列に並んでいるところから入口付近を撮影したものです。行き帰りでカルガリーの保安所が一番厳重で、全員靴まで脱ぐように言われていました。
fd8El8cxRuKfa2umKVKWcg
保安所を抜けるとゲートへの通路に出ます。
RdeB0+cBRmm3ovd2lkFwNQ
ゲートの通路にはカフェや売店が沢山あります。国内線なのでここには免税店はありません。帰りに免税品が欲しければ、バンクーバー空港の国際線ゲート内でになります。写真は、カルガリー組で推す人が多かったTim Hortonというカナダ最大のドーナツを売りにするカフェ。カナダではマクドナルドよりも多い店舗を持つそうで、カルガリー大学の学生会館の中だけでも3店舗並んでいて、いずれもいつみても長蛇の列ができていました。ここではそれほどでもなかったので買ってみました
IMG_5565
ドーナツ1個が写真のようにシンプルなもので0.99カナダドル(80円くらい)で、コーヒーがこのサイズ(MかLかLLなのか忘れてしまいました)3ドルしない(200円台半ば)でした。普段はブラックしか飲まないのですが、どうもミルクと砂糖を2倍盛入れる「ダボ・ダボ(double/double)」というのがお勧めらしくそうしてみました。ドーナツは、日本では食べられない北米の味でお勧めです。コーヒーもおいしい。
0hFov%f2QDOW9NW8FRhc2A
当日私が乗るバンクーバー行きはCゲートの一番遠いところからの出発でした。それなりに時間がかかるので先ずはゲートまで行ってみることをお勧めします。出発の40分くらい前からの案内で機内は満席でした(2席左右2列の小さい飛行機)。10:20予定通りゲートを離れました。
NU3xjLCdTOmO1da7u4Nj2A
1時間半程度のフライトでバンクーバー国際空港到着 カルガリーとは1時間時差があります。
ここは国内線の出発到着共有のゲートで、飛行機から降りたら目の前に次に乗り込む人達が沢山待っていました(ちょっと電車やバス感覚)。食べ物屋さんやお土産屋さんが沢山ありますが、写真の奥に進んで下さい。
P81luK4hQS+CtBA3TLE73Q
ネイティブ・カナディアンをイメージさせるオーナメントや瀧などをみながらすすんでエスカレーターか階段で一階分のぼります。
YfBIfzmRTnqVEUb2IIaKIg
国際線の矢印に従ってすすんでいくとこんな感じのところに出ます。エスカレータには乗らずその先を左に曲がります。
wbrMunWgQPuLgjlLKfbExw
バンクーバー空港は大変大きな空港です。アメリカ便と国際便は別のゲートになりますが、途中まで同じ方向に進みます。この写真の奥右手に見えている明るいところに各社カウンターが沢山並んでいてそこをずっと進みます。
XVForR6cRrq2Qjw69TgmpQ
こんな感じです。ゲートは随分先のようです。折角初めてのバンクーバーなので一度外に出てみました。
pN4o2gPXTRq6qYZ0N9rhng
とてもきれいで現代的な構造物です。
18b5mYVtRHG%fkAUj7oF7A
空港と市内を結ぶ鉄道の駅のようです。カルガリーとは打って変わって晴天で温かく日本並みに湿り気があって、乾燥でやられた鼻が幾分回復した気がしました。
屋内に戻りました。
agxA1rQ8QZqS1LvzCVbupA
ここが若干わかりにくいです。看板をみるとアメリカのゲートは右と案内がありますが、国際線Internationalへの案内がなくなりました。どうも、国際線の建物に入ったのでここからは個別ゲートの入口案内に替わっていたようです(なぜアメリカだけ特別扱い表示なのか二国間条約があるとしてもなんとなく解せないし、地球のマークも入っていて誤導的。ここを右手に行くとアメリカ便用の各航空会社カウンターを左手にみながら建物の一番奥付近にあるアメリカ行きゲートに着いてしまいます。なぜか詳しい)。成田行きAC003便はDゲートで、まっすぐの案内で,左手に並んでいる店が切れたところを左折するとDゲートの保安所がありました。

保安所はカルガリーと違い大変混んでいました。お店などに寄り道をせずこの保安所に直行することをお勧めします。保安所を抜けるとパスポートを利用する出国審査の機械がありますが、画面に簡単な英語表示で案内がでるので先ず迷うことはありません。途中すごく長い廊下があり結構時間がかかります。

出国ゲートを出ると免税店が拡がっています。一杯お店があるので、いろいろ比べてみるのも面白いかもしれません。沢山お客さんがいたので、写真は割愛します。
9yN5jRsBQ2SSN1gALDqQEw
ショッピングエリアの中に巨大な水槽があり、魚とダイバーが泳いでいました。
lTuHnntqTG++WTeq5Y6kkg
その先は、ゲートとお店が並んでいます。お店の中には免税でない店もあります。
eLsSgavySmmEOM1E%L5jXA
成田行きの飛行機。13:50出発予定でバンクーバーの経由滞在時間は約2時間半でした。
aGQFjtFeT5iEvL3PA2hJXQ
動き始めた飛行機からのバンクーバー空港
IMG_5604
ずっと昔に在外研究が終わって日本に帰る飛行機からみたアメリカ大陸の海岸線を想い出しました。
カルガリー組のみなさんは、どのような思いでこの風景を見ることになるのでしょうか。

残りの留学期間が充実したものとなりますように。





 

続き(その1)
IMG_3100
 写真左手の高いビルがEducation Towerと呼ばれているビルで、現在グローバル法学科からの留学生が学んでいるプログラムの事務室があり、手前の低層の建物に実際に授業を受けている教室があります。
hBJt+IrOT8CClIbesCWCmw
この建物の中にも食堂があります。うどんやラーメン、丼物、ロールずしなどが販売されているようです(コメントは控えます)。

滞在中、授業を12クラス見学しました(教室の写真はありません)。午前中から昼にかけてGrammar、Reading&Writing、午後にSpeaking&Listeningの授業があり、それぞれが6つのレベルに分かれ、更に同じレベルの中でスコア別にクラスが細分化されているようです。一クラスは15人程度でペア・ワーク、グループ・ワーク、プレゼンテーション、ゲームなどの形式で行われていました。

参加しているプログラムでは、English only policyというものがあり、参加者は、教室及びこの建物の中では英語以外の言語は使用禁止です(もちろん教育目的です)。
IMG_3102
隣にはロースクールの建物があります。

IMG_3130
カルガリー大学は、学生会(Student Union)の活動が大変盛んとのことで、大規模な学生会館の運営を行っており、レストラン、フード・コート、歯科、クリニック、メンタル・クリニック、書店、売店など、沢山のテナントが入っています。
IMG_3111
上の写真は、学生会館の中にあるレストランで会食前に撮影しました。Bookstoreで売っているカルガリー大学のジャージで揃えてくれたそうです(食卓の写真は割愛しました)。
IMG_3122
学生会館と直結する体育棟にはフィットネス・ジム、ラケットボール・スカッシュのコート、スキー・ボードなどウィンタースポーツ、アウトドア用品の貸し出しカウンターなどがあり、カルガリー大学の学生(留学生も含めて)が利用できます。外からちょっと覗いただけですが、これまで見たことがないくらいの数のマシーンが並んでいて、中は全て確認出来ないほど広いです。
グローバル法学科の学生達も毎日のようにジムに通っているとのことでした。ジムでトレーニング中の学生さんに出てきてもらいました。
IMG_8107

IMG_3119
体育棟の通路 右側は、アリーナを上から見ることができバスケットコート4面程度の広さがあり、バレー部とバスケット部らしき学生が練習をしていました。左側は、ラケットボールのコートで15面以上あるそうです。
IMG_3112
体育棟からの渡り廊下を通り抜けると
IMG_3115
オリンピック・オーバルです。外周がスピード・スケート、内側の右がショート・トラック、左側がアイス・ホッケーコート。1988年のカルガリー・オリンピックの会場です。「世界で最も速い」との横断幕が壁面、天井に下がっているのですが、氷の製造技術が世界最高水準で、世界記録が出るリンクとして有名だそうです。昼間はカナダのナショナルチームや世界各国から滞在している選手が練習をしているとのことですが、一般公開の時間は学生、市民も利用できるとのことでした。

今回は2日の滞在で、ほとんど授業見学とミーティングに費やし、学生さんもびっしり授業が入っていてあまり写真が撮れませんでした(残念でした)。
みんな元気に留学生活を楽しんでいるようで安心しました。

先週の白金祭休講の期間を利用して、カナダ・カルガリー大学に留学中のグローバル法学科2年生に会いに行きました。日本の夕方日が落ちてからのフライトで後半から夜が明けました。
IMG_3064

IMG_5479
カナダ太平洋沿岸北方の山脈 嶺の間を縫うように雲が流れていました。バンクーバー経由でカルガリーに到着
IMG_3079
空港からバスに乗ってC-Trainという交通機関に乗り換え。この鉄道はダウンタウンの中は信号に従って走る路面電車、郊外に行くと疾走する高速鉄道という面白い特徴を持っています。
IMG_3077
東京23区内を走る都バスのように距離にかかわらず一定料金(日本円で300円くらい)ですが、ダウンタウンに短距離区間に設置された駅の間を利用する分には無料という料金体系です。
IMG_3083
IMG_3086
ダウンタウンで乗り換えた駅の前にアルバータ州控訴裁判所がありました。
IMG_3081
控訴裁判所は公園・駐車場(見たところ車がいないので多分地下)に隣接していて、名前(courts)からするとこの周辺には他の裁判所もありそうです。
IMG_3093
公園の隣のビル 何らかの裁判関係の総合ビルなのか、法律事務所なのか、確認していません。
IMG_3095
上空から眺めたカルガリーは全く雪が見えなかったのですが、夕方カルガリー大学のキャンパスに入った頃から雪がちらつき始め夜には軽く積もりました。日中はそれほど寒くなく、持って行ったダウンジャケットを出すのを忘れていたくらいでした。
IMG_3100
翌朝のキャンパス 日出(7時前後)の頃は除雪車がでて(歩道から除雪する)いましたが、授業が始まる9時頃には雪も大方融けていました。

続く

グローバル法学科の学生をはじめ、夏休み中は海外に留学している学生も多いことと思います。
ぜひ留学先でも図書館を活用してみてください。

2年前にオープンしたソウルのピョルマダン図書館(별마당 도서관)。
韓国で今話題のインスタ映えする図書館です。
IMG_4932

IMG_4926
本棚の下に立つと少々怖いです(地震は来ないのでしょうか)

IMG_4929
あのくまモン(쿠마몬)の本が読みたいのですが、本棚に手が届きません(汗)

IMG_3028
韓国のワイン関係の本も揃っていました。
日本ではワインの自家醸造は犯罪になりますが、韓国では合法のようです。

DSC08630
こちらはフランスの国民議会(下院)の図書館。
ちょうど1年前に訪問しました。

DSC09361
フランスの会計院(会計検査院)の図書館。
天井のデザインは会計院ならでは?

IMG_3779
カナダ・ブリティッシュコロンビア大学の図書館。
ソファーが快適すぎて寝てしまいそうです。

DSC07653
メルボルンのビクトリア州立図書館(State Library of Victoria)
ACU組のみなさんが使っているようです。

P9073613
JALの機内誌の表紙に登場したことも

DSC07616
ACUの図書館。現地からのみなさんのレポートもお待ちしております。





 

今日から9月です。日曜日でしたが、成田に日帰り出張しました。
こちら(留学ブログ)をご覧下さい。 
swM0mYWQTuuqSZ2q1+6Gbw
出不精なため、成田に行くのは結構久しぶりです(4,5年ぶり)。
新幹線で使い慣れたJREのWi-Fiが使えるようになっていました(今度は電源コンセントをお願いします)。

集合時間(フライトの約3時間前)の30分前に着く便で、空港内移動時間を考えるとぎりぎりすぎたかと思い急いで4階へ
IMG_2623
カウンターは一番奥にあるはず、急がないと…
LRxhB5sISLukdNsamfsdFQ
誰も来ていませんでした。しばらくJTBの方とお話しをしているとカナダ組の学生が次々に姿を現しました。
IMG_2624
IMG_2642
IMG_2644
IMG_2654
みんなが荷物を預けている間に,せっかく空港に来たので飛行機を撮ろうと思いましたが、今日はかなり混んでいて窓際は人が一杯。搭乗ゲートも結構遠くエアカナダの飛行機は見つけることができませんでした。

出発ゲート
IMG_2704
成田空港が現在の第一ターミナルしかなかった頃、出発ゲートはエスカレータで下った場所にあったり、自動ドア向こう側にあったりで、バブル時代のドラマでは、登場人物が振り返りもせずに手を振って消えていく演出を何度か見た記憶がありますが、これでは無理ですね。
IMG_2712
よく見えるので見送る方は安心です。
2p3aJmsZRgOTGwkpMhIWdw
成田カルガリー出国審査へ
留学ブログにも書きましたが、出国審査へのエスカレーターが透明のプレートで囲まれていて、真正面から最後のお見送りもできます。
V67CPbwNTsKOR90wapxwOQ
BAXtB%9PQ8G%Tff+Kn1Qxw
みなさんをお見送りした後はご家族にご挨拶して北ウイング1階のバス発着所へ。カルガリーへのフライト時間の4分の1強で自宅最寄り駅まで帰りました。

駅に着いたら夕方らしく涼しい風が吹いてきて9月になったと感じた一日でした。

さて、これでグローバル法学科2年生の半数以上44名が日本を離れました。
次の出発は,アデレード9月28日、最後がリバプール10月5日です。










 

↑このページのトップヘ