明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

タグ:特別講義

このたび、消費情報環境法学科の学科科目「ワイン法」(木5)では、ワインジャーナリストの安田まり先生をお招きして、「ボルドーの持続可能(サステナブル)な農法」というテーマで特別講義を行うことになりました。

全世界的な環境保全(CO2削減)の動きに絡み、ワイン業界でも、持続可能な農法への取り組みが広がっています。たとえば、害虫対策として、コウモリを呼び込んでいるそうです。
そのような栽培、醸造での持続可能な手法について、ボルドーの事例を中心にお話いただきます。
履修者以外の学生・教職員、学外の方の参加も歓迎いたします。

DSC00319

テーマ:ボルドーの持続可能(サステナブル)な農法

講師:安田まり先生(ワインジャーナリスト、ボルドーワイン委員会公認講師)

日時:2019年10月17日(木)
 16時45分開場(講演は16時50分頃より)
 ※約50分のご講演と質疑応答の予定

会場:白金校舎 2号館 2301教室(グローバル法学科留学オフィスの建物)
https://www.meijigakuin.ac.jp/campus/shirokane/

DSC00517

RIMG1192

RIMG0456



2018年も残すところあとわずか。
来週1週間は、大学の授業はすべてお休みとなります。

ところで、来年1月10日(木)5限「ワイン法」の授業では、日本を代表するワイン産地である長野県塩尻市よりゲストスピーカーをお招きして特別講義を行うことになりました。

講師は、塩尻市議会議員の赤羽誠治さん(元・塩尻市産業振興事業部長)。
「長野県塩尻市のワイン産業と行政」が講義のテーマです。

54.18

教室(白金キャンパス本館4階南側・1406教室)には20席程度の余裕があります。
先着順となりますが、履修者以外の方、一般の方の参加も歓迎いたします。

26.49
塩尻市の林農園(五一わいん)

37.13
塩尻市の井筒ワイン







 

↑このページのトップヘ