明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:ロースクール

グローバル法学科2年の学生たち10名が留学しているアデレード大学の英語学習センターとロー・スクールを訪問してきました。
全員、とても元気でイキイキしていました。アデレードでの勉強と生活を満喫しているようです。英語学習センターの先生方とスタッフのみなさんには、学生たちの学習意欲・態度・成果を高く評価していただきました。「彼らのためにベストをつくす」とおっしゃっていただきました。​
①英語学習センターでの集合写真

再来週からはロー・スクールでの授業が始まります。いま英語学習センターで受講している授業「法学学習のための英語」は、ロー・スクールでの勉強内容をふまえた内容になっています。​
②授業風景

ロー・スクールでの授業のご担当の先生(公法・比較憲法がご専門の Conelia Koch 先生)は、授業で勉強したことをさっそく使ってみる、そのことで何をどのように勉強すべきかをつかんで欲しい、というねらいで授業内容を組んでくれています。国際法のセッションでは、模擬裁判(Moot Court, 架空の事案を与えられて原告・被告の立場にたって弁論する)でロー・スクールの現役学生チームとの対戦も予定しているとのことです。専門的な内容の問題で、しかも英語での弁論の準備はとても大変だと思いますが、Koch 先生や有志のロースクールの学生たち(20名)のサポートもありますので、元気に乗り切って欲しいです。応援しています!​
③アデレード大学ロー・スクール?????

グローバル法学科 国際法担当  鶴田 順

本日9月28日秋学期初めての留学準備講座が開かれました。今学期は一期生である2年生が留学に出発し(残るはリバプール組のみ)、二期生である1年生のみの準備講座となります。

今回は、実際に留学先にいる二年生の紹介からはじめました。
先ず、 を投影しました。はじめて見た人も結構いたようです。今後のアップしていくので留学先情報を仕入れるため定期的にチェックしてください。 

続いて、すでに約一ヶ月留学しているACU、UWM、カルガリーの学生からのメールの抜粋スライドを投影しました(匿名で、個人情報に及ぶ部分は割愛しました)。授業がどのように行われているのか、大学生活(留学先の部活動に参加している学生もいます)など、留学している本人達の言葉で綴られています。じっくり読み込んでいたようです。

その後、「夏休み中に留学準備のためにやったこと」を課題にグループワークしました。
wq34zZ+WTeqrXU6vZ8Vv5w
GBujptktSweOdPqiqIDaDQ
0MjlXwt%R2yTOMl7b5TSKg
mwEhLRdaRcu%zKYVgmsj5A
留学先を調べた、英語能力検定のテキストで自習した、字幕を使わずに映画を見た、アルバイト先で英語を使うようにしたなど、いろんな取り組みを各班の代表が報告しました。

第二部は、法学部法律学科卒業生で卒業直後アメリカのロースクールに留学され、大企業の法務部や起業段階にある企業で知的財産権関係のお仕事をされてきた酒井順子さんに講演いただきました。
F6dizB5aTzmDnHqcWfiilA
二度のロースクール留学の目的と実際、二つのロースクール留学の違い,今のお仕事と留学で得たことのつながりを分かりやすくお話しいただきました。
学生から、知財に興味があり、その分野での企業法務と弁護士の役割・関係について質問があり、日本とアメリカの違い、ご自身の経験を丁寧に返答いただきました。

第3部は、法学部消費情報環境法学科卒業生で海外青年協力隊として2年間モルディブで学校での音楽教育に携わった石田一成さんからお話しを伺いました。石田さんには昨年の準備講座でもお話しいただきました。
mvkTXX8eRFugOfSKatV+BQ
 モルディブという国にあまり馴染がないこともあってか、沢山の質問が出て、食文化やイスラムのラマダンのお話しなども伺うことができました。

PaVzvf9GQh2qZ8j4vZsCrA
帰りに遠望橋からの富士山がきれいだったので、石田さんを含めその場にいた人全員がスマホを取り出し撮影しました。久しぶりにここから富士山を撮ったと横浜キャンパス時代を懐かしがっていらっしゃいました。

丁度この夕刻、羽田空港にアデレード大学に出発する2年生が集合していました。
IMG_5019改
無事出発し、22:30現在大島上空を飛行中との情報が蛯原先生からありました。
IMG_3203
あ、蛯原先生は飛行機には乗っていません。アプリ、Webサイトで個別の飛行機がどこにいるのか確かめることができるようです。先生から教わって,カルガリー便が到着したのを確認してから床についたのを想い出しました。経由地のシドニー到着は日本時間の朝のようですね。




 

先日、大手町のパレスホテルで、日本の第二東京弁護士会(二弁)とフランスのパリ弁護士会が主催する国際セミナー「インターナショナルキャンパス」が開催されました。

IMG_4951

国際商事裁判と国際仲裁のセッション
IMG_4950

ワイン法は第6セッション。
2日間のセミナーの「トリ」をつとめさせていただくことになりました。
モデレーターの金塚さんはフランス系弁護士として大活躍中。最近、朝日新聞の記事でも取り上げられていました。
IMG_3154

そもそも、弁護士会の国際セミナーで、ワイン法のセッションが置かれること自体異例なのですが、ワイン法に興味をもつ弁護士さんが多くて驚きました。法曹界では、私の予想以上にワイン法への関心が高まっているようです。
20190920_154407

フランス側の発表者は、マンデル弁護士とモラン弁護士。マンデルさんは、私と同じく、国際ワイン法学会の理事。モランさんは「自然派ワイン」の著書を出版されています。
20190920_161802

ワイン法のセッションの後には、ワインのテイスティングも。
モランさんオススメの(?)自然派ワインです。
IMG_4959

セミナー後の打ち上げパーティーは、広尾のフランス大使公邸で。
IMG_4960

駐日フランス大使のピックさんのご挨拶。
IMG_4967

今回の弁護士セミナーでは、たくさんの弁護士さんとお会いすることができました。

その中のひとり、牛島総合法律事務所の山内弁護士。学生時代に、横浜校舎で私の憲法の授業をとっていたそうです。2006年に法律学科を卒業、別の大学のロースクールに進学、司法試験に合格して弁護士に。昨年、アメリカ屈指の名門校コーネル大学のロースクールを修了し、現在は第二東京弁護士会の国際委員として活躍中。

フランス大使公邸で、十数年ぶりに再会することとなりました。
20190920_210631

かつての教え子が、弁護士としてグローバルに活躍していることを知り、とても嬉しく思いました。

早稲田大学大学院法務研究科進学説明会を開催しました

 

6月21日(金)に白金キャンパスにて「早稲田大学大学院法務研究科進学説明会」が行われました。

 

当日は、早稲田大学大学院法務研究科教授の山本研先生がお越しになり、様々なお話をしてくださいました。

 

早稲田大学大学院法務研究科教授 山本研先生

 

法科大学院の説明に始まり、法科大学院からの主な進路など、具体的な事例を含めてご説明いただきました。

 

 

早稲田ロースクールについての紹介では、これまでの実績、施設等に加え、アメリカの協定校への

留学なども詳しくご説明いただきました。

 

中でも入学者選抜方法や、奨学金制度などに関する具体的な説明を、

熱心にメモを取る学生たちの姿が非常に印象的でした。

進路に悩む学生たちの後押しとなったのではないでしょうか。

 

多くの学生たちが集まり、大盛況のうちに幕を閉じた説明会となりました。

この機会にぜひ、法曹資格取得を目指してください。

 



〜法学部ニュースから転載

 

来年秋学期の留学に向けて、オーストラリアの2つの協定校を訪問し、打ち合わせを行いました。

最初の訪問先は、アデレード大学です。
先月、同大学のDavid Ottawayさんが来校され、横浜校舎で説明会を開催しました。

英語の授業は、アデレード大学のELCで行います。
目抜き通りのビルの中にあり、アクセスは抜群。
01

02

アデレード大学のメインキャンパスまでは徒歩5分程度。
04

グローバル法学科の法学の授業は、こちらのロースクールで開講されます。
地下にはローライブラリーがあります。
03

図書館の本館。伝統と歴史を感じさせます。
05

アデレード大学の国立ワインセンター。
オーストラリアにおけるワインの歴史を学ぶことができます。
06

オーストラリアでは、どちらの大学に留学してもホームステイになります。
アデレードの郊外には住宅地が広がっています。
07

Ottawayさんの説明でも言及されていましたが、郊外のビーチでは綺麗な夕陽を見ることができます。
ぜひ映える写真を撮ってください。
08

(K・E)





↑このページのトップヘ