明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中! 2018年4月「グローバル法学科」開設予定

タグ:陸上競技部

昨日2019年1月3日、法律学科4年鈴木陸さんが、箱根駅伝関東学生連合第9区に明治学院大学初めての箱根ランナーとして出走しました。
保土ケ谷界隈
 当日、戸塚中継所付近で応援した今尾法学部長からのメッセージをお届けします。

 早稲田や中央、日体大、日大あたりの選手が団子となって走ってきて、その中に鈴木君もおり、必死についていったように見受けられました。
 あっという間の出来事でしたが、明治学院のしかも法学部の学生が、戸塚中継所から鶴見に向けて走り出すという夢のようなことを実感でき、とても感動しました。
鈴木陸君①
鈴木陸君②
 戸塚中継所には、学長はじめ事務局長・法人事務局長、花田先生(心理)、西尾先生(経済)、宮地先生、鶴貝先生、大木先生、竹田先生ほか多くの教職員、OB・OGが応援に来てくださり、ざっと50~60名くらいいたかと思います。
鈴木陸君③
 1号線沿道には、明治学院大学の幟旗が20本ほど立ち並び、多くの応援者の手には黄色の手旗があり、明治学院大学がチームとして出場したような雰囲気でした。
鈴木陸君④
 その他の保土ケ谷、新子安、生麦にもたくさんの明学関係者が応援に来てくださったようです。
 また、鈴木君の激走後の、陸上部・コーチ陣の懇親会にも、50名もの教職員・大学理事・同窓会役員などが参加くださり、とても盛り上がりました。
 明治学院大学の関係者が、こうした嬉しい催しで、新年から集い、お祝いすることは初めてのことだと思います。
 来年もこのお祝いができることを祈念するとともに、陸上部長距離部門には、今年も大いに精進してもらいたいと思います。
 鈴木陸君には、本当にお疲れ様でしたという言葉を贈るとともに、大学ひいては法学部を大いに新年から盛り上げてくださり、心より感謝する次第です。
 最後に、このような快挙を実現してくださった、棚瀬・門間・寺本コーチおよび黒田部長にもお礼を申しあげます。

  法学部長兼陸上部副部長
     今尾  真 

力走した鈴木陸さんと明治学院大学陸上競技部長距離部門棚瀬亮治
ヘッドコーチのコメントが大学サイトに掲載されています。ぜひこちらもご一読ください。
鈴木陸選手(法律学科4年・陸上競技部)、本学初の箱根駅伝で9区を力走(リンク)!

本記事の写真は、保土ヶ谷駅付近で応援された明治学院大学保証人会・元会長から今尾先生が頂いたものです。記して感謝申し上げます。          

箱根駅伝予選会の結果,関東学生連合のメンバーに選出された法律学科4年鈴木陸さんが、本線出走者選考の基準の一つとされた1万メートル記録会で自己ベストを記録し、上位10名に入りました。このことにより、順調にいけば鈴木さんは来年1月2日・3日に行われる箱根駅伝のいずれかの区間に出走することが決まりました。本学初の箱根ランナーになります。
IMG_0387
今尾法学部長(左)、鈴木陸さん(中央)、黒田法律学科主任・陸上部長距離ブロック部長(右)

出場決定を受けて、鈴木さんが法律科学研究所を訪れ、学部長に報告をしました。
写真後ろのポスターは法科研のスタッフが作成したものです。

IMG_0394
その場に居合わせた教員,法科研スタッフも一緒に激励の言葉を。

さて、告知です!
大学としての壮行会があります。
明日12月6日(木)横浜キャンパス 620教室
12月10日(月)白金キャンパス パレットゾーン2階インナー広場さんさん
と、各キャンパスで行われます。

時間は,いずれも12:40〜13:10です。
応援団からのエール、応援歌などもあるそうです。

鈴木さんは、陸上部長距離部門の主将として昨年大学のインタビューを受けています。
明学を強くしたい!揺るがぬ信念でチームを引っ張る陸上競技部長距離部門主将(リンク)

同じ教室で授業を受けてきた法学部生が箱根を走ります。
応援しましょう。 



 

ちょうど1週間前、10月14日(土)は箱根駅伝予選会でした
 DSC_0133 (1)0001
当日は、小雨が降る寒い中、朝早くから多くの方に応援していただきました。
 松原学長先生もいらして下さいました。
テレビで観戦したり、結果を気にかけて下さった方もいらっしゃるかと思います。
本当にありがとうございました。

チーム成績は、タイムが10時間42分07秒、総合26位でした。

個人の成績は以下の通り(個人順位、記録、氏名、学科・学年、出身高校)
 161 1:01:48 市原  拓実  消費・1 舞岡高校
 204 1:02:22 山内  郁人  消費・3 瀬谷高校 
 285 1:03:55 雨宮  大地  経済・2 川越東高校
 306 1:04:22 添田  尚也  法律・3  日本大学東北高校
 308 1:04:23 小野 快  消費・3  横浜隼人高校
 318 1:04:43 大畑  智将  法律・3 藤枝明誠高校
 325 1:04:58 坂上  真生  経営・2 専修大学松戸高校
 327 1:04:58 大谷  智希  政治・3 國學院大学久我山高校
 328 1:05:00 斎藤  泰雅  消費・1 常総学院高校
 351 1:05:38 千葉諒太郎 消費・1 横浜高校
---------------チーム成績に加算されるのはここまで
 394 1:06:54 鈴木  陸  法律・3 水城高校
 398 1:06:59 山口   拓海  法律・2  湘南工科大学附属高校  


タイムで5分53秒、順位で6つ、昨年を下回ってしまいました。
わたしたちにとり、とても悔しく、かつ厳しいものです。
この結果を真摯に受け止め、来年、必ず雪辱を果たします

今回、走りやすい気候条件でしたが、いろいろなことの積み重ねによって形成さ
れる全体としての流れが悪い方向に傾いてゆくのを止めることができませんでした。


しかし、選手たちは精一杯走り、各自が来年に向け貴重な経験を得ました。
初出場の1年生3名、中でもチームトップでゴールし、昨年の宮岡選手の記録を
上回った市原選手(上)は、今後への大きな自信を得たことと思います。

スタート後、5km過ぎまで滑走路上を走ります。市原選手がいます。
 大谷選手と小野選手もいますが探せますか?
市原選手は、17km付近で見たときも、またTVで見ても、まだ余裕がありそうでした
 meigaku_04[4]0001
集団走をしている大学も多いです。山内選手と雨宮選手がいます。
  meigaku_06[4]0002  
ゴール付近では応援団による華やかな応援が。坂上選手と斎藤選手がいます。
 meigaku_14[3]0008
山内選手(左)、添田選手(右)
山内選手は、長い距離に果敢に取り組み、チーム2位でゴールするも、想定タイム
から遅れ、目指していた学生連合入りは叶いませんでした。
 meigaku_09[4]0003 meigaku_10[4]0004
小野選手(左)、大畑選手(右)
大畑選手は、昨年故障で走れませんでしたが、着実な走りをみせてくれました。
 meigaku_11[3]0005 meigaku_12[3]0006
大谷選手(左)、千葉選手(右)
大谷選手は、関東インカレ後の疲労骨折から復調してきていましたが、長い距離には
まだ課題がありそうです。
 meigaku_13[3]0007 meigaku_15[3]0009
鈴木選手(左)、山口選手(右)
鈴木主将は故障中です。走れないことが人一倍悔しかったことと思います。
 meigaku_16[3]0010 meigaku_17[3]0011

今年はこれまで以上に主力選手の故障が多く、結果的に層の薄さを露呈することに
なってしまいました。これは練習の質や強度が上がっていることにもよりますが、
冬場の走り込みが不足したことも影響しているようにも思います。
分かっていたことですが、冬から春にかけてヘボンフィールドが使用できなかったこ
との影響は予想以上でした・・・
急に層を厚くすることはできないので、質を高めなくてはなりませんが、故障と隣り
合わせで難しいところです。何とか工夫していきたいと思います。

終了後。こんなにたくさんの方に応援していただきました。心よりお礼申し上げます。
既に来年の予選会に向けての戦いがスタートしています。今年の悔しさを忘れずに、
チーム一丸となって頑張ります。引き続き応援よろしくお願いいたします。
 meigaku_27[2] (1)0001

前日のミーティングで配られました(左)。マネージャー手作りで、名前入りです
 きっと頑張って作ってくれたのだと思います
当日朝3時から女子選手とスタッフでつくったおにぎり(右) その数150個 
 DSC_0153DSC_0152DSC_0125
ところで、下の写真には、添田選手・山口選手・坂上選手・斎藤選手・鈴木選手
の5名が写っています。かなりの難問です。どこにいるか分かりますか
 _DSC44890001

最後に、法学部には多くの選手が所属し、活躍しています。
自分もそうなりたいと思う方、お待ちしています


MK

今年度の箱根駅伝予選会は10月14日(土)。
そう、予選会までもう1週間を切っているんです
集合写真4

すでにエントリーが発表されています。
エントリー14名は、3年生6名、2年生3名、1年生5名で
このうち11名が法学部生です

部員たちは、この日を目指して頑張ってきました。
それでもエントリーされなかった者も少なくありません。

棚瀬ヘッドコーチは今年のチームを「全員力」のチームだと。
本戦出場校やライバル校の多くのような恵まれた環境ではありませんが、
他のチームにはない粘り強さや結束力をもっています

わたしにとっては、一人一人の部員がとても大切な存在です
それぞれの役割をしっかり果たして欲しいと考えています。

皆さんの応援が選手を後押しします 応援をお願いします。
現地での観戦に必要なチケットを無料で配付しています。
 配付の詳細はこちら
TVの生中継(日テレ 予選会スタートは9:35)もありますよ

長距離主将鈴木陸(法律学科3年)が思いを語る記事もご覧下さい。

(MK)

↑このページのトップヘ