明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:学会

10月も下旬に近づき、冷たさを感じることも多くなってきました。大学の後期授業も5週目に入りました。この時期学会の大会が開催されることが多く、先週末私法学会に行ってきました。仙台にある東北大学が会場でした。
LAeR4n8pTIGbUVonvWT9cw
東北大学川内キャンパス 法学部をはじめ主に文系の学部があるようです。右手に見える建物がシンポジウムの会場でした。昔は川内記念講堂と呼んでいた建物です。仙台の音楽ホール一つとして知られていてとコンサートによく使われていましたが、報告もとても音の響きが良かったです。地方の国立大学らしい広大な敷地に緑が映えきれいでした。
LrMmAhawQL+i6SW24NFwoA
東北大学の川内キャンパスは、仙台城(青葉城)の二の丸跡地にあります。上の写真右手の石垣の中はキャンパスで、さきほどの講堂もここに建っています。写真中央は、仙台城に残る唯一城郭らしい建物である隅櫓。隅櫓の奥に大手門があったらしく、本丸は、青葉山の頂上付近にあります。東北大学の理学部工学部はこの青葉山の中に広大なキャンパスを持っています。
8Hv9PHdRREC0Ge7p2KK5aQ
東京より若干気温が低いためか、樹木の種類によっては紅葉が始まっていました。
Hclox5ZhQEaQ7Gn+UgEwRA
仙台城の堀 本丸は平山城で自然の渓谷と広瀬川で平地から遮断されているおり、この堀は三ノ丸を囲むものです。この右上には日本フィギュアスケート発祥の地といわれている五色沼(これも堀の一部のようです)があります。宮城からオリンピックフィギュアスケート金メダリストが二人でたのはこの文化と無縁ではないかもしれません。

明学法学部の専任教員は40名程度なのですが、宮城県の高校を卒業した者が4名おり、仙台に居住したことがある者が知る限りこの他に5名います。出身の明学生も結構多く、明学法学部に縁のある土地といって良いかと思います。私事ですが、高校3年間この川内にある高校に通っていました。

2月1日におこなわれる明治学院大学一般入試全学部日程は、仙台でも受験できます(会場は、このほか札幌,静岡、福岡、白金・横浜キャンパス)。





5月は、春の学会シーズン。久しぶりにフランス・ブルゴーニュで学会発表をする機会に恵まれました。

European Association of Wine Economists(EUAWE:ヨーロッパワイン経済学会)の開催地となったBurgundy School of Businessディジョン校。同校では、英語でワインビジネスの教育が行われています。
IMG_0296

2015年のドイツでの発表と同じく、今回も経済学科主任の大村先生との共同発表。
スライドは大村先生と二人で作成し、プレゼンテーションは私が担当しました。
05-26 3

ちなみに、発表テーマは「Evolution of Japanese Wine Market and Wine Law」。
英語での学会発表ははじめての経験でした。
59

経済学の学会なので、法律系の発表は少ないのですが、興味深かったのは、イタリアの発表者によるEU競争法とワイン法の関係に関する発表。ワイン産業については、多くの例外が認められていることがよく理解できました。
IMG_3870

ワインビジネスの教育を行っているだけあって、校舎内には立派なワインセラーが完備されていました。
IMG_0267

ディジョン市によるレセプション
DSC07635

もちろん、ぶどう畑での研修もプログラムに含まれていました。
IMGP0147

グローバル法学科では、全教員が英語で授業を行う「Global Legal Studies」が開講されることになっています。今回の研究の成果は、学生のみなさんにも還元していきたいと思います。

(K・E)





↑このページのトップヘ