明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:ゼミ

高橋文彦ゼミは、台風一過の9月10日(火)から13日まで、アメリカ合衆国グアム島へ海外研修旅行にでかけました。

もちろん、これは単なる観光旅行ではなく、日本の占領下に「大宮島」と呼ばれたこの島に残る戦跡や博物館を訪れることによって、「われわれが忘れつつある記憶を取り戻し、過去と現在のあいだの回路を修復しようとする、小さな試み」(山口誠『グアムと日本人』)でもありました。

1日目(9月10日)

夕方、ホテル到着後に勉強会を予定していましたが、入国審査になんと2時間以上(!)かかってしまい、この日は断念。一緒に近くにコーヒーショップで夕食を取りました。
01_IMG_1024

宿泊先は、オンワード・ビーチ・リゾートという大きなホテル。
翌朝、そのプールサイドを歩いて驚きました。そこには旧日本海軍の短20センチ砲が2門あったからです。
02_IMG_1238

2日目(9月11日)

この日は、グアム観光の要所を巡る半日バスツアーに全員参加。

フィッシュアイ海中展望塔→太平洋戦争国立歴史記念館→ガーンポイント(太平洋戦争国立歴史公園)→スペイン古橋・マゼラン上陸記念碑(車窓から)→ソレダット砦→アサン展望台(ニミッツ・ヒル)というコースです。

太平洋戦争国立歴史記念館(T. Stell Newman Visitor Center)
日米の激戦地だったアサン海岸にある記念館。
03_IMG_1060

日本軍に対して不服従を貫き斬首されたドュエナス神父(Father Jesus Baza Duenas)や、神父や島民に助けられて潜伏を続けた米軍の通信兵トウィード(George Ray Tweed)に関する展示もありました。
04_IMG_1071

ガーンポイント(Ga'an Point)
やはり激戦地のひとつで、太平洋戦争国立歴史公園に指定されています。
05_IMG_1088

ここにも旧日本軍の短20センチ砲が海に向かって据え付けられていました。
06_IMG_1100

また、近くには96式25ミリ高角機銃が海に向かって設置されていました。
07_IMG_1095

ガイドさんの説明によれば、ここの日本軍守備隊(第38連隊第1大隊)には20代の若い兵隊が多く、全員が戦死したとのことです。

アサン展望台(Asan Overlook)
アサン湾を一望するニミッツ・ヒル(Nimiz Hill)にある展望台。
08_IMG_1142

この一帯も太平洋戦争国立歴史公園に指定されていて、建造物の壁にはめこまれた銅板には、戦時中に亡くなったアメリカ人と先住民チャモロ人、そして日本軍によって強制収容所に入れられたチャモロ人の名前が、びっしりと刻まれています。
09_IMG_1161

また、日本による占領前後のチャモロ人を描いたレリーフが3枚あり、1枚目が日本軍による「攻撃(attack)」、2枚目が日本軍による「占領(occupation)」、3枚目がアメリカ軍による「解放(liberation)」と題されています。

10_IMG_1165

(つづく)

今、法学部はゼミ合宿のシーズンです。
今年もワイン法ゼミでは、北海道で夏合宿を行いました。

↓ 1日目は、新千歳空港近くのサッポロビール庭園に現地集合。
ゼミ生たちは、集合時間前から園内でパーク・ゴルフをやっていたそうです。
P8203410

↓ まず工場内を見学
P8203420

↓ 見学と試飲の後で記念撮影
P8203445

↓ 札幌のホテルにチェックインし、晩御飯は羊肉のバーベキュー
P8203458

↓ 二次会は厚岸の牡蠣。その後、学生たちはパフェのお店へ。
P8203468

↓ 2日目は札幌から余市町に移動し、ニッカウヰスキーを視察。
P8213502

↓ コンビニで簡単に昼食を済ませ、小樽市内の北海道ワインの本社へ。
P8213554

↓ ラベルの解説を聴きながら、ワイン法の勉強です。
P8213579

↓ 北海道ワインの嶌村社長(ゼミ生の嶌村くんのお父さん)とのディスカッション
P8213584

↓ 父・息子で一緒にゼミ合宿の集合写真が撮れるのは今年だけ?
P8213588

↓ その後は、小樽散策。お茶したり、お土産を買ったり。
P8213600

↓ 晩御飯はもちろん小樽のお寿司屋さんで。
P8213610

↓ 3日目は朝からゼミ論文の中間報告会。エアコンがないので暑い、暑い。
IMG_4683

↓ 千歳鶴の酒ミュージアムで解散式。この後、ゼミ生たちは「白い恋人パーク」に向かいました。
IMG_4696

あっという間の3日間でした。
ご協力いただきました関係者のみなさまには心から感謝いたします。


恒例の明治学院大学法学部スポーツ大会が、11月21日白金校舎パレットゾーン地下アリーナで開かれました。
今年はバレーボールでした。
PB210147
PB210163
PB210196
PB210178
PB210160
PB210207
PB210237
優勝は伊室ゼミでした。
PB210156
先生の写真入りTシャツを作って気合いを入れた成果でしょうか。

参加されたみなさん,楽しみましたか。
運営に当たったみなさん,ありがとうございました。
 

本日11月14日16:30から来年度の「演習」「演習・卒業論文」の説明会、ゼミオリエンテーションが白金キャンパスで開かれました。2年生が横浜キャンパスから移動し、参加しました。人によっては入学式以来の白金キャンパスだったかもしれません。

法律学科と消費情報環境法学科所属教員のゼミは3201教室が会場でした
IMG_0375
IMG_0356
司会は大野消費情報環境法学科主任
IMG_0358
IMG_0381
教員が2,3分の短い時間ですが、ゼミの内容・雰囲気等を伝えるとと喪にどのような学生に来て欲しいかなどメッセージを送りました。

政治学科は3102教室が会場でした。
IMG_0368
IMG_0364

ゼミオリエンテーション後パレットゾーン2階インナー広場さんさんで懇親会が開かれました。
qnHNvePhQVebRTR61Z2ZHQ
オリエンテーション後のボーリズ広場から見たパレットゾーン。
iLN1MJR7QC6RAWypkzwing
hCmEFXMFRxm9j0iTxDtDoQ
%t5l7yQvRdi%Z7j7RZBEKQ
EzeY1q7dS+2KheDjhR87CA
0%B+SmEsTLaI6UfbiiS%sA
入りたい,関心のあるゼミの教員から直接話を聞けるのがこの懇親会の良いところです。多くの学生が教員を囲み積極的に質問していました。



 

国際私法を主な研究テーマとする申ゼミでは、毎年秋に福岡市で開催される、他大学国際私法ゼミとの合同討論会(国際私法全国合同ゼミ)に参加しています。明学の申ゼミチームは、7回目の参加となった今年、ついに悲願の初優勝を遂げました!

 

今年度の合同ゼミには福岡大学・西南学院大学・同志社大学・富山大学そして明治学院大学の5大学から8ゼミが参加し、1013日(土)、会場の福岡大学で熱い討論会が繰り広げられました。討論のテーマは、国際私法を中心に、国際取引法や国際民事手続法上の論点も含んだ、事例形式の問題です。問題が公表されたのは夏休みの真っ只中、ゼミ生達は休日返上で図書館に通い詰め、論文や判例を紐解きながら全員で力を合わせて必死で問題に取り組みました。

 

合同ゼミ当日、早朝の飛行機で明学チーム11名は福岡の地に乗り込みました。そろそろ秋の気配が深まってきた10月中旬でしたが、会場は全国から集まってきた参加チームの熱気で汗ばむほど。申ゼミが参加したのは、国際結婚における夫婦財産契約の準拠法について出題された第一部です。チームワークを示すべく、おそろいの服装と蝶ネクタイで臨みました。

qV%9nOP3QqmpqXlnIzpb0w_thumb_18b0

ジャンケンの結果、明学チームの順番は2番目に。まずは各チーム10分ずつ、自分たちの意見を発表します。全チームの発表が終わったら、他大学チームの発表内容について検討する時間を経て、質問タイムへ。各チームから、他チームに対して様々な質問が投げかけられます。この過程で、どんな内容の報告をどうやってするか、どんな質問をするか、質問に対してどう答えるか、時間を有効に使えているか、チームで協力できているかなどの点について評価されて行きます。報告タイムも質問タイムも時間ぴったりに終えることのできた明学チームの学生達は皆、「やりきった!」と充実の表情を見せていました。

 

そして迎えた結果発表の時、結果は見事、優勝!!おまけに個人としても、消費情報環境法学科の遠入稜太君(2位)と田村幸喜君(5位)が表彰されました。ゼミ生達は皆飛び上がって大喜び!何人かは涙ぐんでいました。内容はもちろん、発表方法などにも様々に工夫をこらし、練習した成果が結果となって報われたことは、皆本当に嬉しかったようです。打ち上げの際、口々に頑張った点について語るゼミ生達の目は、達成感できらきらと輝いていました。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18b2

 冒頭に書いたように、明学チームの優勝は今年が初めてでした。申ゼミでは来年度以降もこの合同ゼミへの参加を予定しています。来年度のゼミ生の選考がちょうどこれから行われますが、果たして二連覇はなるでしょうか?申ゼミでは、国際私法の勉強もそれ以外も皆で楽しく頑張りたい!と考える学生の皆さんの応募をお待ちしています。

 

↑このページのトップヘ