明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:模擬授業

オープンキャンパス情報です。夏のオープンキャンパスでは、学科毎のガイダンス・模擬授業が行われます。模擬授業は、学科の専任教員が学科の授業内容・雰囲気を直接伝えるイベントで、学科選択・大学選択の参考に是非活用していただきたいです。

その模擬授業の中から、本日は、8月23日に行われる政治学科主任池本先生の回を取り上げます。
rs20181108_0843

日時・場所:8月23日(金)11:30〜12:15 白金校舎2302教室
講師:池本大輔政治学科主任教授
テーマ:ポピュリズムとは何か。
内容・ポイント:アメリカでトランプが大統領に選出され、イギリスがEU離脱を決めるなど、最近世界の先進国では、ポピュリズムと呼ばれる政治的な動きが支持を集めています。ポピュリズムとは何なのか、民主政治や世界の将来にとってどのような意味を持つのか、この問題の第一人者と一緒に考えてみませんか。 

池本先生は、国際政治学・比較政治がご専門で、イギリスのEU政策が主な研究対象です。Brexitで揺れるイギリスのお話しも聞けると思います。池本先生の最近公開された報告書についての記事がこちらから読めます(リンク)ご参照ください。

ご来場をお待ちしております。 

6月8日土曜日、東京ビックサイトで開かれる「夢ナビ東京会場」で法学部グローバル法学科の高田寛先生(国際取引法)が講義ライブをおこないます。
img_message-hiroshi-l
夢ナビのサイトに高田先生のページが公開されています。先生のメッセージ動画も載っています。

講義ライブのテーマは「なぜ法律で科学技術を規制しなければならないのか?」
高田先生はエンジニア出身の法律家です。

5月27日から夢ナビのサイトで講義ライブの予約が出来るようです。
明治学院大学は、大学別説明ブースにも参加します。入試担当者がお答えします。

みなさまのご来場をお待ちしております。
 

こんにちは、バル法一期生の礒元メリッサ瑠奈です!

先日、アレセイア湘南高校の大学訪問で私を含むグローバル法学生3人が学生スタッフとして参加してきました!

開始前から不安と楽しみを持ちながらもいつもの調子で高校生を引っ張っていけたと思います。

[1]
thumbnail_IMG_4153 

普段も仲良しなバル法スタッフの桃花さんと射月くん


[2,3]

thumbnail_IMG_4163
thumbnail_IMG_4161
模擬授業では高校生に紛れて鶴田先生の授業に参加。学期中の授業と同じようにプリントに書き込みをしながら学びました!


[4]

thumbnail_IMG_4154
お昼の時間は、天気が良かったのでテラス席で鶴田先生と仲良くランチをしました!途中でアレセイア高校の先生もいらして、高校時代の話をしながら楽しい時間を過ごしました。



[5]

thumbnail_IMG_4162
模擬授業後は私たち学生がリードしながらグループディスカッションを進めました。授業内では温暖化に関する計算の宿題が出ていたので、文系の私たちは苦労しながらも高校生にわかりやすく説明をすることに必死でした(笑)


[6] 

thumbnail_IMG_4170
学生サポートを通して生徒から意見を引き出すことや、大人数をまとめながらキャンパスツアーをする難しさを実感しました。でもそれ以上に大学生活の魅力を伝えられたと思うので、とても良い経験になりました!

少し前になりますが、2月20日水曜日、アレセイア湘南高校1年生のみなさんが横浜キャンパスで大学の授業・キャンパスを体験する企画がありました。アレセイア湘南高校では英語教育や国際教育に力を入れているとのことで、国際・グローバル系の学科の教員・学生が中心に模擬授業やグループディスカッションのサポートをしました。
IMG_0755
まずは7号館の超大教室720に集合。渡辺副学長(法学部租税法)の挨拶。
IMG_0761
学科ごとの教室に移動。
IMG_0766
 グローバル法学科では、鶴田先生と一期生の3名(内1名はアレセイア湘南高校出身者)が参加。
IMG_0764
 鶴田先生から気候変動を中心にした環境法の問題をレクチャー。
 計算レク
午後のセッション 学生が、「今のペースで温室効果ガス濃度が上昇すると、いつごろ地球の平均気温が1.5度上昇に到達するか」を計算して、生徒さんに説明しているときの写真です。
メリッサさんチーム
石田君チーム
少人数のグループに分かれて、学生のサポートでグループディスカッションをおこないました。

参加したみなさん、いかがでしたか?

(写真は高橋先生及び鶴田先生撮影) 

今月は、2つの高校でグローバル法学科の出張授業をさせていただきました。いずれも、複数の卒業生がバル法に入学してきた高校です。

11月10日は、山梨県の甲府第一高校。
スーパーグローバルハイスクールにも指定されている伝統校です。
DSC07824

この日の出張授業は「グローバル化するワイン市場と山梨ブランドの可能性」がテーマ。
個人的によく存じ上げているワイン業界関係者の息子さんが2名もいて緊張しましたが、みなさんとても熱心に授業を聴いていました。質問もたくさんいただいて、大変有意義な時間でした。将来が楽しみです。
DSC07815


11月19日には、横浜市の横浜隼人高校での出張授業と説明会。
距離的に近いこともあって、多くの卒業生が本学で学んでいます。たとえば、昨年の「合格者座談会」で司法試験の合格体験談を話していた法学部卒業生も、出身校は横浜隼人でした。

冒頭で、入試センターのスタッフの方から、明治学院大学全体についての説明がありました。
DSC07834

その後、グローバル法学科のプロモーション動画と、横浜隼人高卒のバル法生が作ってくれたビデオメッセージを観ながら、学科の説明をさせていただきました。
DSC07839

そして最後は模擬授業。この日のテーマは「ワイン市場の法律学」でした。

ご存知のように「お酒は20歳になってから」・・・。でも、20歳になっても、自由にお酒が造れるわけではありません。その一方で、堂々と高校生がワインを造っている高校もあります。なぜでしょうか?
DSC07860

指定校推薦入試やAO入試は終わりましたが、年が明けるとすぐに一般入試の出願がはじまります。
受験生のみなさん、頑張ってください。



↑このページのトップヘ