明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:講演会

明治学院大学法学部グローバル法学科開設を記念して、来る12月8日土曜日に世界的な環境法研究者として著名なダニエル・ファーバー教授(米国カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)をお招きし、「グローバルな法的課題としての気候変動」と題する講演会を開催いたします。
スクリーンショット 2018-11-20 16.32.32

全世界での人間・産業活動により排出される温室効果ガスの結果、地球上の様々な場所で異常気象現象が発生し、人類の生命や生活及び生態系にこれまでにない被害を及ぼしています。この気候変動問題は人類共通の課題であり、この度の講演は、法という社会のルールを通じて人類がこの課題にどのように取り組むべきかを、分かりやすい英語でお話しいただく予定です。

      記
明治学院大学法学部グローバル法学科開設記念講演会
テーマ:Climate Change as Global Legal Issue
    グローバルな法的課題としての気候変動
講演者:Professor Daniel A. Farber
              University of California, Berkeley, School of Law
              ダニエル・ファーバー教授
    (カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
日時:2018年12月8日土曜日 15:00〜16:30
場所:明治学院大学白金キャンパス 2号館 2301教室
   東京都港区白金台1−2−37
https://www.meijigakuin.ac.jp/access/
一般公開致します。英語での講演(通訳はありません)になります。

問合せ先:明治学院大学法学部グローバル法学科留学オフィス
     phone:045-863-2290

スクリーンショット 2018-11-20 16.33.49
なお、上記チラシの裏面は、グローバル法学科の紹介になっています。
 

10月27日(土)に白金法政フォーラムを開催いたしました。
白金法政フォーラムは、明治学院大学法学部の同窓組織「白金法学会」がその事業として行っている講演会です。
新潟大学法学部教授の上山泰先生に「障害者権利条約の要請を踏まえた成年後見制度の最新動向」というテーマでご講演いただきました。神山先生は、成年後見制度の研究者として著名です。

DSC_0012

法律学科の黒田先生に司会を担当していただきました。
DSC_0001

今尾真白金法学会会長の挨拶
DSC_0004

当日は、在学生や卒業生、教員等50人以上の方にご出席いただきました。
質疑応答では、多くの手が挙がり、現役の学生からもするどい質問がありました。

DSC_0013DSC_0019

法政フォーラム終了後、上山先生を囲んで懇親会を開催いたしました。
懇親会にも多くの方にご参加いただき、様々なところで話が飛び交っていました。

DSC_0024DSC_0027DSC_0035DSC_0038

〜法学部サイトニュースから転載・一部加筆

グローバル法学科の蛯原先生が都立富士高校で特別講演「ワインと食のグローバル化を考える〜産地ブランドのお話〜」を行います。
スクリーンショット 2018-09-04 22.31.20
都立富士高校の「理数アカデミー土曜講座」という内部生向け講演シリーズに呼んでいただいたとのことです。グローバル法学科では3年次に「食文化と法」「ワイン法」を学ぶことができ,蛯原先生が担当です。

蛯原先生は、11月にも甲府の高校でもワイン関係の講演を依頼されているとのことです。

ワイン法や産地表示についての法を単独の科目として本格的に学べ、ワイン法のゼミがあるのは多分明治学院大学だけです。
スクリーンショット 2018-08-27 18.36.06
今年のワイン法ゼミの北海道合宿。ワイナリーで醸造過程を見たり、生産者の方からお話を聞いたり、テイスティグをしたりするそうです。

なお、今回の都立富士高校での講演は,法律学科卒業生の渡辺先生からのご依頼とのことで、先生は白金法学会最優秀卒業論文賞を受賞されています。

高校訪問をすると明学出身の先生が多いことに改めて気づくことが多く、今年ある高校で応接いただいた先生が政治学科の卒業生だった、ということが学部教員内で話題になりました。

台風通過中で強い風が吹いています。みなさまどうぞお気を付けて。


 

3月14日(水)16:00〜18:00、法律科学研究所会議室で、カリフォルニア大学バークレー校ロースクール教授ダニエル・ファーバー先生の講演会がおこなわれました。ファーバー先生は、アメリカ合衆国の環境法・憲法の主導的研究者です。
IMG_8285改
 テーマは、「トランプ政権下での気候変動対策」でした。
筑波大学の辻雄一郎先生に通訳をお願いし、約90分の講演の後,30分質疑がおこなわれました。

当日は十数名の環境法研究者、法学部のスタッフ、明治学院大学と筑波大学の学生、グローバル法学科入学予定者など30名ほどの参加がありました。

IMG_8289改1
 右:ファーバー先生、左:辻先生
IMG_8289改2
参加いただいたみなさんから多くの質問をいただき、議論が深まりました。


 

来る3月14日,明治学院大学法律科学研究所では、外国人招聘スタッフセミナーを開催します。

講師:ダニエル・ファーバー教授(カリフォルニア大学バークレー校ロースクール)
テーマ:トランプ政権下の気候変動対策
日時:2018年3月14日水 16:00〜18:00
場所:明治学院大学白金校舎 本館8階
   法律科学研究所会議室
14


ファーバー先生は,アメリカの環境法・憲法の主導的研究者です。
これまで明治学院大学で何度か講演をいただいています。今回は、気候変動対策の世界的枠組みであるパリ協定からの離脱を主張しているトランプ政権下での、アメリカの様々な次元での気候変動問題についてお話しいただきます。

世界トップレベルの研究者から直接学べる貴重な機会です。是非参加してください。
通訳がありますので、英語がちょっと、という学生さんでもOKです。明治学院大学の学生・教職員であれば、予約不要です。

4月に開設するグローバル法学科の入学予定者も参加できます。特別入試合格者には追って案内します。




 

↑このページのトップヘ