明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:政治学科

法学部サイトに学生によるゼミ紹介「ゼミ生の声」の新年度版が追加されています。

案内します。先ず、法学部サイトの「ゼミの紹介」ページ(リンク)に行きます。
スクリーンショット 2018-11-07 8.30.23
編集の都合で画像は全てPC版です。
それでは、今年は法制史の西田先生のゼミを使って説明します。教員毎(アルファベット順)にゼミの概要が書いてあります。このページの気になるゼミの教員明をクリックしてください。
スクリーンショット 2018-11-07 8.35.02
教員紹介のページ下段に飛びます。
スクリーンショット 2018-11-07 8.35.30
「ゼミ生の声」として年度毎のゼミ生の声が並んでいます。個人名だったりゼミ生一同だったりします。最新のものは一番下にあります。これをクリックしてみましょう。
スクリーンショット 2018-11-07 0.03.24
ゼミ、年度の拠って形式はいろいろです。西田先生のゼミは写真も沢山あって楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

来週14日に白金校舎でゼミオリエンテーション(説明会)があります。終了後教員との懇親会があります。
スクリーンショット 2018-11-07 10.03.47
軽食・ソフトドリンクも出ます。予約不要・会費無料です。


 

2018年度 第34回 法学部主催 法律討論会
 PA240051-300x225

2018年10月24日(水)午前10時30分から、アートホールで、第34回法律討論会が開催されました。今年度のテーマは、事前の学生アンケートの結果で得票数が1位となった、『満員電車の現状とその解消策』です。電車の混雑状況、それによる弊害、そしてその解決策について、さまざまな視点からの検討が行われました。

法学部3年生から、16チーム・合計46名が参加しました。オブザーバーの学生や先生方の来場もあり、活気ある会場となりました。

㉓

まず、チームごとに、持ち時間10分で、パワーポイントを用いたプレゼンテーションが行われました。満員電車の現状については、工夫を凝らした状況説明が行われました。満員電車による弊害については、痴漢被害や痴漢の冤罪、暴行・傷害事件、電車の遅延、人身事故の発生、病気の感染や心身へのストレス等による健康への悪影響など、いろいろな側面からの弊害が指摘されました。満員電車の解消策についても、テレワークの導入、時差出勤の実施、フレックスタイム制の利用、車両の長編成化、車両とホームの両方を2階建てにする、料金体系の変更、男性専用車両の導入、自転車やバス通勤の利用など、さまざまな案が提唱されました。

㉔①②③

その後、お昼休憩をはさんで討論が行われました。討論は、8チームずつ2グループに分かれ、1グループにつき40分の持ち時間内で、自由で活発な質疑応答、意見表明等が行われました。40分では足りないほどの白熱した議論が交わされました。

㉒

      ④⑤
⑥
⑦⑧

審査の結果、優勝(第一席)は今尾ゼミの「チームたけちよ」(天谷さん・小野澤さん・伊東さん)、第二席は今尾ゼミの「チームおみそしる」(大貫さん・郡司さん)、第三席は河野ゼミの「チーム河野4」(大川さん・狩野さん・坪倉さん)となりました。

入賞チームのみなさん、おめでとうございます!

⑨⑩
無題

⑪     ⑫
無題②       無題3

また、鋭い質問をした人に与えられる質問者賞が、畠山さん(福田ゼミ・「チームN」)、郡司さん(今尾ゼミ・「チームおみそしる」)、伊東さん(今尾ゼミ・「チームたけちよ」)に贈られました。
質問者賞を受けた皆さん、おめでとうございます!
⑬

無題④

   ⑭   ⑮   ⑯

最後に、サプライズ企画として、法学部の先生方が持ち寄ってくださったプレゼントを包んだお楽しみ袋についてじゃんけん大会が行われ、各チームがプレゼント品を受け取り、午後4時に閉会となりました。
   ⑰   ⑱

⑲    無題⑤

アートホールの会場設営、後片付けは、皆で協力して行いました。

皆さん、本当にお疲れさまでした!
無題⑦
⑳
㉑
無題⑥

今年の政治講演会には、立憲民主党代表の枝野幸男先生をお呼びし、「立憲民主党の目指すもの」をテーマに、主に政党の成立と解散の過程についてお話しいただきます!
7q9trpFBQK6MGc3daUQlQA
 

就活生の皆さん、最近時事ニュースに触れていますか?実は、時事の話は就職面接の質問ランキングで16位にランクインしており、アルバイト経験よりもよく聞かれるんです!それくらい学生の情報収集力を企業は重視しているということです。(参考:面接の質問「でた順」50 より)

しかし、就活を間近に控えていても社会や時事のことについて調べるきっかけがない、という方も多いのではないでしょうか?

就活生の皆さんだけでなく、高校生や社会人の皆さんも日頃のニュースで政治について疑問に思うことも多いと思います。その疑問を少しでも解決出来るような場を設けたいと思い、今回の政治講演会は企画されています。

当日は、枝野幸男先生に世の中のこと、政党のこと、立憲民主党のことを、政治を学んでいない人たちにもわかりやすい形でお話しいただく予定です。

皆さんが社会について知り、考えるきっかけの1つとして、足を運んでみてはいかがでしょうか?もちろん、政治についての知識があり、政治や立憲民主党についてもっと知りたい!という方も大歓迎です。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

日程 : 2018年11月2日(金) 開場10時、開演11時

場所 : 明治学院大学白金キャンパス3201教室

講師 : 立憲民主党代表 枝野幸男先生

政治講演会

以上 法学部サイトニュースから転載
 

政治講演会は、政治学科の学生が企画立案実施するもので、政治家を招いて白金祭の期間中(11月1日〜3日)に行われます。
a61b0773-s
 一昨年の政治講演会の様子

多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

 

法学部サイトの「ゼミの紹介」が11月に募集される来年度の「演習」「演習・卒業論文」の内容に更新されました。どのようなゼミが秋に募集になるか確認できます。
スクリーンショット 2018-10-16 23.52.12
「ゼミの紹介」 

ゼミのより詳しい方針や選考方法については、法学部生向けにポートヘボンに掲出される要項を確認して下さい。 今後、現在のゼミ生による「ゼミ生の声」も11月14日水のゼミ・オリエンテーションに向けて公開していく予定です。

政治学科の菅正広教授(マイクロファイナンス 教員紹介へリンク)が理事長を務める「グラミン日本」が9月13日に設立・事業開始し、多くのメディアで菅先生の記者会見が取り上げられました。
スクリーンショット 2018-09-15 0.06.16

日本記者クラブの会見リポート(リンク) 
記者会見の動画(YouTubeへリンク)

以下,プレスリリースから引用します。

 グラミン日本は、貧困や生活困窮の状態にある方々に低利・無担保で少額の融資(マイクロファイナンス)を行い、こうした方々が起業や就労によって貧困や生活困窮から脱却し自立するのを支援するマイクロファイナンス機関です。これまでの金融ではカバーされなかった人たち、たとえば働く意欲はあっても今は生活が苦しいシングルマザーやワーキングプアの人たちに、生活資金ではなく、「起業や就労の準備のためのお金」を融資します。

 グラミン日本は、開発途上国のみならず、欧米先進国でも貧困削減に一定の効果を上げているグラミン銀行の日本版として、日本の実態にあった方法で運営します。201789日に一般社団法人グラミン日本準備機構を設立して以来、約1年間準備を進めてきましたが、831日、東京都から貸金業登録の交付を受け、いよいよ913日にグラミン日本が設立、事業開始です。 
(引用終了)

 菅先生は、財務省のキャリア官僚として世界銀行などの国際機関でも活躍されていました。バングラデシュでグラミン銀行を構想し,成功させた経済学者ムハマド・ユヌス博士との出会いが先生をマイクロファイナンスの研究・実践に導いたそうです。

 菅先生は、明治学院大学で大学院「法と経営学研究科」での指導と、政治学科の基礎演習、ゼミに加えて,秋学期からはグローバル法学科の「世界経済の基礎」、来年春学期からは「国際金融の制度と政策1・2」を担当されます。いずれも「国際政治経済分野」の選択必修科目です。

↑このページのトップヘ