明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:民法

3月最後、2019年度最後の日となりました。学生のみなさんは学年が変わります。大学広報のツイッターが卒業生・新入生への今日のメッセージをアップしていました。




明日からもう一つ変わるもの。法律学科の法曹コースがスタートします。無事届出が済みました。6つの法科大学院と一貫教育が始まります。
スクリーンショット 2020-01-08 13.24.41

明治学院大学法学部法律学科法曹コース(リンク)

最後にもう一つ。改正民法が施行されます。2017年6月におこなわれた債権・契約に関する改正(総則編、債権編が中心)、明日以降に結ばれる契約や事故などは新民法が適用されることになります。裁判実務的にはしばらくは旧法と新法が使い分けられる状態が続きますが。

この記念すべき日に、法学部から旅立つみなさん、法学部の一員となるみなさん、おめでとう。
 

12月14日土曜日午後,今尾ゼミ(民法)、黒田ゼミ(民法)、畑ゼミ(民事訴訟法)の合同ゼミが開かれました。
IMG_3688
同じ問題を各ゼミが事前に検討し、自分たちの解答を報告し、他のゼミから質問をする形式で議論していました。
IMG_3689
IMG_3693
IMG_3691
IMG_3695
適宜、教員がコメントを入れ、議論を整理していました。

法律討論会のように相手を理詰めで追い込むディベートとはことなり、それぞれが勉強している法分野からのアプローチを知ることで理解を深めていく、合同のゼミでした。

当日は、法律学科の特別入試合格者説明会も並行して開催され、説明会後のキャンパスツアーで4月からの新入生がグループ毎に短時間ですが、議論の様子を見学していました。かなり高度な議論をしていたので、おそらく多くの新入生には何のことだか分からなかったと思いますが、3年ちゃんと勉強すれば、理解し、議論に参加できるようになります。学習にはモチベーションと学習習慣が一番大切で、何かを感じ取って貰えたら嬉しいです。

↑このページのトップヘ