明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:カルガリー大学

今日から9月です。日曜日でしたが、成田に日帰り出張しました。
こちら(留学ブログ)をご覧下さい。 
swM0mYWQTuuqSZ2q1+6Gbw
出不精なため、成田に行くのは結構久しぶりです(4,5年ぶり)。
新幹線で使い慣れたJREのWi-Fiが使えるようになっていました(今度は電源コンセントをお願いします)。

集合時間(フライトの約3時間前)の30分前に着く便で、空港内移動時間を考えるとぎりぎりすぎたかと思い急いで4階へ
IMG_2623
カウンターは一番奥にあるはず、急がないと…
LRxhB5sISLukdNsamfsdFQ
誰も来ていませんでした。しばらくJTBの方とお話しをしているとカナダ組の学生が次々に姿を現しました。
IMG_2624
IMG_2642
IMG_2644
IMG_2654
みんなが荷物を預けている間に,せっかく空港に来たので飛行機を撮ろうと思いましたが、今日はかなり混んでいて窓際は人が一杯。搭乗ゲートも結構遠くエアカナダの飛行機は見つけることができませんでした。

出発ゲート
IMG_2704
成田空港が現在の第一ターミナルしかなかった頃、出発ゲートはエスカレータで下った場所にあったり、自動ドア向こう側にあったりで、バブル時代のドラマでは、登場人物が振り返りもせずに手を振って消えていく演出を何度か見た記憶がありますが、これでは無理ですね。
IMG_2712
よく見えるので見送る方は安心です。
2p3aJmsZRgOTGwkpMhIWdw
成田カルガリー出国審査へ
留学ブログにも書きましたが、出国審査へのエスカレーターが透明のプレートで囲まれていて、真正面から最後のお見送りもできます。
V67CPbwNTsKOR90wapxwOQ
BAXtB%9PQ8G%Tff+Kn1Qxw
みなさんをお見送りした後はご家族にご挨拶して北ウイング1階のバス発着所へ。カルガリーへのフライト時間の4分の1強で自宅最寄り駅まで帰りました。

駅に着いたら夕方らしく涼しい風が吹いてきて9月になったと感じた一日でした。

さて、これでグローバル法学科2年生の半数以上44名が日本を離れました。
次の出発は,アデレード9月28日、最後がリバプール10月5日です。










 

本日4月27日土曜日、横浜キャンパスでグローバル法学科の留学準備講座1・3が行われました。
留学準備講座は,1年次春学期から2年次秋学期の全員留学に向けて段階を追って必要な準備をしていく講座です。各学期に原則3回、土曜日の3,4,5限を使って行われます。

2年生の留学準備講座3 まずは全員440教室に集まり、申先生から本日のスケジュールを確認。
続いて、JTBの方から渡航手続,保険など全留学先に共通する案内がありました。
IMG_1916
出発日・帰国日、往復の飛行機の便も配付され、いよいよ本当に留学することを意識した人も多かったでしょう。

留学先国によって必要提出書類が違うため、留学先毎に分かれてJTBの方からレクチャーを受け、書類に記入作業をしました。
IMG_1927
カナダのカルガリー大学のグループ 入国申請が必要でその手続書類を記入します。
IMG_1928
アメリカのウィスコンシン大学ミルウォーキー校のグループ
VISAが必要で途中出国の際にも書類申請が必要な国のため、丁寧な説明がありました。大使館での面接も必要になります。

休憩を挟んで、大学毎にPC教室に移動し、ネットで留学先への登録作業を行いました。
IMG_1942
申請の仕方,記入すべきことが異なり、大学によっては結構時間がかかりました。
住所表記の順番(番地、町名、市、県)、年月日の順番、国際電話の国・地域コードなど知っているようでみんなが知っているわけではないことなどを改めて学ぶ機会にもなったのではないでしょうか。

カルガリー大学のグループでは,ホームスティ先の希望でペットありなしが話題になりました。カナダ人はペットが好きで多くの家庭でペットを飼っていて、爬虫類も人気であることがネットで紹介されているのを知り、悩みが更に深くなった様でした。

1年生の留学準備講座1 911教室
IMG_1931
司会は鶴田先生 学科主任の高橋先生の挨拶の後、3部構成で進行しました。

第一部は、カナダ大使館の職員の方からカナダの国制・文化・自然などについてお話しを伺いました。丁度「法学入門」で月曜日に勉強した、連邦国家の仕組みを具体的に学ぶことが出来たと思います。
第二部は、航空会社にキャビンアテンダントとして勤務する法学部卒業生から、お仕事の話し、学生時代にやっておくべきことなどお話しを伺いました。
それぞれ、概要のメモ・感想やコメントをペーパーにして提出。

第三部は、グループディスカッションでした。大学で学びたいこと,将来のこと、行ってみたい留学先でした。代表者がそれぞれのグループの意見をまとめて紹介しました。
IMG_1951

スクリーンショット 2019-04-28 2.12.34

スクリーンショット 2019-04-28 2.25.18

スクリーンショット 2019-04-28 2.22.41

最後に、グループ代表の報告について、高橋先生から一つ一つに講評がありました。先生が被っているのは、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校のキャップ。2年生の留学先毎に専任教員が一名ずつ担当者になりますが、先生はミルウォーキーの担当です。ミルウォーキー訪問の際に購入されたとのことです。

一年生のみなさん、初めての準備講座どうでしたか。毎回メンバー・テーマを替えてディスカッションするので、楽しみにしてください。

本日は日中ずっと寒い雨が降り続いてましたが、夕方には上がって晴れ間が見えました。
IMG_1945
遠望橋に行けばもっときれいに撮れるかと思い、向かったところ講座が終わった2年生が。
IMG_1947色
ごめんなさい。初めから富士山は写らないと諦めて構図を考えず適当にシャッターを切ってしまいました。何枚か撮っておけば良かったです。
IMG_1946
明日からGW8連休です。
5月6日月から授業再開です。充実したおやすみを。
 

バル法生のみなさん。カリキュラム留学先の決定通知を昨日学番メールに送信しました。
各自確認してください。
Liverpoll-Uni-campus-homepage

白金法学会海外留学支援奨学金」の締切も迫っています。自分の成績がどのくらいか分からず迷っている人もいるかもしれません。定期試験解説・講評の中で高得点者に言及してる場合があります(民事法の基礎2は高得点者の学籍番号を表示しています)。その科目でSが取れたかの参考にはなると思います。
IMG_0273
早い大学で8月下旬出発になります。あと5か月です。4月からは英語の必修科目も4科目となり、留学先での法律科目の準備のための科目が追加されます。すでにグローバル基礎演習やIntroduction to Japanese Lawで何度かやった内容や単語・表現と重なるところもあるので、今度こそ確実に身につけましょう。
IMG_0345

(写真は上から、リバプール大学、カルガリー大学、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校)




 

カルガリー大学のスケートリンク「オリンピック・オーバル」。
ここでは、1988年の冬季オリンピックはじめ、アイススケートの世界大会が開かれてきました。
DSC05035

カルガリーは、ウインター・スポーツで世界的に有名です。
DSC05027

学内のフィットネス・センター
DSC05017

キャンパス内のホテル
DSC05043

夜のカルガリー。こちらはアルバータ州の控訴裁判所。
DSC05145

夜のカルガリー市街
DSC05124

DSC05133

夜の街を歩いてみましたが、静かな街でした。
でも、いたるところにこのような看板が。雪の落下に注意して歩きましょう。
DSC05123

グローバル法学科の学生は、2年次秋学期(約5ヶ月間)に全員が海外の協定大学に留学
カルガリー大学のほか、アメリカのウィスコンシン大学(ミルウォーキー校)、オーストラリアのアデレード大学、オーストラリアン・カソリック大学(メルボルン校)、イギリスのリバプール大学、そしてアイルランドのダブリンシティ大学のいずれかに留学し、現地の法律と英語を学びます。
19.10.36

(K・E)



カルガリー大学は、本学法学部と同じ1966年に設立されましたが、現在は、学生数約3万人という大規模な大学になっています。キャンパスも広大で、200ヘクタール以上の面積があります。

こちらはロースクールの建物
DSC04975

大学図書館
DSC05000

図書館の内部
DSC04991

図書館の隣はギャラリーになっています
DSC04994

大学内のモール。カフェテリアにはさまざまなレストランが入っています。
DSC05007

ブックストア
DSC05013

ブックストアの隣はスターバックス
DSC05014

(K・E)


↑このページのトップヘ