明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:カルガリー大学

バル法生のみなさん。カリキュラム留学先の決定通知を昨日学番メールに送信しました。
各自確認してください。
Liverpoll-Uni-campus-homepage

白金法学会海外留学支援奨学金」の締切も迫っています。自分の成績がどのくらいか分からず迷っている人もいるかもしれません。定期試験解説・講評の中で高得点者に言及してる場合があります(民事法の基礎2は高得点者の学籍番号を表示しています)。その科目でSが取れたかの参考にはなると思います。
IMG_0273
早い大学で8月下旬出発になります。あと5か月です。4月からは英語の必修科目も4科目となり、留学先での法律科目の準備のための科目が追加されます。すでにグローバル基礎演習やIntroduction to Japanese Lawで何度かやった内容や単語・表現と重なるところもあるので、今度こそ確実に身につけましょう。
IMG_0345

(写真は上から、リバプール大学、カルガリー大学、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)




 

カルガリー大学のスケートリンク「オリンピック・オーバル」。
ここでは、1988年の冬季オリンピックはじめ、アイススケートの世界大会が開かれてきました。
DSC05035

カルガリーは、ウインター・スポーツで世界的に有名です。
DSC05027

学内のフィットネス・センター
DSC05017

キャンパス内のホテル
DSC05043

夜のカルガリー。こちらはアルバータ州の控訴裁判所。
DSC05145

夜のカルガリー市街
DSC05124

DSC05133

夜の街を歩いてみましたが、静かな街でした。
でも、いたるところにこのような看板が。雪の落下に注意して歩きましょう。
DSC05123

グローバル法学科の学生は、2年次秋学期(約5ヶ月間)に全員が海外の協定大学に留学
カルガリー大学のほか、アメリカのウィスコンシン大学(ミルウォーキー校)、オーストラリアのアデレード大学、オーストラリアン・カソリック大学(メルボルン校)、イギリスのリバプール大学、そしてアイルランドのダブリンシティ大学のいずれかに留学し、現地の法律と英語を学びます。
19.10.36

(K・E)



カルガリー大学は、本学法学部と同じ1966年に設立されましたが、現在は、学生数約3万人という大規模な大学になっています。キャンパスも広大で、200ヘクタール以上の面積があります。

こちらはロースクールの建物
DSC04975

大学図書館
DSC05000

図書館の内部
DSC04991

図書館の隣はギャラリーになっています
DSC04994

大学内のモール。カフェテリアにはさまざまなレストランが入っています。
DSC05007

ブックストア
DSC05013

ブックストアの隣はスターバックス
DSC05014

(K・E)


カルガリー大学のエデュケーション・タワー。
留学生は、この建物の教室で、それぞれのレベルに分かれて英語を学んでいます。
DSC04950

スタッフのみなさんとミーティング。日本人のスタッフの方も常駐していました。
DSC04964

留学生用のラウンジ
DSC04957

留学生用のカフェテリア
DSC04955

(K・E)



バル法(グローバル法学科)の一期生のみなさんは、最終的な留学希望先を決定しました。今年の夏から、いよいよカリキュラム留学がはじまります。

ちょうど2年前、グローバル法学科の協定校のひとつ、カナダのカルガリー大学を訪問する機会がありました。当時の記事を再掲します。

カナダ・アルバータ州のカルガリーへは、直行便またはバンクーバーで乗り換え。
DSC05168

市内にはトラムが走っています。
DSC04927

ダウンタウンからカルガリー大学までは10分程度。
DSC04930

カルガリー大学の駅
DSC04933

キャンパス風景
DSC05003

DSC04962

(K・E)





↑このページのトップヘ