2018年4月に開設されたグローバル法学科は、今年度末に完成を迎え、来年3月に第1期生が卒業します。
そこで、今回、大幅にカリキュラムを見直し、来年度の入学者から新しいカリキュラムを適用することになりました。

IMG_8668


カリキュラム改革のポイント

①グローバル法学科生専用の法律入門科目が充実!
「日本法入門」「グローバル社会と私法1・2」「グローバル社会と公法」で基礎から法律を学びます。

②少人数教育を徹底!
2年次のゼミとして「グローバル基礎演習2」を設けるほか、4年次でもゼミ履修が可能に。4年間を通して徹底した少人数教育を実施します。

③キャリア教育が充実!
1・2年次の「留学/キャリア準備講座」では、グローバルに活躍している本学卒業生をゲストに招いた特別講義を毎月開講します。

④カリキュラムを見直し、英語以外の外国語も学びやすく!
学科独自の英語教育に加え、初習外国語(第二外国語)として、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語のいずれかの言語を全員が学びます。

このほか、履修できる科目の選択肢が増え、これまで以上に幅広く学ぶことができるようになります。

1

2