明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

タグ:一般入試

8月1日から明治学院大学法学部Webオープンキャンパスを開催(公開)しています。

頻繁に学部の学びや入試に関する記事や動画をアップしていますが、例年入試やオープンキャンパス関係の記事はこのブログにアップしてきたこともあり、こちらでにも再掲していこうと思います。

こんにちは。受験生向けサイト「明治学院大学法学部Webオープンキャンパス」がオープンしました。

Webオープンキャンパスと連動して、法学部の入試情報、学部学科の学びや学生生活など、明治学院大学法学部をみなさんに知っていただくための簡単な記事をキャンパスの写真とともに上げていきたいと思います。

先ず、第一回目の今日は、「法学部の特別入試」を取り上げたいと思います。10月、11月に実施される,指定校推薦入試、系列校入試,自己推薦AO入試のことを明学では「特別入試」と呼んでいます。「一般入試」の対立概念ですね。法律の分類概念として「一般法」と「特別法」というのがあるんですが、一般法というのは対象や範囲を限定しない法であるのに対し、特別法は一般法と比較して対象や範囲を限定した特例を指します。高校卒業見込み等の資格があれば誰でも受験できる一般入試と比較して出願条件に限定がついた入試が「特別入試」です。最近は、秋入試と呼ばれることもあるようです。

さて、法学部各学科の特別入試の実施状況は以下の通りです。

「指定校推薦入試」「系列校入試」については、各高校に入試要項が配布されます。明治学院大学の指定校となっているか、どの学科に出願可能か,出願資格など、詳細は、通われている高等学校・中等教育学校にお問い合わせ下さい。

「自己推薦AO入試」は、消費情報環境法学科、政治学科、グローバル法学科で実施します。受験生が書類作成から出願までをおこなう積極的な姿勢が必要な入試になります。いくつかに分けて見ていくことにしましょう。

1.出願資格・二次試験科目

出願資格・二次選考試験科目は、学科によってかなり異なります。違うところを中心に見ていきましょう。高校卒業見込み等の大学受験資格および合格した場合の入学確約は共通するので割愛します。

A.評定平均値
消費情報環境法学科 3.2以上
政治学科 3.5以上
グローバル法学科 なし

B.固有の出願資格
消費情報環境法学科 なし
政治学科 地域社会または海外で、自発的であり、かつ単発的ではない社会貢献活動(ボランティア活動または地域活動)に優れた実績を持つ者←活動を説明できる人(4親等以内の親族および通っている(いた)学校の教員を除く)から「推薦状2通」が必要。
グローバル法学科 1.海外の現地の教育課程の正規教育機関に2年以上在学し、海外経験豊富な者、2.国内の外国人学校の高等学校等と同等の課程に3年在籍・卒業見込みである者、または、3.指定の英語能力試験の合格・スコア(英検2級相当)等の要件を充たすあるいは英語平均評定4.2以上の者

C.二次選考試験科目
消費情報環境法学科 「小論文」「英語」「面接」
政治学科 「面接」
グローバル法学科 「小論文」「英語」「面接」

まとめると、政治学科は社会貢献活動経験者に絞ったユニークな入試、グローバル法学科は英語力を重視した入試、消費情報環境法学科は志望動機と基礎学力を重視した入試と言ってよいかと思います。

2.選考手続

自己推薦AO入試は、二段階の選抜方法をとります。出願→一次選考(書類選考)→一次選考合格発表→二次選考出願→二次選考試験→最終合格発表→入学手続です。今年度2021年度入試の日程です。

AO入試では志願理由書等の提出が必要で、志願理由書等は、第一次選考で重視されます。なぜ明治学院大学の当該学科を志望するのか、高校まで自分が何をやってきて大学でどんなことを学びたいのか、を是非真剣に考え、読み手に伝わるよう文章を自分でよく推敲するとよいでしょう。

「小論文」「英語」の学力試験を実施する消費情報環境法学科、グローバル法学科では、当然ですが、試験の結果が重視されます。過去問を入手して、十分に備えましょう。過去問は、過去問ダウンロード(入学案内)からダウンロードできます。

3.データ

昨年度のデータです。数字は、左から、定員、倍率、志願者、第一次選考通過者、最終合格者です。

自己推薦AO入試は、当該学科が第一志望で、出願資格を充たすみなさんには是非活用して欲しい入試制度です。

現在、大学Webオープンキャンパスで明治学院大学の入試制度動画が公開されています。


12月も半ばとなり、大学入試センター試験まで1か月、年が明けると私立大学の出願が始まります。
w9Mkr07DR6W7tKmAUBjBYA
明治学院大学の出願期間は、
大学入試センター利用入試  1月6日(月)〜1月17日(金)
一般入試全学部日程・A日程  1月6日(月)〜1月20日(月)
です。
詳しくは、入試要項(リンク:入試情報のページ)をご確認ください。

本日は、入試情報ブログに掲載された法学部生の合格体験記を転載します。
とても明晰な分析・適切なアドバイスです。是非参考に。

2019.12.09
こんにちは!入学インフォメーションです。 
寒さが身にしみる日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。 
年明け1/6(月)からはWeb出願の受付がスタートします!

本日は、2019年度 一般入試A日程で合格した明学生(法学部グローバル法学科1年)の
合格体験記をお届けします!

ぜひ参考にしてみてください。
 

Q1. 明治学院大学の受験を決めた理由、そして現在の学科を選んだ理由は? 
 将来の職業として法曹を目指しているので、受験では法学部を中心に受験しました。また、高校時代に経験できなかった留学をしたいという思いもあり、各大学の留学制度などもチェックしていました。ちょうど、夏休み明けに明学のグローバル法学科では法律も学べて、留学もできることを知り、これだ!と思い受験を決めました。

 みなさんもご存じのようにグローバル化が喧伝されているなかで、入試でも盛んに4技能などと言われています。長期的なスパンで見た場合、やはり英語能力は必要なのではないでしょうか。英語の知識を前提として動く世の中が来ないとも限りません。もちろん法律の知識は他大学の法学部でも学べます。しかし法律にかかわる職種でも海外企業との契約を英語で締結する、外国人観光客が日本で犯罪に巻き込まれて法的な支援を必要としているなど、英語能力は必要とされています。英語と法律の融合そしてその知識を活かすためのコミュニケーション能力が求められているのかもしれません。

 もちろん受験時にそんな難しいことを考えている余裕はないかと思います。英語が学べる、留学できる、法律の知識が学べるという今の気持ちを大切にして受験するのも1つの方法だと思います。

Q2. 一般入試を受けるにあたって、対策したことは? 
  まずセンター試験ですが、過去問対策に力を入れました。特に社会系は似通った問題が出ることもあり、基礎知識の定着にもなるので追試分も含めて取り組むことをお勧めします。国語などもセンター試験独自の問いの出し方、答え方があると思うので、時間との兼ね合いでこれも取り組んだほうがいいと思います。さて英語ですが、センター試験の英語は難しいと感じる人もいるとは思いますが、私立大の英語のほうが難しいです。センター試験の英語ばかり解かず、第一志望の私立大の英語過去問から離れすぎないように注意してください。 

 次に一般入試ですが、センター試験後から対策するのでは間に合いません。とりわけ明学は英語試験に英文エッセイがあるのでセンター試験と並行して進めることを強くお勧めします。学校の先生、塾、予備校の先生に添削してもらい、英作文のパターンを身につけて、問題に応じてデフォルトの型に当てはめるということができれば心強いです。ひとつ覚えておくと良いのは、エッセイなどで必ずしも本当のことや正しいことを書く必要はありません。大学側が見ているのは論理が通っていて、正しい英文が書けているかです。自分の思っていることを素直に書いても良いと思います。

 冒頭でもふれましたが、最後の追い込みをかけるなら社会科目でしょうか。現役生のみなさんは模試で浪人生の圧倒的な社会科目の知識量に驚愕しているかもしれません。しかし当日まで顕著に伸びるのが社会系科目や英単語などの暗記系だと思います。教科書、過去問、一問一答に取り組み続けましょう。

 Q3. 最後に、受験生へメッセージをお願いします!  
 この時期、受験生のみなさんは学校の先生、塾の先生、親、先輩、、いろいろな人からいろいろなことを言われると思います。誰が正しいというのはないと思います。それぞれが自分に合ったスタイルを見つけてその方法を貫き通すという勢いで、ブレずに受験当日まで勉強し続けてください。
 そしてセンター試験直後にあたかも受験から解放されたようになる人がいますが、私大受験の方にとってセンター試験後ほど大切な時間はありません。センター試験1日目の帰りの電車で単語帳!という意気込みで本気で勉強して少しでも希望する進路に近づきましょう。応援しています。

 

   

2020年度の大学入試センター試験、一般入試(全学部日程,A日程、B日程)についての入試要項が公開されました。
 
ご確認ください。
出願はWeb出願となります(紙の入試要項はありません)。

東京では暑い日が続いていますが、入試シーズンに入ったことを実感します。現在大学入試センター試験の出願期間でもあります。
RYRzqLMzQp+pYrHZZE5T1g
gakI%lfUSK60ueruyN3yIQ
白金キャンパスの銀杏が実を付けはじめました。火曜日の写真です。
そう遠くない時期に鮮やかな黄色の並木を見ながら登校することになるでしょう。

受験生のみなさん、頑張ってください。



 

今日は暖かかったです。陽射しも明るくなってきました。
oHrgw%3KQwCnPpaP93IC+w
記念館の煉瓦の色も春らしくなってきました。考えてみれば冬至から約2か月、太陽の南中高度、日出から日の入りまでの時間などは10月に相当するはず。明るいわけです。

2月入試が終わり、明後日20日にA日程後半の合格発表があります。
その前日、明日19日がB日程(3/2(土)実施)の出願締切になっています。Web出願です。
出願受付サイト(UCARO)リンク

調査書、写真などが必要書類があれば、23時までネットで出願登録、19日中にクレジットカードあるいはコンビニ決済、19日消印で必要書類郵送で出願できます。
 

本日、A日程入試1日目、法律学科の入試がありました。春を感じる快晴で日中は暖かく感じました。
受験されたみなさん、ゆっくりお休み下さい。
記念館桜田通過ら
 桜田通りから明治学院記念館。
LX556uXKQ+KxDoE9UPw6bg
 朝からご覧のようなよい天気。朝は東側にある高層マンションの関係で歴史的建造物群のあたりは日影に。
kX6SkaNLQZmeMd0ip%UWew
 朝の本館入口。なお、入試期間中受験生は正門からのみ入場可能です。
pzYrqthcRbmgCDbuQwpnLA
正門付近から見た白金キャンパス。受験生はチャペル前の坂から試験会場に向かうことになります。
明日、消費情報環境法学科,英文学科,国際経営学科、社会福祉学科の試験があります。
受験されるみなさん、頑張って下さい。 

↑このページのトップヘ