明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

カテゴリ: 法律学科

アメリカ合衆国のシアトルに留学中の法学部OB齋藤さんから留学レポートが届きましたので、掲載いたします。

*  *  *

はじめまして!
現在アメリカのシアトルに留学している法学部法律学科OB の齋藤優輔と言います。ワシントン大学シアトル校に通い、主に国際関係を学んでいます。
今回はシアトルでの留学がどのようなものかお伝えできたらいいなと思います。

251
↑ 絶景スポットで撮ったシアトルの街並み

自分の通っているワシントン大学では、1月3日から授業が始まりました。最初の週はオミクロン株の影響もあり、オンラインでの受講となっていましたが、徐々に対面式の授業に戻ってきています。

アメリカの大学の多くに言えることですが、キャンパスがとても広く、大きな公園のようなイメージです。学期の初めには道に迷いながら教室を探している学生をよく見かけます。そういっている自分も迷子になったうちの1人です(笑)

252
↑ Suzzallo Library 外観

授業の合間などによく図書館で過ごします。ワシントン大学には14もの図書館がありますが、一番人気で有名なのがSuzzallo Libraryです。ワシントン大学といえばこの図書館と言われます。

253
↑ Suzzalo Library室内

見た目からHarry Potter Libraryなんて呼ばれたりもします。室内はとても静かで雰囲気も良いので勉強のモチベーションがすごく上がります。一般の人にも解放されているので、誰でも自由に利用することが可能です。ただ平日はすごく混み合うので、席を取るのが大変です。

254
↑ ワシントン大学のマスコットのハスキー

 

このマスコットから、学内のスポーツチームや在学生などは一般にハスキーズと呼ばれたりします。アメフトやバスケの試合のときなどは、みんなでGo Huskies!!!と叫んだりもします。時々大学が飼育している本物のハスキーも歩いていますが、一般の人たちもよくハスキーを連れてキャンパス内を散歩していたりするので、学校内でのハスキー遭遇率はすごく高いです。

255

↑ キャンパス内から見えるレーニア山


手前の池みたいなのは噴水で、時々動いています。自然に囲まれているので、いつでもリフレッシュができる環境です。


256

動いている時はこんな感じです。
野生のカモ達がよく水浴びをしています。噂ですが、期末試験が終わったら、ここに飛び込む人がいるらしいです。ちなみに自分は見たことはないのですが、飛び込みたい気持ちはわかります(笑)


今回のブログはこれで以上になります。アメリカでは徐々に普通の生活が戻ってきているとはいえ、まだまだいろいろなことに規制がかかっています。電車やバスなどの公共交通機関はマスクを着用しないと利用できません。地域にもよりますが、シアトル周辺の飲食店ではワクチン証明書を提示しなければ入れないところが多いです。


簡単ではありますが、アメリカの大学の感じが伝わったら嬉しいです。



法学部長の今尾真先生(法律学科)が「明学の理由。」で取り上げられています。
民法を通して『人間とは何か』を学ぶ

これまでの民法の研究・教育、ゼミでの学び、大きな実績をあげている「公務員セミナー」や法律学科に新設された「法曹コース」まで、法学の本質と向き合う熱い思いを語ります。ぜひご覧ください。
スクリーンショット 2021-04-28 232750


3/20(土)・21(日)、明治学院大学「春のオープンキャンパス」がオンラインで実施されます。大学案内、学科ガイダンス、模擬授業、英語対策講座などの動画が視聴できるだけでなく、リアルタイムの、学生トークイベント、学生との相談・対話コーナー、職員との個別相談コーナーなどもあります(事前予約制)。詳細と予約は下記リンクをクリックお願いします。

法学部では、3/20(土)に法律学科イベント、3/21(日)にグローバル法学科イベントをオンラインでおこないます。
 7700749698c0e56e4129a0f1c92caabe-320x240

本日は、法律学科の「法律学科法曹コース・公務員志望者向けオンライン説明会&相談会」をご案内いたします。

法律学科には、弁護士、裁判官、検察官を志望する学生を対象とした法曹コースがあり、学部3年と協定法科大学院2年間で司法試験合格を目指すことができます。

明治学院大学_法曹コースチラシ2 019_210219_ol

また、法律学科では公務員志望者が多く、このような学生を支援する制度として公務員セミナーがあり、一流のプロ講師による指導で高い合格率と実績を収めています。

このイベントでは、法律学科の教員がこの二つの制度について説明し、参加者からの質問、相談にお答えします。午前中1回と午後2回の計3回の開催です(各回15名定員)。Zoomを使ってのオンライン方式です。事前予約が必要です。こちらからどうぞ。

法曹、公務員だけでなく、法律学科の学びや学生の様子などの質問にもお答えします。みなさんのご参加をお待ちしています。
 

また、法学部では法学部の高校生・受験生向け最新情報を「明治学院大学法学部Webオープンキャンパス」で配信中です。法学部4学科のガイダンスや模擬授業動画やプロモーション動画なども視聴できます。パンフレットもダウンロードできます。


 

今尾真・大木満・黒田美亜紀・伊室亜希子編『フレッシャーズのための民事法入門 第2版』(成文堂)が11月に出版されました。

スクリーンショット 2020-12-15 22.28.21



この本は、明治学院大学法学部の1年生科目である法律学科「民事法入門」、消費情報環境法学科「契約法の基礎」、グローバル法学科「民事法の基礎1・2」の教科書となることを第一の目的に書かれたものですが、多くの他大学の先生方にもご採用いただいているとのことです。

初版出版当時に法学部の民法、民事手続法を担当していた教員で分担執筆していますが、編者の先生方が、大学1年生にとって必要・重要かという観点から内容の削除・追加をおこない、読みやすくするための表現の推敲やポイントをハッキリさせるための工夫を施しています。

第2版では、初版では割愛していた項目(法人、時効など)が追加され、通読することで民法のおよその項目の基本に触れることができるようになりました。

「民事法の基礎2」(後期)クラスでで11月から使い始めました。改めてはじめから読み返してみると、大変わかりやすく読みやすい構成になっていて、講が変わっても書き手が変わったことを感じない程、書き方、取り上げ方が同じ考え方と感覚に基づいていることに驚きます。編者の先生方が丁寧に気を配られたことが主な理由ですが、もう一つ、明学法学部の1年生に授業で1回で理解して貰えること、理解して欲しいことを想定しながら分担執筆者がたたき台を書いたこともあると思います。つまり、これまでの明学での授業での学生とのやり取りから書くべきこと、伝え方(書き方)を各自が考えた結果が大筋一致したのではないかと。その意味でこの本はこれまでの明学法学部生が作った本と言ってもよいかもしれません。

何も編集のお手伝いもしていない者が勝手にいろいろ書いてしまい、そろそろ怒られそうなので、この辺でやめておきます。

大変よくできた本です。2年生になる前に一度通読して内容がわかるか(どこがわからないか)を確かめたり、民事法の各分野の教科書の記述がわからないときに基本に戻って確認したりするのに最適です。お薦めします。

 

明治学院大学広報課が大学の情報コンテンツとして定期的に公開しているMG+に、渡辺充先生の租税法1の授業が取り上げられました。高橋文彦先生の法哲学1に続いてのオンライン授業レポートシリーズです。
 
学生広報委員で法学部消費情報環境法学科4年次生安藤智将さんが記事を書きました。
安藤さんは、渡辺先生の「租税法1」双方向型のオンライン授業がどのように行われているか、安藤さんの感じているオンラインのメリット、デメリットを取り上げ、結果として科目の内容に真面目に取り組むようになったとまとめています。

学生広報委員は、ネット上の記事のほかに学生向け広報誌「白金通信」の編集等、大学の魅力を伝える活動を行っています。
 

オンライン授業レポートシリーズは、他学部他学科の学生広報委員も執筆しており、実験、ゼミ、卒論など多様なスタイルがある大学の授業がオンラインでどのように行われているのかが分かり,大変勉強になりました。学生のレポートと担当教員のコメントがワンセットになっています。

watanabe_2
渡辺充教授
ご専門は租税法で、法学部長、副学長を歴任されました。
渡辺先生の租税法1・2は、法学部全学科の学生が受講できます。


是非ご一読ください。


 

3月26日、明治学院大学法学部が協定を結んでいる6つの法科大学院(早稲田,慶應義塾、中央,明治、千葉、首都大学東京)から申請されていた法曹養成連携協定が文部科学省により認定を受けました。

これにより、本日4月1日より正式に法律学科に「法曹コース」が開設されました。
スクリーンショット 2020-04-02 0.27.20
法曹コースとは、法学部法律学科の3年+法科大学院2年→在学中司法試験合格+司法修習1年の大学入学から最短6年で弁護士、裁判官,検察官となる「法曹資格」を取得できる、新しい法曹養成制度に位置づけられるもので、協定を結んだ法科大学院との一貫教育をおこなう仕組みです。

2年次からの選択コース制で、法律学科生のみが対象となります。
興味のある高校生のみなさんは、法律学科の各入試(入試区分は問いません)の受験を検討ください。

詳しくは「法曹コース特設サイト」をご覧下さい。
明治学院大学法曹コース(リンク)

JL%IMZR%QNi+YzGlfMTvsQ



 

1月22日、明治学院大学法学部は、明治大学法科大学院、千葉大学法科大学院、及び首都大学東京法科大学院と法曹コース設置に関する教育連携協定を本学白金キャンパスで締結しました。

 
これは、全国初の法学部と法科大学院の教育連携協定であった、2019年11月12日の早稲田大学との協定、

11月21日の中央大学法科大学院との協定、  
に続くものです。

今回の協定で、明治学院大学法学部は、現在のところ5つの法科大学院と法曹コース設置に関する教育連携協定を結んだことになります。

調印式の写真が入手できました。

明治大学法科大学院との調印式 
★_DSC6480
★_DSC6481
☆_DSC6488
★_DSC6483

千葉大学法科大学院との調印式
◆_DSC6521

◆_DSC6509

◆_DSC6525

首都大学東京法科大学院との調停式
■_DSC6532
■_DSC6533

明治学院大学法学部は、法律学科に「法曹コース」を設置(予定)し、連携する法科大学院との法曹養成についての一貫教育を行うことになります。「法曹コース」は、法律学科生を対象とした2年次からの選択コース制ですが、法律学科の1年生から配当されている通常の法律科目を一定の成績で単位取得することも修了要件となる予定です。

詳しくは、下記特設サイトに情報を集めてあります。


 

↑このページのトップヘ