明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:フランス食文化講座

直前のご案内になってしまいましたが、今年も、法律学科の卒業生、藤森二郎さん(ビゴ東京)による「フランス食文化講座」が1月12日(金)に開催されます。
IMG_2580

今回は補講日ですので、横浜校舎で学ぶ1・2年生も参加できますね。
こちらは、2年前の講座の様子です。
59973b38

正月休みはフランスで過ごしていましたが、旅行中、何度もガレット・デ・ロワを見かけました。
IMG_2750

私が宿泊していたホテルでもガレットが振る舞われていたようです(残念ながら私はいただけませんでした)
IMG_2825

グローバル法学科では、「食文化と法」という科目が開講されます。
模擬授業でも取り上げましたが、フランス料理は、和食と同じく、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。以下は、フランスのマルシェの写真です。新年早々から営業していました。
IMG_2371

IMG_2374

フランス・パリから東京に戻るフライト(JAL)では、また法律学科卒のCAさんに声をかけられました。2010年卒、大木ゼミだったそうです。パリ便やニューヨーク便を担当しているとのことで、グローバルに活躍する卒業生の姿をみて、嬉しく思いました。
なお、同じく2010年卒の小寺CA(ANA)のメッセージは法学部公式サイトに掲載されています。

(K・E)



明治学院大学の卒業生でワイン業界で活躍されている方は少なくありません。
醸造学部はありませんが、卒業生で実際にワインを造られている方もいます。

↓ そのひとりが、2002年卒の荒井祐輝さん(98F生)。北海道岩見沢市でワイン用ブドウを栽培し、「美流渡(みると)」という生産者名でワインを造られています。
IMG_0554

↓ 今回、荒井さんからご案内をいただいて、購入したのは「宵の明星」というワインです。生産本数は、わずか346本。とても上品な白ワインで、ラベルも素敵です。
IMGP6889 のコピー

↓ 荒井さんのワインは、岩見沢市の「10Rワイナリー」で委託醸造されたものです。
昨年、法学部の共同研究合宿で視察させていただいた醸造所です。
IMGP6589

↓ ところで、1月13日には学生部主催の「フランス食文化講座」が開催されます。
法律学科卒業生の藤森二郎さんがフランスの伝統菓子やパンについて、そして私がフランスワインについて講演をいたします。
まだ申込中ですので、ぜひ学生部宛メールで申込のうえ、ご参加ください。
20

(K・E)





↑このページのトップヘ