明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

タグ:国際環境法

少し前になりますが、2月20日水曜日、アレセイア湘南高校1年生のみなさんが横浜キャンパスで大学の授業・キャンパスを体験する企画がありました。アレセイア湘南高校では英語教育や国際教育に力を入れているとのことで、国際・グローバル系の学科の教員・学生が中心に模擬授業やグループディスカッションのサポートをしました。
IMG_0755
まずは7号館の超大教室720に集合。渡辺副学長(法学部租税法)の挨拶。
IMG_0761
学科ごとの教室に移動。
IMG_0766
 グローバル法学科では、鶴田先生と一期生の3名(内1名はアレセイア湘南高校出身者)が参加。
IMG_0764
 鶴田先生から気候変動を中心にした環境法の問題をレクチャー。
 計算レク
午後のセッション 学生が、「今のペースで温室効果ガス濃度が上昇すると、いつごろ地球の平均気温が1.5度上昇に到達するか」を計算して、生徒さんに説明しているときの写真です。
メリッサさんチーム
石田君チーム
少人数のグループに分かれて、学生のサポートでグループディスカッションをおこないました。

参加したみなさん、いかがでしたか?

(写真は高橋先生及び鶴田先生撮影) 

鶴田先生が「マイクロプラスチック問題」について書かれた評論が、大学広報が展開しているMG+(リンク)で公開されています。

明治学院大学の学生・教職員に配付されている学内広報誌『白金通信』(昨年12月発行)に掲載されたものです。

スクリーンショット 2019-02-13 22.41.05
先生のご専門は国際海洋法、国際環境法です。グローバル法学科教員メッセージ(リンク)
マイクロプラスチックは私達の普段の消費生活から環境中に拡散され、地球上の水域全体で、生物・生態系に影響を与えています。それにも関わらず人間社会の対応がほとんど進んでいない、あるいは未規制と呼んでいい状態が続いています。

上記リンクから閲覧できます。
是非ご一読下さい。

 

↑このページのトップヘ