明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:全員留学

7月13日午後今年度第3回留学準備講座が開かれました。
IMG_2028
当日午前11時から横浜キャンパスで、まもなく海外留学に出発する2年生の保証人の皆様向けに、カリキュラム留学についての説明会を開催しました。あいにくの雨でしたが、多くの保証人にご出席いただきました。まず、事前にいただいたご質問に対して、旅行会社(JTB)の担当者および高橋学科主任から回答・説明し、質疑応答を含めて1時間あまりにわたって全体の説明会を行った後、留学先の大学ごとに分かれて個別のご質問にお答えする形で、保証人の方々と情報を交換しました。  
保証人の皆様のご関心の高さとご心配に接し、改めて情報共有の重要性を認識いたしました。後日、当日の配付資料と全体説明会の記録を保証人の皆様にオフィスからお送りする予定です。 

1年生の「留学準備講座1」

第1セッションは、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校UWMから日本に留学中の学生Calvin Tungさんから、UWMについてのお話しを伺いました。年齢が近い学生さんがスピーカーだったためか、たくさん具体的な質問がでました。
IMG_2058
IMG_2066

第2セッションは、卒業生(英文学科)でNGO「国連UNHCR協会」でご活躍の鈴木夕子さんのご講演。当該協会の難民救護活動、NGO職員になるためにはどのようなステップを踏む必要があるのかなどクイズを交えながらお話しいただきました。質疑応答が終わった後も個別に鈴木さんに質問する学生も見られました。

第3セッションはグループディスカッションで、今日は早めに切り上げて2年生の教室に合流しました。


2年生の「留学準備講座3」
いよいよ最後の準備講座となりました。

留学中各自で備えなければならないリスクである薬物と性について、医学的観点から健康支援センターの保健師さんから、法的観点から国際法の鶴田先生と東澤先生からレクチャーがありました。薬物依存のメカニズムなど神経組織の構造や報酬系伝達に触れながら、かつ分かりやすい解説で、学生も真剣に聞いていました。
IMG_2040
IMG_2085
JTBからの説明
航空券や詳細な旅程表が配付され、携行品、海外送金の方法、スマホの利用など具体的な説明、情報提供を受けました。
IMG_2092
次に2教室に分かれて、大学毎の旅程等の確認、保険証券や保障の確認、安全情報サイトへの登録などを行いました。
IMG_2100
再び912教室に集合し、申先生から先生作成の「留学のてびき」をつかって、諸注意や留学中の課題(3回提出)、緊急時及び各種連絡先の確認などの説明がありました。その後各大学毎に詳細情報、FAQ、留学先からのカリキュラム等の情報を確認しました。
IMG_2122
最後に、1年生が同教室に合流し、2年生が各大学毎に前に出て留学に向けた意気込みを語る催しをその場の雰囲気でやることになりました。
IMG_2142
IMG_2147
IMG_2155
IMG_2165


 

出張型オープンキャンパス「One Day Campus」が今年も7月の各日曜日に、仙台、静岡,札幌、福岡の順で開かれます。
72ea58f3ccebb1dee0ebbe46790c9817-1024x384
大学説明、入試説明、有名英語講師寺島よしき先生(明学英文学科卒)による英語対策特別講座に加え、
地元出身の明学生がトークライブを行い、個別相談コーナーで来場者のみなさんのご質問にお答えします。
7a46bfe433fca9d993fb6918a4e78d70-1

IMG_8561-1-1024x768
仙台のワンデーに参加する学生さん達(明治学院大学入試情報サイトより転載)
入試情報サイトにワンデーキャンパス仙台のブログ記事が載っています。
スクリーンショット 2019-06-17 7.22.17
法学部からはグローバル法学科2年鎌田千景さん(仙台二華高校出身)が参加します。
鎌田さんはこの秋から留学することになっており、学科での留学準備などもお話しするとのことです。
写真は、グローバル法学科サイトの「バル法在学生の声」から転載しました。

鎌田さんは、昨年のワンデーキャンパスにも参加しました。鎌田さん、当日参加する英文学科1年渡辺さんの出身校仙台二華高校は、宮城県第二女子高校という名称でしたが、明治学院大学の教員に知る限り出身者が2名います。
明学法学部40名ちょっとの専任教員の内、宮城県の高校を卒業した者が4名(上記2名の内1名を含む)、住んでいたことがある(仙台にある大学の学生・教員であったなど)ものも含めると9名はいます。福島、岩手を含めると高校卒業生が7名、居住歴者が13名はいます。

例年,福島,岩手、山形から参加される方もいます。
ご来場をお待ちしております。
 

6月になりました。本日、グローバル法学科の留学準備講座が行われました。

1年生の「留学準備講座1」
第1セッションは、留学先協定校ダブリン・シティ大学(DCU)のTonyさんからアイルランドとDCUについての説明を伺いました。途中からDCUに留学が決まっている2年生が合流して質疑応答が行われました。このセッションのリアクションペーパーは英語で提出でした(写真はありません)。
kQY%PSKESbGBe9ys5Ek4Vg

M80dpyhARPStuITWgFC%Aw
第2セッションは、本学名誉教授佐藤アヤ子先生のカナダ社会・文化についてのご講演。
カナダの多文化主義政策について日本との比較の視点から学生からの質問、問答が行われました。
dXgoD+NgTXS2mfRCn4%1yA

YApngB7%RvS9zcni4pJ4%Q
第三セッションはグループディスカッション。グローバル社会で関心がある問題と学びを深めるためにどのような準備が必要かについて意見を出し合いました。
qqrZaLt8SEGbYn3YB8aeIQ

dOLCEyd5SIKbLopvYDi%mg
cl122b2hQaWugmXTV+1HjA
D3YOl%bPS16k7BNkd5FBAA
グループで出た意見を代表がまとめて報告します。
移民、貧困、領土、性差別、人権、気候変動、プラスティック汚染など様々な問題への興味関心が示されました。
O62xuZ6JQcuwifZmpAiQ6Q
今日は初めて8号館の並んだ教室で1,2年生の準備講座が行われました。
写真は8号館2階の中庭。国際学部の事務室や研究室がある建物です。

2年生の「留学準備講座3」
いよいよ早い大学は2か月後に出発です。
IMG_4422
IMG_4420
第一セッションは、留学先毎に政治・法制度、お金・物価、食事、留学に必要な準備、文化事情などについて、2〜3名グループでレジュメに基づく報告をしました。
IMG_4426
IMG_4433
IMG_4435
第2セッションは、留学オフィス・スタッフの吉谷さんから留学時に気をつけるべきことについてのプレゼンテーション。英語のスライドと英語でのお話しでした。吉谷さんは明学国際学部の卒業生で、学生時代に交換留学生としてアメリカ・カリフォルニア州にあるカリフォルニア大学ロサンゼルス校UCLAで9か月学びました。その時のご自身、友人の実話に基づく大変重要なお話しでした。
途中で吉谷さんがイミグレーション職員役となり通関での問答シミュレーションを行いました。協力してくれた学生さん達のおかげで楽しく正しくポイントを学ぶことが出来ました。

第3セッションは、留学中の課題、ゼミの出願手続、帰国後の報告会、TOEFLなど今後の予定・手続等について申先生から説明がありました。

次回準備講座は7月13日になります。2年生にとっては最後の準備講座です。










 

いよいよこの夏からグローバル法学科のカリキュラム留学がはじまります。

本日は、オーストラリアン・カソリック大学(ACU)メルボルン校の留学説明会が開催されました。
02

ACUのルイーズさんによる留学プログラムのプレゼンテーション。
同大学への留学が決まった2年生のほか、先月入学した1年生も参加。
DSC08473

メルボルンの街の紹介
DSC08470

ルイーズさん、ACU留学予定の2年生、バル法の先生方との記念撮影
スクリーンショット 2019-05-14 19.59.22

キャンパスの前を走るトラム
DSC07734

8月下旬から1月末までの留学期間は、メルボルンのベストシーズン。
1月20日に開幕する全豪オープンも観戦できそうです。
DSC07760







 

グローバル法学科は留学科目が卒業要件で、全員留学することになります。
海外に出るには、パスポートの取得が必須です。2年生は今週パスポートのコピーの提出期限がありました。1年生でパスポートを取得していない人は早めに取得しましょう。取得している人も、留学期間中あるいは直後にパスポートが切れる場合は手続が必要になります。有効期限の確認を。 

私事ですが、パスポートの手続に新宿に行ってきました。
pz3xrd2oSfiLU8cJ5Ovqcg
旅券(パスポート)の申請は、原則住所のある都道府県の申請窓口で行います。
東京都の窓口は、現在、新宿、池袋,有楽町、立川の4箇所です。オフィスアワー、必要書類等の詳細は、東京都生活文化局のパスポートのページ(リンク)から確認出来ます。

新宿の窓口は、都庁の目の前、都議会議事堂の地下にあります。
10連休明けで混んでいました。申請の際は時間に余裕を持って行った方がよいようです。

 

↑このページのトップヘ