明治学院大学法学部 公式ブログ

明治学院大学法学部の最新情報を発信中!2020年4月法律学科法曹コース開設 2018年4月「グローバル法学科」開設

カテゴリ: キャンパスライフ

新年おめでとうございます。今日から授業開始です。

2限のゼミは、都内の某神社でゼミ生のみなさんと初詣。就職活動の成功を祈願しました。

P1061539

P1061528
ブルゴーニュのワイン樽の前では、ワイン法の学習も。

P1061532
かの有名な「ロマネ・コンティ」の樽。

P1061555
静かに雪が降っています。東京の都心とは思えない光景です。

P1061552

P1061560
だんだん雪が激しくなってきました。

P1061573
白金キャンパスも雪景色に。

P1061583

P1061604

P1061620

IMG_8306

P1061625

P1061634

P1061636

P1061650


クリスマスおめでとうございます。
みなさまに神様の祝福が豊かにありますように。

今日は、今年最後の金曜授業日。明日はクリスマスのお祝いで全学休講です。
大学の授業や窓口も来週の月曜日で年内最後となります。
PC240982

オルガンのミニコンサートは今日が最終日でした。
PC240984

PC240986

PC241000

PC240998
白金のチャペルと違って、横浜のチャペルは西日が入り、冬でも温かいです。

PC241002

PC240999
美しいパイプオルガンの音色

PC241004

PC241006

PC241022

PC241041

PC241030

こちらの動画もぜひご覧ください。
みなさんよいクリスマスを!








グローバル法学科「宗教と法」の3回目の学外研修として、鎌倉の長谷寺へ。
紅葉がいちばん見頃のタイミングを狙って、朝早くから鎌倉駅に集合です。
IMG_1287
江ノ電の長谷駅から徒歩で。

IMG_1226

IMG_1225

IMG_1235 (2)
じつは、この時、学生たちに撮られていたようです。

IMG_1250
授業ですので、しっかり「宗教と法」の学習もします。
英語版と日本語版のパンフレットを比較しながら学習しますが、英語版はすらすら読めても、日本語版はわからない単語、読めない単語ばかりで大変です。

IMG_1244

IMG_1247

IMG_1270

IMG_1274
眼下には由比ガ浜

IMG_1283 (2)

IMG_1296
最後は江ノ島まで足を伸ばし、授業終了。
強風が吹き荒れていましたが、綺麗な富士山を眺めることができました。

↓ 履修者のみなさんが、いつの間にか私の写真を撮っていたようです。
manabaやTeamsに提出されていたので、ついでにアップしておきます(笑)。
最近のスマホはよく撮れるんですね。
MicrosoftTeams-image (2)

MicrosoftTeams-image (4)

MicrosoftTeams-image (3)

MicrosoftTeams-image (6)

12月に入り、早くも2023年度生入試(現高2生)に向けた法学部パンフレットの制作がはじまりました。

DSC_3135
曇り空で、しかも朝からかなり冷え込みました。

DSC_3105
カイロを用意しておくべきでした。

DSC_3183
教室では授業風景の撮影。

DSC_3211
マスクなしの笑顔が新鮮です。

DSC_3254
お昼休み近くになっても気温が上がりません。

DSC_3315
午後から山梨出張のため、現地に移動しなければなりませんでしたが、撮影班に同行された先生の話では、午後もよい写真が撮れたそうです。
ご協力いただいた法学部生のみなさん、ありがとうございました!

2023年度入試版の法学部パンフは、来年5~6月頃完成予定です。
現在配付中の2022年度入試版のパンフはこちら

先日、「宗教と法」の履修者のみなさんと横浜市内を散策しました。

本来は、明治学院の創設者ヘボン先生ゆかりの教会寺院を見学する予定だったのですが、天候に恵まれず、屋内中心のツアーに変更しました。

朝、日本大通り駅に集合して散策開始。冷たい雨が降っていました。
IMG_1087
まず目に入ったのは「近代のパン発祥の地」の記念碑。
パンとワインは、キリスト教の聖餐の儀式には欠かすことのできないものです。

IMG_1092
そして、横浜海岸教会へ。
へボン塾を引き継いだJ.C.バラの兄、J.H.バラが建てた小会堂が発展し、1872年に日本基督公会がここに創立されました。この小会堂で「バラ塾」という英学塾が開かれました。

IMG_1094
つづいて、旧イギリス総領事館、現在の横浜開港資料館を訪問。

IMG_1096
企画展として開国前後の日英関係に関する史料が展示されていました。
館内で写真撮影ができるのは、唯一この場所だけ。
2階には明治学院関係の史料が展示されています。

IMG_1098
有名な「たまくすの木」の前で。
ペリー提督横浜上陸の絵に描かれているのは、この木ではないかといわれています。
まさしく、ここが日本のグローバル化の出発点だったのです。

IMG_1107
この後は、横浜指路教会、成仏寺、宗興寺を訪問する予定だったのですが、このお天気では徒歩での移動は困難と考え、近くの日本郵船歴史博物館を見学することにしました。

IMG_1104
スマホで割引券を提示すると入館料が100円引きになります。
お天気がよければ、氷川丸とセットで見学するのもよいでしょう。

IMG_1100
ここもほとんどが撮影禁止。入り口付近だけ撮影できるようです。
この後は別の授業があったので全部を見ることはできませんでしたが、意外に展示物が多いので、ゆっくり見学することをおすすめします。


今週から、多くの授業が対面形式で開講されるようになりました。

横浜校舎の「グローバル法入門2」(申先生)も、今学期はじめて対面形式での授業が行われ、ほとんどの学生が教室で受講していました。
image3

image2

白金キャンパスでも、先週の土曜日あたりから急に学生数が増えてきたように感じています。
PA200448
授業だけでなく、課外活動・学生活動も、徐々に対面のものが増えてきたのかもしれません。
感染拡大防止に留意しつつ、大学の施設も活用してください。


法学部のワイン法ゼミの学生たちが育ててきたホップを使ったビールが間もなく完成します。
このビールのラベルデザインもゼミ生たちが考え、現在、5つの案まで絞られました。
その投票をインタ―ネット上で行っています(10月13日頃まで)。
スクリーンショット 2021-10-07 155643


高輪ゲートウェイ駅では、そのポスターが展示されています(10月10日まで)。
そこで、ゼミ生たちと駅を見学してきました。
PA072097

ゼミ長が作成したポスターは、エレベータ裏に展示されていました。
PA072107

ポスターの二次元コードをスキャンしてスマホで投票
PA072111

駅長さんを囲んで記念撮影
PA072117

さりげなく明学の広告も! 
明学出身の駅員さんもいらっしゃって、挨拶に来られました。
PA072116

その後は、駅構内を見学。
PA072124

そして、非公開ゾーンにも案内していただきました。
この部屋の中はミニシアターになっていて、巨大な模型も。
PA072135

さらに上の階の部屋へ。落ち着いたスペースでコーヒーをご馳走になりました。
PA072163

最後に、TGW駅のホップを見学して解散となりました。
PA072176

白金キャンパスのパレットゾーン1階(自動ドアから入ってすぐ右手)にもポスターが掲示されていますので、ぜひご覧ください!
IMG_8659

 

本日と明日、白金キャンパスで2回目の職域接種が行われています。
IMG_8588
本日・土曜日の授業は休講となり、月曜日も休講です。
しかし、10月11日(月)は、祝日になっているカレンダーもありますが、そうではないのでご注意ください。もちろん授業も行われます。

モデルナの2回目は、多くの人が高熱の副反応を経験しています。
私の場合は12時間後に激しい悪寒、つづいて発熱がはじまりました。
十分に水分をとってください。スポーツドリンクを用意しておくとよいという話も耳にします。

IMG_8590
ところで、まだ未収穫のホップも次第に大きくなってきました。
今月中旬には収穫できそうです。
本日は、JR東日本様と東邦レオ様に、先月収穫したホップでビールを醸造してもらいました。
完成に1ヶ月かかるそうですが、ゼミ生のみなさんはとても楽しみにしているようです。


横浜校舎で対面授業を行うのは久しぶり。
PCと教室設備の相性確認や、リハーサルのため、割り当てられた教室を見学しました。
IMG_8556

金曜3限の「宗教と法」の教室。
履修者数からすれば十分な広さがありそうです。
IMG_8555

こちらは、金曜4・5限の憲法の教室。
通常は200名くらい収容できるはずですが、コロナ対応で100名前後の収容人数になっています。
IMG_8553

IMG_8554

学生のみなさん、夏休み楽しんでいますか(この感染状況ですので、社会的な責任を果たす形で楽しんで欲しいですが)。さて、本日23日から、春学期科目の成績評価基準・授業総括公表期間となります。
9rrh+0hCSA2HjPuwTNZjPg
公表期間は、8月23日(月)から9月13日(月)までの3週間です。掲載場所は、各科目のmanaba上の「コースニュース」または「コンテンツ」のどちらです。

春学期の学修を振り返り、秋学期の履修に活かしましょう。


 

↑このページのトップヘ