明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:グローバル法学科

来年秋学期の留学に向けて、オーストラリアの2つの協定校を訪問し、打ち合わせを行いました。

最初の訪問先は、アデレード大学です。
先月、同大学のDavid Ottawayさんが来校され、横浜校舎で説明会を開催しました。

英語の授業は、アデレード大学のELCで行います。
目抜き通りのビルの中にあり、アクセスは抜群。
01

02

アデレード大学のメインキャンパスまでは徒歩5分程度。
04

グローバル法学科の法学の授業は、こちらのロースクールで開講されます。
地下にはローライブラリーがあります。
03

図書館の本館。伝統と歴史を感じさせます。
05

アデレード大学の国立ワインセンター。
オーストラリアにおけるワインの歴史を学ぶことができます。
06

オーストラリアでは、どちらの大学に留学してもホームステイになります。
アデレードの郊外には住宅地が広がっています。
07

Ottawayさんの説明でも言及されていましたが、郊外のビーチでは綺麗な夕陽を見ることができます。
ぜひ映える写真を撮ってください。
08

(K・E)





少し前の話題になりますが、105日(金)、白金校舎で関東国際高校の皆さんにグローバル法学科の模擬授業を受けていただく機会がありました。

参加してくださったのは、関東国際高校外国語科の1・2年生の皆さんと引率された先生、合わせて30名。グローバル法学科所属の申先生が、「グローバル化社会と法〜国際化する私たちの生活〜」と題した模擬授業を、学科紹介等と合わせて約1時間半に渡り実施しました
図1

「法律のかかわる国際的な問題、グローバルな問題といえば、国と国との間の紛争や外交問題などをまずは思い浮かべるのではありませんか?」そんな問いかけから始まった今回の模擬授業。そうなんです、国際的な問題は、国と国の間だけで起こっているのではありません。実は私たちの身近なところ、私たちの生活の中にも、国際的な法律問題は様々な形で存在しているんです。例えば、国際結婚。レジュメ(高校生の皆さんにとっては、“プリント”と言った方が馴染みがあるでしょうか?)に書かれた、日本人男性と外国人女性の結婚を題材に、国際結婚のような複数の国に関わる法律問題については、一体どの国の法が適用されることになるのか?という点がまず問題になるということについて説明がありました。日本だから、日本人だから、すべて日本の法律が適用されるんだ、というわけでは実はないんですね。

 

高校と大学の授業では様々な違いがありますが、その1つが「先生はあまり板書をしない」という点。板書がないということは、学生は皆、何が重要なのか、講義の内容をしっかり理解して、自分の頭の中で整理しなければいけないということ。今回の模擬授業でもご多分に漏れず、申先生はほとんど板書をしなかったので、高校生の皆さんはメモを取るのが大変だったようですが、「大学の授業っぽさ」は感じてもらえたようです。

そしてまた別の「高校と大学の授業の違う点」として、大学の授業では「演習」という、学生が主体となって作り上げる参加型の授業が多いという点が挙げられます。今回の模擬授業でも、先生が一方的に話すだけでなく、参加してくれた高校生の皆さんに様々な意見を述べてもらいました。

 

と、ここで思いがけない出来事が。上記の国際結婚の問題について高校生の皆さんに意見を聞いていたところ、「愛は法を超えると思う」という予想外の(?!)返答が。この発言をきっかけに、途中から教室にいらした法哲学ご専門の高橋学科主任から、「愛とは何か」についての特別講義がありました。

高橋先生関東国際

 今回の模擬授業には、グローバル法学科の1期生である女子学生2名も参加して、グローバル法学科を志望した理由、入学後の授業の様子、キャンパスライフなどについて様々な経験談を語ってくれました。

学生関東国際
この授業を機に、法学部やグローバル法学科により興味を持っていただけたなら何よりです。関東国際高校の皆さん、ご参加いただきありがとうございました。いつか皆さんにグローバル法学科の授業で再会できることを楽しみにしています。

ちょっぴり遅れたニュースですが、10月10日水曜日お昼休みに横浜キャンパスで、グローバル法学科の留学協定校の一つ、アデレード大学(オーストラリア)の説明会がありました。アデレード大学からDavid Ottaway氏がいらっしゃいました。
スクリーンショット 2018-10-30 17.15.32
当日参加できない学生のために撮影した動画から落とした写真です。
スクリーンショット 2018-10-30 17.17.06
英語のプログラムの体験もやったようです。丁度白金での会議日で多くの教員は参加できませんでした。

昨日から今日(10月30日)にかけて、丁度蛯原先生がアデレード大学との打ち合わせのため、アデレードを訪問中で、インスタに動画を上げてくれました。こちらから⇒明治学院大学法学部インスタグラム
スクリーンショット 2018-10-30 17.44.10
スクリーンショット 2018-10-30 17.44.36
今日は、アデレードも晴れのようです。上の写真の奥に見える建物がLaw Schoolで、ここでバル法の学生は法学の勉強をします。
 

各学期3回,年6回開催予定のグローバル法学科留学準備講座も5回目。残すところ12月1日の1回限りとなりました。司会は,学科主任の高橋先生。
IMG_0336

IMG_0259
本日のメニュー 休憩2回を挟んで正味4時間半を学期中原則月1回やってます。
IMG_0232
本日最初のセッションは、リバプール大学のMichelle Dwyer氏の説明。イギリスの文化・生活様式、リバプールの街、大学などに関するQuiz形式。
IMG_0229
グループ毎にスマホを使ってアクセスし回答するする仕組みです。Kahootというサービスのようです。
IMG_0235
回答数と正解、順位の途中経過が映し出され、結構盛り上がりました。
IMG_0240
第一位のチームにはお菓子のプライズ。
他の学生にもリバプールのプロサッカーチームのマーク入りキャンディをいただきました。
良くできたコンテンツと話術で、楽しみながらリバプール大学の魅力を知ることができました。
説明の後質疑が行われ、具体的な質問が多かったです。

次のセッションは、明学法学部、大学院法学研究科の卒業生で、国連職員(国連難民高等弁務官事務所)を経て、現在国際基督教大学教授の新垣修先生(国際法)の講演でした。上述のMichelleさんとミーティングのため、残念ながらお話しを伺うことも写真撮影もできませんでした。学生時代から国連職員としてのキャリアに至までのお話しと共にHumanとはなにかという哲学的な問答を学生となさったと伺いました。先輩と言うことで学生も躊躇なく質問ができたようです。
IMG_7858
新垣先生(昨年8月のバル法教員合宿で講演いただいた際の写真です)
横浜校舎1期生である先生は、キャンパスを歩いて抜けて駅まで行ってみたいと仰って正門の方へ向かわれました。
IMG_0338
最後のセッションは、12月8日に行われる開設記念講演会の説明及び課題の提示の後,グループ・ワークを行いました。テーマは、留学の目標設定とSWOT分析からする協定校6校の比較分析でした。IMG_0312
今回は趣向を変えて,留学オフィス・スタッフの池谷さんが司会。ご自身のアメリカ留学時の体験から留学目的の重要性について考えて欲しいと問題提起。
IMG_0278
IMG_0303

IMG_0285
IMG_0288
IMG_0335
IMG_0330
留学目標についてグループの代表が報告。その後シートに各大学のStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会),Threat(脅威)を書き込んで、自分の留学目的から優先順位を付けました。

おまけ
IMG_0250
Michelleさんとのミーティング後、Vallor先生と教室に戻ってみると最後部列にこんなものが…
最近誕生日を迎えた何人かのバル法生のバースデーケーキだとか。こんなアメリカみたいなデカい(しかも段ボール入り)ケーキどこで売ってるんだ?○スト○?(蛯原先生から聞きました)。なるほど。ちなみに会員制大規模量販店で有名なこの○スト○、カリフォルニアのサンフランシスコ周辺ではtを読まずに○ス○と呼ばれていました。北欧発の有名な大規模家具店イ△アもアイ△ア。知っているお店の名前なのに思っていた発音と違っていてなんだか分からない、そんなことも留学で味わえる小さな経験かもしれません。











 

秋学期に入って、早くも3回目の授業となりました。

本日5限の憲法の授業では、来週の「国際ガールズデー」に関連して、グローバル法学科の女子学生2名が「女性の権利と平等」をテーマに、履修者の前でプレゼンテーションを行いました。
111

授業の復習的な内容(ちょうど日本国憲法14条の平等原則を学んでいるところです)からスタートし、女性の社会進出が著しく遅れている日本の現状を、諸外国と比較しながら鋭く指摘。
777

しかし、途上国などの女の子の状況は悲惨です。
444

そうした女の子たちの権利はどうやって守っていくべきなのでしょうか。
555

プレゼンの後半は、来週の「国際ガールズ・ウィーク」について。
222

女の子の権利の改善をめざして、各国でイベントが行われるそうです。
333

明学横浜校舎での実施内容は、ボランティアセンターのページツイッターをご覧ください。
666

プレゼンの後は、男子学生から質問やコメントが寄せられました。
888


↑このページのトップヘ