明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:ダニエル・ファーバー

今日7月4日は何の日でしょう。一つの答えは、アメリカ独立記念日=独立宣言Declaration of Independenceが公布された日です。この宣言を起草したのはトマス・ジェファーソンだといわれています。
Declaration-of-Independence-230x148
その中の有名な一文を引用します。
We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their creator with certain unalienable rights, that among these are life, liberty and the pursuit of Happiness.
(我々は、以下の真理を自明のことと信じる。すべての人は平等に造られ、彼らの創造主によって一定の奪うことのできない権利を与えられており、これらの権利には生命、自由、そして幸福追求が含まれる。)

日本国憲法第13条を想い出した人もいるでしょう。幸福追求とは何でしょうか。
このブログで紹介したブログLegal-Planetにファーバー先生が下記の記事を投稿されました。
Some Thoughts About “The Pursuit of Happiness(リンク)
67aa9ab9eb252789d9e82c6c536f8df6

この言葉が243年前に宣言されたこの日に考えてみるのはいかがでしょうか。

蛇足ですが、映画The Pursuit of Happyness(2007)(邦題:「しあわせの力」主演ウィル・スミス 因みに英題はスペルミスではありません)も個人的にお勧めです。San Francisco Bay Areaの風景も楽しめます。





 

昨年12月にグローバル法学科開設記念講演会で講演いただいたファーバー先生は、先生の所属されているカリフォルニア大学バークレー校、及び同ロサンゼルス校に関連する環境法研究者とブログを公開しています。
Legal Planet

IMGP7817
 記念講演後質疑応答中のファーバー先生。背景のスライドが上記ブログLegal-Planetのロゴです。

本日アップされていた記事(Climate Change and Your Family’s Future)が 記念講演「グローバルな法的課題としての気候変動」でテーマの一つにされていた将来世代への影響を、2000年生まれの人の一生を想定して書いてみるというものでした。

概要は次の通りでした。
今の大学一年生=2000年生まれの人は、アメリカの人口統計からのライフスタイルを当てはめると今世紀末2100年には子供が五分五分で生存しており、孫はおそよ50歳で高い確率で生存している。
IPCC(International Panel on Climate Change:気候変動に関する政府間パネル)の2015年報告書に拠ると、2100年には、人類ができる限りの取組を行い極めて低いレベルに排出を抑えたシナリオで地球全体の平均気温が摂氏1.5度、それなりの取組をして低いレベルに抑えたシナリオで2.3度、取組に失敗して高いレベルの排出をこのまま続けた場合のシナリオで4.6度上昇する。そのために海面はそれぞれ、15cm、45cm、225cm上昇する。
今大学に入ったばかりあるいは仕事に就いてばかりの2000年生まれのみなさん、あなたの子供や孫は2100年の気候変動に直面することになる。今私達が取り組みに失敗すれば,彼らがその代償を払わなければならない。

バル法の2年生のみなさんは、想い出したでしょう。講演でファーバー先生が最後に力説されていた内容そのものです。 
IMGP7942

2100年というとすごい先のようにも思えますが、そこに暮らすのは顔を知らないどこかの他人ではなく自分の子供や孫を含めた将来世代だと考えればすぐ先のことと理解できます。

ファーバー先生の記事には簡単な今後のみなさんの家族の年表がついています。その間の平均気温上昇の予想がついており、最悪のシナリオではおよそ30年後みなさんが50歳になったときには2.6度上昇となっています。単純に推測すると海面が平均で45cm上昇すれば、現在陸地として我々が使用している場所の一部はそのままでは使えなくなるでしょう。台風や豪雨で被害を受ける地域も今よりも遙かに広くなることが容易に想像されます。この先30年間でその対策のために多額のインフラ整備予算(浸水防止工事や新たな都市開発など)が必要になるかもしれません。何より平均で今より2.6度高い気候で夏の最高気温は何度に達するのでしょうか。中年になったみなさんがそこで生活していけるのか、親世代は心配ですし責任を感じます。

 

先週12月8日土曜日、今年2018年4月に開設された明治学院大学法学部グローバル法学科の開設を記念して記念講演会を開催しました。
IMGP7817

アメリカ環境法の権威、ダニエル・ファーバー教授(カリフォルニア大学バークレー校)をお招きし、「グローバルな法的課題としての気候変動」というテーマで、英語で約50分、スライドを使いながら、気候変動の現状、国際法の取り組み、国内法の一事例としてのアメリカ合衆国の連邦政府の対応の変遷と州・市などの地方政府・企業の積極的な施策についてお話しいただきました。
 IMGP7910
グローバル法学科生、法学部生、高校生、学外の環境法研究者、弁護士など100人を超える来場者がありました。タイ国の裁判官、筑波大学の留学生も参加し、グローバルな講演会となりました。
IMGP7807
IMGP7942
IMGP7946
ファーバー先生の講演につづいて、質疑応答が行われました。外部の研究者、弁護士の方などに加えて、グローバル法学科の一期生5名も積極的に質問しました。全員が英語で質問し、ファーバー先生は熱心に一つ一つの質問に丁寧にわかりやすく多くの言葉で応接され、参加者の理解が深まりました。
DSC00258
 前後しますが、開会に先立ち今尾学部長からのご挨拶を、学科主任の高橋先生が日本語で、ヴァラー先生が英語で代読しました。

講演会後、パレットゾーンに移動し、祝賀パーティを行いました。
IMGP7967
高田先生の司会,乾杯で開会しました。
IMGP7988
IMGP7991

IMGP7993
参加いただいたみなさま、ありがとうございました。



 

明治学院大学法学部グローバル法学科開設を記念して、来る12月8日土曜日に世界的な環境法研究者として著名なダニエル・ファーバー教授(米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)をお招きし、「グローバルな法的課題としての気候変動」と題する講演会を開催いたします。
スクリーンショット 2018-11-20 16.32.32

全世界での人間・産業活動により排出される温室効果ガスの結果、地球上の様々な場所で異常気象現象が発生し、人類の生命や生活及び生態系にこれまでにない被害を及ぼしています。この気候変動問題は人類共通の課題であり、この度の講演は、法という社会のルールを通じて人類がこの課題にどのように取り組むべきかを、分かりやすい英語でお話しいただく予定です。

      記
明治学院大学法学部グローバル法学科開設記念講演会
テーマ:Climate Change as Global Legal Issue
    グローバルな法的課題としての気候変動
講演者:Professor Daniel A. Farber
              University of California, Berkeley, School of Law
              ダニエル・ファーバー教授
    (カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
日時:2018年12月8日土曜日 15:00〜16:30
場所:明治学院大学白金キャンパス 2号館 2301教室
   東京都港区白金台1−2−37
https://www.meijigakuin.ac.jp/access/
一般公開致します。英語での講演(通訳はありません)になります。

問合せ先:明治学院大学法学部グローバル法学科留学オフィス
     phone:045-863-2290

スクリーンショット 2018-11-20 16.33.49
なお、上記チラシの裏面は、グローバル法学科の紹介になっています。
 

14日に続き,本日3月16日金曜日、カリフォルニア大学バークレー校ロースクール教授ダニエル・ファーバー先生の講演会(法律科学研究所スタッフセミナー)がおこなわれました。
IMG_8300改
 今回は、筑波大学との共催で、茗荷谷にある筑波大学東京キャンパスで行いました。 
テーマは、「トランプ政権とシェブロン法理」でした。アメリカの法律家以外ほとんど知らない行政法解釈についての連邦最高裁判決(シェブロン判決)が、トランプ政権の法運用によってマスコミ・社会の注目を集めるようになったことについて、その意味を議論するものでした。
筑波大学の学生さん,大学院に留学している各国の行政官や環境法、行政法の研究者などが参加しました。
IMG_8306改
 筑波大学東京キャンパス。美術館のようなオシャレで拡がりを持った空間で、彫刻や立像、絵画などが展示されていました。

これで今回のスタッフセミナーは終了です。

          

↑このページのトップヘ