明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:憲法

明日からオーストラリアン・カソリック大学(ACU)では、グローバル法学科生のロースクールでの授業がはじまります。
現地のロースクールでオーストラリア法を学ぶ約1か月間のプログラムが用意されています。

オーストラリアには数多くの日本人が留学したり、ワーキングホリデーなどで滞在していますが、法律を学びに来ている人は多くはないようです。
かくいう私もオーストラリアの法制度についてはほとんど勉強する機会がなかったため、今回の滞在では図書館通いがメインとなりました。

ビクトリア州立図書館。1月1日はお休みですが、2日から平常通り使うことができます。
ほとんど毎日開館しているので、とても助かります。
IMG_6076

閲覧室
IMG_6080

こちらの閲覧室は改装されていました。ゼミにも使えそうです。
IMG_6156

国会の議事録。
IMG_6086

ビクトリア州議会の議事録。
IMG_6085

オーストラリア法の加除式資料。Liquor Lawもあります。
IMG_6083

ビクトリア州の法令集。
IMG_6082

オーストラリアでは、一定の大きさ以下のCrayfishの漁獲を禁止する措置を州が定めることができるのかが争われた有名な事件があり、重要な憲法判例になっています。連邦憲法に州際通商は絶対的に自由であるという規定があるため、かつては、州が独自の規制を課すことは違憲であると考えられていたのです。
いったいどんなfishなんだろうかと思っていたのですが、図書館の近くのマーケットに行ったら売ってありました。これも現地で学ぶメリットです。
IMG_6117


今日7月4日は何の日でしょう。一つの答えは、アメリカ独立記念日=独立宣言Declaration of Independenceが公布された日です。この宣言を起草したのはトマス・ジェファーソンだといわれています。
Declaration-of-Independence-230x148
その中の有名な一文を引用します。
We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their creator with certain unalienable rights, that among these are life, liberty and the pursuit of Happiness.
(我々は、以下の真理を自明のことと信じる。すべての人は平等に造られ、彼らの創造主によって一定の奪うことのできない権利を与えられており、これらの権利には生命、自由、そして幸福追求が含まれる。)

日本国憲法第13条を想い出した人もいるでしょう。幸福追求とは何でしょうか。
このブログで紹介したブログLegal-Planetにファーバー先生が下記の記事を投稿されました。
Some Thoughts About “The Pursuit of Happiness(リンク)
67aa9ab9eb252789d9e82c6c536f8df6

この言葉が243年前に宣言されたこの日に考えてみるのはいかがでしょうか。

蛇足ですが、映画The Pursuit of Happyness(2007)(邦題:「しあわせの力」主演ウィル・スミス 因みに英題はスペルミスではありません)も個人的にお勧めです。San Francisco Bay Areaの風景も楽しめます。





 

定期試験まであと1か月。春学期の授業もそろそろ終盤です。

今年は、試験的にアクティブ・ラーニングを各授業で取り入れてみました。履修者が多い授業では希望者だけに限定しましたが、多くの学生が独自のテーマを選び、研究成果の発表に臨みました。

↓ EU法1(グローバル法学科)
DSC08487

↓ EU法1(グローバル法学科)
DSC08499

↓ 憲法1(グローバル法学科)
スクリーンショット 2019-06-23 0.28.19

 ↓ 憲法1(グローバル法学科)
スクリーンショット 2019-06-23 0.27.33

↓ 憲法1(法律学科)
スクリーンショット 2019-06-23 0.26.58

今回、アクティブ・ラーニングに取り組んだみなさんは、ぜひ「白金法学会論文賞」にも挑戦してみてください。

秋学期に入って、早くも3回目の授業となりました。

本日5限の憲法の授業では、来週の「国際ガールズデー」に関連して、グローバル法学科の女子学生2名が「女性の権利と平等」をテーマに、履修者の前でプレゼンテーションを行いました。
111

授業の復習的な内容(ちょうど日本国憲法14条の平等原則を学んでいるところです)からスタートし、女性の社会進出が著しく遅れている日本の現状を、諸外国と比較しながら鋭く指摘。
777

しかし、途上国などの女の子の状況は悲惨です。
444

そうした女の子たちの権利はどうやって守っていくべきなのでしょうか。
555

プレゼンの後半は、来週の「国際ガールズ・ウィーク」について。
222

女の子の権利の改善をめざして、各国でイベントが行われるそうです。
333

明学横浜校舎での実施内容は、ボランティアセンターのページツイッターをご覧ください。
666

プレゼンの後は、男子学生から質問やコメントが寄せられました。
888


↑このページのトップヘ