明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

アメリカ合衆国のシアトルに留学中の法学部OB齋藤さんから留学レポートが届きましたので、掲載いたします。

*  *  *

はじめまして!
現在アメリカのシアトルに留学している法学部法律学科OB の齋藤優輔と言います。ワシントン大学シアトル校に通い、主に国際関係を学んでいます。
今回はシアトルでの留学がどのようなものかお伝えできたらいいなと思います。

251
↑ 絶景スポットで撮ったシアトルの街並み

自分の通っているワシントン大学では、1月3日から授業が始まりました。最初の週はオミクロン株の影響もあり、オンラインでの受講となっていましたが、徐々に対面式の授業に戻ってきています。

アメリカの大学の多くに言えることですが、キャンパスがとても広く、大きな公園のようなイメージです。学期の初めには道に迷いながら教室を探している学生をよく見かけます。そういっている自分も迷子になったうちの1人です(笑)

252
↑ Suzzallo Library 外観

授業の合間などによく図書館で過ごします。ワシントン大学には14もの図書館がありますが、一番人気で有名なのがSuzzallo Libraryです。ワシントン大学といえばこの図書館と言われます。

253
↑ Suzzalo Library室内

見た目からHarry Potter Libraryなんて呼ばれたりもします。室内はとても静かで雰囲気も良いので勉強のモチベーションがすごく上がります。一般の人にも解放されているので、誰でも自由に利用することが可能です。ただ平日はすごく混み合うので、席を取るのが大変です。

254
↑ ワシントン大学のマスコットのハスキー

 

このマスコットから、学内のスポーツチームや在学生などは一般にハスキーズと呼ばれたりします。アメフトやバスケの試合のときなどは、みんなでGo Huskies!!!と叫んだりもします。時々大学が飼育している本物のハスキーも歩いていますが、一般の人たちもよくハスキーを連れてキャンパス内を散歩していたりするので、学校内でのハスキー遭遇率はすごく高いです。

255

↑ キャンパス内から見えるレーニア山


手前の池みたいなのは噴水で、時々動いています。自然に囲まれているので、いつでもリフレッシュができる環境です。


256

動いている時はこんな感じです。
野生のカモ達がよく水浴びをしています。噂ですが、期末試験が終わったら、ここに飛び込む人がいるらしいです。ちなみに自分は見たことはないのですが、飛び込みたい気持ちはわかります(笑)


今回のブログはこれで以上になります。アメリカでは徐々に普通の生活が戻ってきているとはいえ、まだまだいろいろなことに規制がかかっています。電車やバスなどの公共交通機関はマスクを着用しないと利用できません。地域にもよりますが、シアトル周辺の飲食店ではワクチン証明書を提示しなければ入れないところが多いです。


簡単ではありますが、アメリカの大学の感じが伝わったら嬉しいです。



定期試験期間中です。法律学科の法曹コース科目など一部科目は教室での実施ですが、オンライン試験や課題締切などに追われている学生さんが多いかと思います。
感染拡大が続いていますが、体調に気をつけて頑張って下さい。

今月のキャンパスの写真を。
IMG_7471
 定番のチャペル前。この日は雲が特徴的でした。
IMG_7461
建築中の高校新校舎 随分できてきました。前と同じくらいの高さになりそう。圧迫感がなくていい感じです(個人の感想です)。
IMG_7405
白金の夕刻 授業が少ない水曜日で学生さんはほとんどいませんでした。

今月は横浜キャンパスに行かないまま終わりそうです(最終回授業をオンラインに切り替えた)。次はサクラの咲く頃でしょう。

さて、そろそろ一般入試が始まります。
受験生のみなさん、体調に気をつけて最後の頑張りを。



 

メルボルンで開催される全豪オープンへの参加を予定していたセルビアのジョコビッチ選手について、連邦裁判所は、ビザ取り消しの不服申し立てを認めない判断を下しました。
ABCニュース

メルボルンには、連邦裁判所をはじめ、さまざまな裁判所が置かれています。
2019年秋に、グローバル法学科の1期生が留学している間、メルボルン市内の裁判所を訪問する機会がありました。その時のブログ記事を再掲します。

====

グローバル法学科の授業参観の合間に、メルボルン市内の裁判所を見て回りました。

ACUで学ぶグローバル法学科の学生は、これらの裁判所の見学もプログラムに含まれています。

スクリーンショット 2019-10-30 16.44.24
Commonwealth Law Courts Building 
連邦の裁判所(High  Court, Federal  Court など)がこの建物に入っています。

スクリーンショット 2019-10-30 16.43.38
Supreme Court of Victoria  ヴィクトリア州の最高裁判所

スクリーンショット 2019-10-30 16.43.24
 

スクリーンショット 2019-10-30 16.42.40
County Court of Victoria

スクリーンショット 2019-10-30 16.43.04
Magistrates' Court

スクリーンショット 2019-10-30 16.44.00

スクリーンショット 2019-10-30 16.42.04
Childrens Court of Victoria

スクリーンショット 2019-10-30 16.41.43


(2019年10月30日の記事を再掲)

新年おめでとうございます。今日から授業開始です。

2限のゼミは、都内の某神社でゼミ生のみなさんと初詣。就職活動の成功を祈願しました。

P1061539

P1061528
ブルゴーニュのワイン樽の前では、ワイン法の学習も。

P1061532
かの有名な「ロマネ・コンティ」の樽。

P1061555
静かに雪が降っています。東京の都心とは思えない光景です。

P1061552

P1061560
だんだん雪が激しくなってきました。

P1061573
白金キャンパスも雪景色に。

P1061583

P1061604

P1061620

IMG_8306

P1061625

P1061634

P1061636

P1061650


Toulouse近況レポート!

お久しぶりです。
だんだん冬本番となってきて、朝はマイナスになる日も増えてきました。
日中は日差しがあると暖かく、寒暖差が激しいので服の調節が難しいですが、美味しいワインがつくれるのは納得の気候です。
aa

ハロウィンはさほど盛り上がりはありませんでしたが、クリスマスへのモチベーションは高く、11月頭くらいには、着々と街の装飾が進んでいました。
11月末くらいから、お店にはクリスマス用のプレゼントばかりが並んで、キャピタル(注:トゥールーズの中心地にある広場)にはクリスマスマーケット(マルシェ・ド・ノエル)もオープンしていました。

bb
飾り付けされた市庁舎

クリスマスマーケットでは、ホットワインはもちろん、Toulouse名物の「アリゴ」というマッシュポテトにチーズを混ぜた料理や、ソーセージ、クレッシュというクリスマスに飾る小さな人形(元々はカトリックの文化)など食べ物だけでなく色々なものが売っていました。
cc

dd
フランスでは、クリスマス(ノエル)は家族と過ごす大切な行事。日本のお正月のような感覚で、親戚で料理とプレゼントを持って集まり、夜通しパーティーをするようです。

また、11月頃からルームシェアをしていて、ベネズエラ人とフランス人の女の子2人と生活しています。ベネズエラの子とはよく一緒に食事をするのですが、時々ベネズエラの料理を作ってくれて、自然と文化交流ができるのはとても面白いです。
ee

こうした生活にだんだんと慣れてきた矢先、スーパーで買い物中にスマホを盗まれました・・・。

気づいて探した時にはもう離れた場所にあったので、まず警察に!と思い、フランス人の女の子に相談したところ、警察に行く前に予約を取らないと対応してくれないよ、と言われ驚愕。
警察にアポイントが必要なの??と、不思議で仕方がありませんでしたが、すぐにネットのサイトで予約をとるメールを送ってもらいました。

しかし、次の日の朝になっても返信がなかったので、とりあえず派出所に行って話をしたら15分くらいその場で待たされ、結果、今は無理だけど1ヶ月後なら予約取れたよ、と。さらに驚愕でした。
街で毎日のようにたくさんの警察を見かけるのに、いざ盗難にあったら対応してもらえるのは1ヶ月後・・・・。

色々と手続きは大変でしたが、良い教訓になりました・・・。
これからも気を抜かず生活したいと思いますし、フランスに来ることがあったらどんな場所でも注意して行動してください!

À bientôt !


↑このページのトップヘ